今週のメインdeパツイチ2013
第58回ダイオライト記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第58回 ダイオライト記念 船橋・ダ2400m  4歳上オープン(JpnII) 2013年3月13日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アイディンパワー 初日の出S 2着 大きくは負けていないが展開に左右される馬で。 - -
2 2 トウホクビジン 絆カップ 1着 最近交流重賞での好走なく。ここでは辛い。 - -
3 3 トーセンルーチェ 金盃 1着 立ち直った様子。流れに乗れれば上位も。 -
4 トーセンアドミラル 千葉テレビ盃 1着 単騎逃げできる組み合わせ。マイペースなら。
4 5 オースミイチバン 兵庫Ch 1着 調子は相変わらず。ここでは3着まで。 - -
6 ゲイルバニヤン コスモバルク 4着 前走全くいいところなく。一叩きするが... - -
5 7 マズルブラスト 多摩川OP 2着 自己条件なら兎も角交流重賞ではさすがに。 -
8 ナムラクレセント 阪神大賞典 3着 転厩後の成績散々。ダートはキツいのか? - -
6 9 タマモスクワート 大師OP 1着 JBCクラでは離れた6着。やや能力差あって。 - -
10 ソリタリーキング 東海S 1着 復調しつつある。ここなら上位あっても。
7 11 ハタノヴァンクール 川崎記念 1着 ここライバル不在。この相手には負けられぬ。
12 アポロヴァンドーム 中日杯 2着 大師オープン10着で決着済。ここでは。 - -
8 13 シーズザゴールド 報知GPカップ 2着 前2走悪くなく。この相手なら上位あっても。
14 クラシカルノヴァ 名古屋GP 2着 ハタノには敵わぬが2着は十分狙える馬で。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第58回ダイオライト記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第58回ダイオライト記念の展望と予想とヨタ話

 ここを使ってかしわ記念?それとも帝王賞?
 次の目標に向け有力馬再始動。第58回ダイオライト記念。

 という訳で、このダイオライト記念。ダート路線の大一番・フェブラリーSが終わって一ヶ月経ったこともあって、この辺りから次の目標に向け有力馬がぼちぼち再始動。 このダイオライト記念も例外ではないようで、かしわ記念や帝王賞を見据えた有力馬が参戦してくることが多々。

 で、今年のダイオライト記念はというと...この馬が出てきましたよ。ハタノヴァンクール。フェブラリーSには出走していないが、 東京大賞典で僅差の2着、そしてその後川崎記念を制覇するなど好調。そんなハタノヴァンクールが次の大一番目指しこのダイオライト記念で再始動。

 そんなこんなで、今回のダイオライト記念。まぁ、ハタノヴァンクール中心になってしまうのは仕方がないところ。ライバルとなる馬もいないことだしさ。 あとはハタノヴァンクールの相手探しとなるのだが...ここはソリタリーキング・クラシカルノヴァといった重賞好走ある中央勢でいいでしょう。 南関東勢も去年このレースで3着に入ったトーセンルーチェや中央所属時にはマーチSで4着に入ったこともあるトーセンアドミラルがいたりするが、 嵌まる嵌まらないがあって安定味を欠くだけにねぇ。ここは次点候補程度に留めておくのが妥当でしょう。

<第58回ダイオライト記念予想>

◎ハタノヴァンクール
○トーセンアドミラル
▲ソリタリーキング
△クラシカルノヴァ
△シーズザゴールド

 でも、配当がなぁ。馬券になるかどうか微妙だ...

結果

1着オースミイチバン
2着ハタノヴァンクール
3着ソリタリーキング
4着クラシカルノヴァ
5着トーセンアドミラル

タイム:2分35秒1 3F:37.8秒
オースミイチバン 牡4歳
騎手:川島信二 厩舎:栗東・荒川厩舎
単勝:5番4590円
複勝:5番230円、11番100円、10番110円
枠連:4-7 2190円 馬連:5-11 1630円
枠単:4-7 10880円 馬単:5-11 9690円
3連複:5-10-11 1270円
3連単:5-11-10 38320円
ワイド:5-11 460円
    5-10 880円 5-7 130円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、オースミイチバンですか。
 実績的には通用も近走が今一つで出番なしと予想していたのに...

 そんなこんなで、単勝120円という圧倒的人気を集めたハタノヴァンクールが勝ち切れず波乱となったダイオライト記念の詳細を。 トーセンアドミラル辺りが逃げるのかと思いきや、逃げたのはオースミイチバン。周回を重ねても相変わらず先頭のまま。 勝負所で人気のハタノヴァンクールがマクって進出し、ここで終了...かと思われたが、終わってしまったのはハタノヴァンクールの方。 マクって余計な脚を使ってしまったのが直線に入って伸びきれず。結局、オースミイチバンが底力でジリジリ差を詰めるハタノヴァンクールをなんとか振り切って逃げ切り勝ち。

 しかしなぁ、こうもあっさり負けてしまうとはねぇ。ハタノヴァンクール。マクってきた時は明らかな勝ちパターンと思ったのだが、終わってみればこういう結果ですからねぇ。 川崎記念からちょっと間隔が開いたもんでやや走りが鈍った、と考えれば仕方がないのかもしれんが...この相手に負けちゃうのはちょっとねぇ。 まぁ、オースミイチバンが本来の走りを取り戻したのであれば話は別だが。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。