今週のメインdeパツイチ2013
第15回阪神スプリングジャンプ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第15回 阪神スプリングジャンプ 阪神・芝3900m  4歳上オープン(J.GII) 2013年3月9日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 テイエムハリアー 阪神ジャンプ 1着 相手揃うがこの条件なら押し切り可能。
2 2 マーベラスカイザー 中山大障害 1着 中山大障害完勝評価も詰め甘い面あって。 -
3 3 ビービースカット 東京ジャンプ 2着 それなりに走るが今回相手が悪く。入着まで。 - -
4 4 シゲルジュウヤク 新潟ジャンプ 1着 前走が負けすぎ。復調期待したいが... -
5 5 ナリタシャトル 東京ハイJ 2着 流れに乗れればそれなりに踏ん張る。ヒモで。
6 ウォークラウン 障・オープン 3着 入障後の成績悪くなく。この相手でも。 -
6 7 マイネルネオス 中山GJ 1着 徐々に良化するもここはまだ見送りが妥当。 - -
8 バアゼルリバー 中山大障害 2着 去年の勝ち馬。ただ今年は休み明けなだけに。 -
7 9 ドラゴンハンター 中山大障害 11着 昇級後の成績物足りず。入着も厳しい。 - -
10 ランヘランバ 京都ハイJ 2着 前走が負けすぎ。復活は望めそうになくて。 - -
8 11 ワシャモノタリン 東京ハイJ 2着 叩き2戦目で一変。さらなる上積みあれば。 -
12 アグネスハイヤー 三木ホースJ 3着 展開頼み。前が止まってくれればいいが。 - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第15回阪神スプリングジャンプ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第15回阪神スプリングジャンプの展望と予想とヨタ話

 クラシックだ何だとありますが...これも忘れるなよ。
 中山GJへのステップ、第15回阪神スプリングジャンプ。

 そんなこんなで、この阪神スプリングジャンプ。前述している通り、春の大一番・中山グランドジャンプへのステップ。 ただ、同じジャンプレースとはいえ、大障害は大障害で廻っている感があるだけに、ここをステップにして大障害へ...というのは思ったよりもなかったりするのが実情。

 ...なのだが、今年はちゃんとステップレースしてますな。去年の中山大障害馬マーベラスカイザーに、中山GJ・中山大障害と2着に入ったバアゼルリバーがここで始動。 他にも2011年の中山GJ勝ち馬のマイネルネオスや重賞好走から中山大障害に参戦(ただし除外)したナリタシャトルも出走。

 ただ、これらの馬、ここを勝てるかどうかはまた別の話。大障害を回避して他で稼ぐ馬にとって数少ないJ.GIIであるこの阪神スプリングジャンプは貴重な一戦。 ここ狙いで勝負を賭けてくる馬もいるだけに、前述した中山グランドジャンプに向かう馬、そう簡単に勝たせて貰えないんじゃないでしょうか。

 そんなこんなで、阪神スプリングジャンプの予想もここ狙いの馬中心になってしまうのは仕方がないところ。中心はテイエムハリアー。 J.GIIではなかなか結果を出せないでいるが、去年夏以降の成績を考慮すれば今回はなんとかなるんじゃないでしょうか。 あとはテイエムハリアーの相手探し。目標が次である分、ここで結果を出せるか微妙なところだが、重賞での走りを評価してマーベラスカイザー・バアゼルリバーを。

<第15回阪神スプリングジャンプ予想>

◎テイエムハリアー
○ウォークラウン
▲マーベラスカイザー
△バアゼルリバー
△ナリタシャトル

 うまく人気がバラけてくれれば妙味あるんだが...

結果

1着シゲルジュウヤク
2着マーベラスカイザー
3着バアゼルリバー
4着ナリタシャトル
5着ワシャモノタリン

タイム:4分22秒1 3F:38.6秒
シゲルジュウヤク 牡5歳
騎手:中村将之 厩舎:栗東・西橋厩舎
単勝:4番1910円
複勝:4番250円、2番120円、8番130円
枠連:2-4 3030円 馬連:2-4 2220円
馬単:4-2 8290円
3連複:2-4-8 1990円
3連単:4-2-8 27430円
ワイド:2-4 610円
    4-8 840円 2-8 170円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印は打ってるんですけどねぇ。
 まぁ、○と△では惜しいとも言えませんけど。

 でもって、阪神スプリングジャンプの結果。ランヘランバ・テイエムハリアーの2頭が逃げる形になったが、人気の一角を担ったテイエムハリアーの方が早々に落馬して終了。 そんなこんなでランヘランバが後続を離して逃げる形(空馬となったテイエムハリアーが絡んできたりしたが...)になったのだが、このランヘランバも長くは持たず、中盤で早々に後退。
 で、代わって先頭に立ったのが勝ったシゲルジュウヤク。ランヘランバのように後続を引き離しての逃げではなかったため、途中何度も並ばれたりしたが...これをその都度跳ね返し、 結局、最後まで先頭を譲らずそのままゴールへ。あとはシゲルジュウヤクをマークする形で駒を進めた人気のマーベラスカイザー・バアゼルリバーが2・3着を確保。

 そんなこんなで、勝ったシゲルジュウヤク。この相手にしぶとく粘って勝ったのは評価していいでしょう。 まぁ、元々重賞勝っている馬だし、強敵相手にそれなりに好走していたことを考えれば、この位はやれていいんじゃないでしょうか。 あと、2・3着のマーベラスカイザー・バアゼルリバー。今回負けはしたが、今のところはこれだけやれれば十分でしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。