今週のメインdeパツイチ2013
第47回フィリーズレビュー出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第47回 フィリーズレビュー 阪神・芝1400m  3歳牝オープン(GII) 2013年3月10日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ナンシーシャイン 春菜賞 1着 今回同型いるし、行けてもこの相手となると... - -
2 タンスチョキン 牝500万下 1着 前走そこそこの末脚使うがそこそこ止まりで。 -
2 3 ノーブルコロネット 万両賞 3着 前走は流れに乗れず。もう少しやれていい。
4 メイショウマンボ 紅梅S 2着 パンチ力欠くが時計掛かる馬場なら浮上も。 -
3 5 サウンドリアーナ ファンタジー 1着 ファンタジーSを再評価。仕上がっていれば。 -
6 ドラゴンサクラ 未勝利 1着 展開嵌まって未勝利脱出できた感あるだけに。 - -
4 7 コスモアンダルシア 500万下 1着 前走単勝万馬券ブチかますがそれだけっぽく。 - -
8 ハイマウンテン 500万下 1着 OP入りして頭打ち。展開嵌まらぬ限り。 - -
5 9 サマリーズ 全日本2歳 1着 相手関係は比較的楽だが、やはり芝が鍵で。 -
10 ラトーナ 牝新馬 1着 今回久々だし新馬も破った相手微妙で。 - -
6 11 タガノハピネス 牝500万下 1着 現状ダ向き。芝では新馬勝ちが限界で... - -
12 サンブルエミューズ フェアリーS 3着 後のクイーンC馬と互角の勝負した前走評価。
7 13 エメラルハヤブサ 萌黄賞 11着 昇級戦負けすぎ。巻き返しあればいいが。 - -
14 ニシノモンクス 牝未勝利 1着 未勝利脱出で精一杯。重賞ではさすがに。 - -
8 15 シーブリーズライフ クロッカスS 1着 前走の完勝評価。この相手なら重賞でも。
16 ティズトレメンダス はこべら賞 1着 スピードに欠く。芝ではさすがに辛いか。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第47回フィリーズレビュー枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第47回フィリーズレビューの展望と予想とヨタ話

 暗雲垂れ込める3歳牝馬クラシック路線。
 本番は嵐の予感?第47回フィリーズレビュー。

 という訳で、このフィリーズレビュー。桜花賞へのステップは他にもあったりするが、優先出走権が与えられるトライアルレースはこのフィリーズレビューが最後。 残された桜花賞への出走権を巡り有力馬が激突!...と言いたかったのだが、何だかねぇ。あまり出てきませんでしたな。

 そんなこんなで、チューリップ賞に全部持って行かれてしまったのか、どうも盛り上がりに欠くメンバー構成となってしまった今回のフィリーズレビュー。 ただ、チューリップ賞がああいう結果だっただけにねぇ。どうもパッとしないこういうメンバーでも、ここで権利を取って本番に出てさえしまえば、何とかなってしまうのかもしれませんな。

 まぁ、それはともかく。フィリーズレビューの予想を。チューリップ賞の結果をあれこれ考えてしまうとアレなのだが、 今回は実績馬と新馬・未勝利勝ち上がり馬との間にかなりの能力差があると想定して実績馬中心で組み立てるのが妥当でしょう。 ここはフェアリーSで後のクイーンC1・2着馬と僅差の競馬しているサンブルエミューズやファンタジーS完勝を再評価してサウンドリアーナで勝負。 あとは、クロッカスSの勝ちっぷり評価できるシーブリーズライフ、前走7着は外を回らされるロスが堪えた感があるノーブルコロネットを。

<第47回フィリーズレビュー予想>

◎サンブルエミューズ
○ノーブルコロネット
▲サウンドリアーナ
△シーブリーズライフ

 ダート使っている馬の一変に期待するのは...厳しいかな?

結果

1着メイショウマンボ
2着ナンシーシャイン
3着ティズトレメンダス
4着ノーブルコロネット
5着シーブリーズライフ

タイム:1分22秒1 3F:35.4秒
メイショウマンボ 牝3歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・飯田明厩舎
単勝:4番440円
複勝:4番190円、1番380円、16番900円
枠連:1-2 1380円 馬連:1-4 2370円
馬単:4-1 3850円
3連複:1-4-16 22770円
3連単:4-1-16 96300円
ワイド:1-4 880円
    4-16 2090円 1-16 5000円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。人気所ではあったが...
 印薄いところばかりでまるでダメでしたわ。

 しかしなぁ、一応人気所で決着したとはいっても...嵐の予感しかしない結果でしたなぁ。人気的にはサンブルエミューズ・サウンドリアーナ・メイショウマンボの三つ巴となっていたが... その中の2頭(サンブルエミューズ・サウンドリアーナ)がパッとせず馬群に沈んでしまう始末。さらに、ダート勝ち上がりのティズトレメンダスや未勝利勝ち上がりのニシノモンクスといった「格下」と目されていた馬が2着と僅差の競馬しちゃってますからねぇ。 正直、今年の桜花賞は出走さえできればどの馬にも勝つチャンスはあると考えた方がいいのかもしれませんな。

 まぁ、それはともかく。勝ったメイショウマンボ。これまで通り差しに徹して結果を出す形に。前半3ハロン通過が34.9秒ということで、 前に行っていたティズトレメンダスやナンシーシャインがそれなりに粘っていたが、これらをねじ伏せ先頭でゴールへ。着差も1・1/4馬身つけていることだし、まぁ、完勝といっていいところでしょう。 ただし、前述していような状況なだけに、桜花賞でも結果を出せるかといわれると...微妙なところですな。前走の紅梅Sでレッドオーヴァルに完敗していたり阪神JFでは10着だったりするし。



競馬鹿トップへ


Visiter'z : (since 2000/05/25)
注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。