今週のメインdeパツイチ2013
第49回中日新聞杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第49回 中日新聞杯 中京・芝2000m  4歳上オープン(GIII) 2013年3月9日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ダンツホウテイ 新潟大賞典 2着 去年の2着馬。ただ2桁着順続く現状では。 - -
2 トウカイパラダイス 日経新春杯 3着 いい頃の走り戻った様子。前走ぐらいは。
2 3 パッションダンス 小倉大賞典 5着 前走やや物足りず。今回相手も揃うし。 - -
4 コスモオオゾラ 弥生賞 1着 調子上向きつつある。そろそろ出番か。
3 5 ドリームセーリング 中山金杯 4着 単騎逃げ濃厚。楽に行かせると前残りも。 -
6 アンコイルド 白富士S 1着 前走案外もここなら巻き返しあっても。 -
4 7 アドマイヤタイシ 中山金杯 2着 重賞好走評価。そろそろ決めたいが... -
8 カノンコード 尼崎S 1着 間隔が開く。いきなりではさすがに辛い。 - -
5 9 ジャスタウェイ 毎日王冠 2着 前走は距離?200m短縮のここで巻き返しを。 -
10 テイエムアンコール 大阪杯 1着 復帰後の成績冴えず。まだ時間掛かるか。 - -
6 11 ジョワドヴィーヴル 阪神JF 1着 一叩きした効果見込める。一変あっていい。 -
12 セイクリッドバレー アイルランド 4着 一時期の勢いなく。展開嵌まらぬ限り出番は。 -
7 13 サトノアポロ AJC杯 4着 この相手ならそれなりに。あとは展開次第。 -
14 ロードオブザリング 垂水S 1着 最近はついて回ってくるだけ。入着も厳しい。 - -
15 ゲシュタルト AJC杯 3着 ピリっとしない。ここでも入着止まりか。 - -
8 16 ショウリュウムーン 朝日CC 1着 ここ数戦の走り評価でき。この相手なら。 -
17 マッハヴェロシティ 新潟大賞典 2着 たまに大駆けあるが2桁着順続く現状では。 - -
18 ヤマニンキングリー シリウスS 1着 芝は問題ないが前2走の負け方がキツくて。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第49回中日新聞杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第49回中日新聞杯の展望と予想とヨタ話

 ここを勝ってどうにかGI戦線に食い込みたい!
 とか考えているんでしょうかねぇ?第49回中日新聞杯。

 という訳で、ここを勝って安田記念・宝塚記念へ...なんてことも想定することは可能だが、まぁ、良くも悪くもローカル場のハンデ重賞の域を出ないこの中日新聞杯。 実際、ここを使ってダービー卿CTや新潟大賞典に向かい、その後も安田記念や宝塚記念をスルーしてエプソムCや函館記念に向かうという「GIII巡業」をする馬が結構いるだけにねぇ。 これらのGIに結びつくかというと微妙なところ。

 ただ、今年はちょっとやる気のある馬が集まった感じがするだけに、多少は期待してもいいんじゃないでしょうかねぇ。 強敵相手に好走しているが勝ち切れていないため賞金の加算ができておらずGIへの参戦が危ういジャスタウェイ・アドマイヤタイシ・トウカイパラダイスや、 一叩きして一変ありそうな阪神JF馬ジョワドヴィーヴルとか、ここの結果次第では次に繋がってもいい馬が揃っていることだし。

 で、それはそれとして一旦置いておいて中日新聞杯の予想を。前述している通りハンデ戦だったりするのだが...全馬それなりの実績を持っていると評価されてるのか、 ハンデのバラつきはそれほどでもないレベル。となれば、ここは素直に実績馬から勝負してもいいんじゃないでしょうか。 距離短縮で巻き返しありそうなジャスタウェイとか叩き2戦目で一変ありそうなジョワドヴィーヴルとかさ。

<第49回中日新聞杯予想>

◎ジャスタウェイ
○ドリームセーリング
▲ジョワドヴィーヴル
△ショウリュウムーン
△トウカイパラダイス
△コスモオオゾラ

 で、他も手堅く重賞好走馬でまとめてみました。

結果

1着サトノアポロ
2着アドマイヤタイシ
3着トウカイパラダイス
4着パッションダンス
5着ゲシュタルト

タイム:1分59秒6(R) 3F:35.6秒
サトノアポロ 牡5歳
騎手:蛯名正義 厩舎:美浦・国枝厩舎
単勝:13番890円
複勝:13番230円、7番140円、2番200円
枠連:4-7 1150円 馬連:7-13 1470円
馬単:13-7 3390円
3連複:2-7-13 2920円
3連単:13-7-2 17230円
ワイド:7-13 560円
    2-13 890円 2-7 420円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印は打ってるんですけどねぇ。
 なんだか阪神SJと同じような外し方になってしまいましたな。

 でもって、中日新聞杯の結果。中京記念時代も含めてだがローカル場のハンデ重賞ということで荒れやすい一戦だったのだが、今年は比較的無難な決着になりましたな。 2番人気のジャスタウェイがコケたり勝ったのが5番人気のサトノアポロだったりと荒れたと言えば荒れた結果だったが、人気上位馬が上位を独占していることを考えれば、まぁ、順当な結果だったんじゃないでしょうか。

 レース自体は、やはりドリームセーリングが単騎で逃げる展開。ただ、大逃げといえるほどの後続を引き離した逃げではなく、単独で先頭をキープする程度の逃げ。 そんなこともあってか、前半3ハロン通過が35.9秒、1000m通過が1:002とペースはそれほど速くならず。

 でもって、こういうペースだったもんだから、結局、早め早めに動いていった馬が上位を占める結果に。勝ったサトノアポロこそ中団から馬群の中に突っ込みそこから抜け出してきたりしたが... 他は、好位を確保していた馬がそのまま雪崩れ込んで上位を確保しただけ。前残りと言えば前残りの競馬でしたな。

 まぁ、そんなこんながあったが、勝ったのはサトノアポロ。いい塩梅で立ち回れたのが勝因だろうけど、この相手にここまでやれたのは評価していいでしょう。 相手強くなると前走のAJC杯みたいにちと足りないのかもしれないが、GIIIぐらいなら十分やっていけるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。