今週のメインdeパツイチ2013
第50回弥生賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第50回 弥生賞 中山・芝2000m  3歳オープン(GII) 2013年3月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 クロスボウ 京成杯 4着 少し時計掛かる中山がベスト。ここなら。 -
2 2 トーセンワープ ホープフルS 9着 末脚はまずまず。流れに乗れれば3着は。 -
3 3 コディーノ 朝日杯FS 2着 前走は少し外を回った分の差。能力は評価。
4 4 ミヤジタイガ 若駒S 4着 OPでは着拾いまでの馬。ここも入着まで。 - -
5 5 マイネルクロップ 若駒S 2着 芝では詰め甘く。時計掛からぬと... - -
6 キズナ ラ杯2歳S 3着 前走悪くなく。流れに乗れれば上位に。 -
6 7 ヘミングウェイ シンザン記念 2着 前走はHペースに乗じた感有。ここだと? - -
8 カミノタサハラ ホープフルS 3着 末脚強烈。中山が鍵だが展開嵌まれば。
7 9 バッドボーイ ラ杯2歳S 2着 能力高いも勝ち切れず。ここも展開次第。
10 ダービーフィズ 若竹賞 1着 東スポ杯案外も嵌まればいい脚使うだけに。 -
8 11 サトノネプチューン ホープフルS 1着 前走はうまく立ち回って勝てた感あって... - -
12 エピファネイア ラ杯2歳S 1着 無傷の3連勝評価。今回相手揃うがここも。 -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第50回弥生賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第50回弥生賞の展望と予想とヨタ話

 今週からトライアルレース、スタートです。
 日曜は皐月賞トライアル・第50回弥生賞。

 という訳で、前述している通り、土曜のチューリップ賞に続いて日曜にもトライアルレースが。まぁ、こっちは桜花賞ではなく皐月賞へのトライアルですけどね。 毎年頭数こそ揃わなかったりするが、有力馬が集結しトライアルらしい一戦になるのがこの弥生賞。

 で、今年の弥生賞はというと...ねぇ。ここまで有力馬が揃うとは。朝日杯FS勝ちのロゴタイプは不在だが、その朝日杯FSで圧倒的な人気を集め負けはしたものの2着は確保したコディーノに、 毎年クラシック戦線に有力馬を送り出すラジオNIKKEI杯2歳ステークスの上位馬エピファネイア・バッドボーイ・キズナといったクラシック候補生がこの弥生賞に参戦。 これだけ揃うのであれば、ここの上位馬がそのまま皐月賞でも上位を確保...なんてことも十分あるんじゃないでしょうか。

 まぁ、その辺りは結果が出てみないと何とも言えない部分もあるんで、とりあえず弥生賞の予想を。 前述している通り、朝日杯FS・ラジオNIKKEI杯2歳S上位馬が出てくるのであれば、これに素直に乗っかるしかないでしょう。 特にコディーノ。前走の朝日杯FS2着は油断して仕留め損なった感あるだけにねぇ。きちんと走れるのであればここはスンナリ勝てていい筈。

 で、あとはコディーノの相手探し...といってみたが、まぁ、探すまでもなくラジオNIKKEI杯2歳S組なんですけどね。 無傷の3連勝でまだ底を見せてないエピファネイア、展開向かずなかなか勝ち切れないが能力は高いバッドボーイを。

<第50回弥生賞予想>

◎コディーノ
○カミノタサハラ
▲エピファネイア
△バッドボーイ
△キズナ

 あと、末脚だけならカミノタサハラも通用していいのだが...

結果

1着カミノタサハラ
2着ミヤジタイガ
3着コディーノ
4着エピファネイア
5着キズナ

タイム:2分01秒0 3F:35.2秒
カミノタサハラ 牡3歳
騎手:内田博幸 厩舎:美浦・国枝厩舎
単勝:8番1980円
複勝:8番430円、4番1410円、3番140円
枠連:4-6 15470円 馬連:4-8 52300円
馬単:8-4 122810円
3連複:3-4-8 34310円
3連単:8-4-3 461810円
ワイド:4-8 9650円
    3-8 870円 3-4 2560円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ミヤジタイガはなぁ。
 カミノタサハラはいい狙いだったんだが...うーん。

 しかし、チューリップ賞に続いて牡馬路線もこういう結果になってしまうとはねぇ。 朝日杯FS2着のコディーノもエピファネイアに代表されるラジオNIKKEI杯2歳Sの上位馬も、どっちも来ませんでした。 勝ったのはカミノタサハラ。自己条件はきっちり勝ってはいるものの、ホープフルSでは流れに乗れず3着止まりだった馬が、 これらの有力馬を蹴散らして勝利。2着にも若駒S・ホープフルSで4着という微妙な成績だったミヤジタイガが突っ込み、波乱を演出。 肝心のコディーノ・エピファネイアはこれに続く形で3・4着を確保するのがやっとでした。

 そんなこんなで、有力馬が集まったここでこういう結果になってしまったもんだからねぇ。3歳牡馬クラシック路線、さっぱり分からなくなってしまいましたな。 まだ朝日杯FS勝ちのロゴタイプや共同通信杯を完勝したメイケイペガスターが残ってはいるが...ロゴタイプは展開に恵まれて勝てたことを考慮すればせいぜいコディーノ級だし、 メイケイペガスターは若駒Sで3着に破れていたり、共同通信杯を完勝したといっても破った相手が朝日杯FS3着のゴットフリートだったりして、こちらも盤石とは言い切れず。 とにかく、今年の3歳牡馬クラシック路線はトライアルが終了して駒が一通り揃ってからじゃないと、どうともいえませんなぁ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。