今週のメインdeパツイチ2013
第73回皐月賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第73回 皐月賞 中山・芝2000m  3歳牡牝オープン(GI) 2013年4月14日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 メイケイペガスター 共同通信杯 1着 前走は折り合い欠く。まともに走れば怖い。
2 インパラトール 萩S 1着 馬体絞れれば前走以上あっていい。穴で。 -
2 3 レッドルーラー 若葉S 1着 仕掛け所が問題。流れに乗れれば怖いが... - -
4 ナリタパイレーツ すみれS 1着 今回はこれまで程楽できぬ。厳しいか。 - -
3 5 タマモベストプレイ きさらぎ賞 1着 200m延長が鍵。この条件でどこまで? - -
6 ミヤジタイガ 弥生賞 2着 手堅く走るがジリ。展開嵌まらないと... - -
4 7 ロゴタイプ 朝日杯FS 1着 TR快勝でここ出走するも破った相手微妙で。 -
8 コパノリチャード アーリントン 1着 能力はあるが2000m克服できるか微妙で。 - -
5 9 サトノネプチューン ホープフルS 1着 控える競馬の方が良かったか。巻き返しを。 -
10 マズルファイヤー きさらぎ賞 2着 粘れなかった前走不満。この相手では苦しい。 - -
6 11 クリノヒマラヤオー 500万下 1着 芝の成績物足りず。多くは望めそうになく。 - -
12 コディーノ 朝日杯FS 2着 前走勝てなかったが小差。上位は狙える。
7 13 ラブリーデイ 京王杯2歳S 2着 成績尻すぼみ。相手揃うここではさすがに。 - -
14 エピファネイア ラ杯2歳S 1着 負けはしたが見せ場作る。それなりには。 -
15 カミノタサハラ 弥生賞 1着 有力馬破った前走を素直に評価。ここでも。
8 16 フェイムゲーム 京成杯 1着 能力はここでも通用する馬。展開次第で。
17 クラウンレガーロ デ杯2歳S 2着 もう一押し欲しい。入着はありそうだが... - -
18 テイエムイナズマ デ杯2歳S 1着 成績低迷続く。いい頃の走り戻ればいいが。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第73回皐月賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第73回皐月賞の展望と予想とヨタ話

 やはりというか何というか...桜花賞は波乱の決着に。
 となれば、ここも波乱になってもおかしくない?第73回皐月賞。

 という訳で、この皐月賞。トライアルで二転三転があった3歳牝馬路線は7番人気のアユサンが勝ち波乱の幕開けに。 こういう流れだと「3歳牡馬路線も...」という考えが頭をよぎってしまうのは仕方がないところだが、さて、こっちも同じような結果になるんでしょうか?

 しかし、あっちはあっち、こっちはこっち。3歳牝馬路線と違って、3歳牡馬路線は有力視されていた馬がそれなりに結果を出していたりしますからねぇ。 スプリングSでは朝日杯FS馬ロゴタイプがきっちり結果出しているし、弥生賞ではコディーノ・エピファネイアといった人気所がコケではいるものの、僅差の3・4着に踏みとどまっていたりするしさ。 若葉Sで人気を集めたメイケイペガスター(結果は8着)も「折り合い」という明確な敗因があるだけにねぇ。トライアルで一悶着あったりしたが「結局、これらの実績馬であっさり決着」なんてことも十分あるんじゃないでしょうか。

 ただねぇ、だからといってこれらの実績馬、突出した存在という訳でもありませんからね。馬券的な妙味もあることだし、ここは別の馬で勝負するのもアリなんじゃないでしょうか。 人気はどうであれコディーノ・エピファネイアを破ったのは評価できるカミノタサハラとか、前走のスプリングSでは4着という結果に終わったが末脚は評価できるフェイムゲームとかさ。 この辺りを軸にして前述の実績馬へ...という勝負の仕方もアリなんじゃないでしょうか。

<第73回皐月賞予想>

◎カミノタサハラ
○サトノネプチューン
▲フェイムゲーム
△コディーノ
△メイケイペガスター
△ロゴタイプ

 あと、妙にハイレベルだったホープフルS勝ちのサトノネプチューンにも注意。

結果

1着ロゴタイプ
2着エピファネイア
3着コディーノ
4着カミノタサハラ
5着タマモベストプレイ

タイム:1分58秒0(R) 3F:35.9秒
ロゴタイプ 牡3歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:美浦・田中剛厩舎
単勝:7番370円
複勝:7番140円、14番150円、12番140円
枠連:4-7 440円 馬連:7-14 840円
馬単:7-14 1750円
3連複:7-12-14 1210円
3連単:7-14-12 5920円
ワイド:7-14 360円
    7-12 320円 12-14 330円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。まぁ、こういう予想をしているんでねぇ...
 堅いところがきっちり来たんじゃどうにもなりませんな。

 という訳で、皐月賞の結果。先週の桜花賞の流れだとか何だとかあってそこまで順当に決まるとは思っていなかったんだが...結局、こういう結果になってしまいました。 1〜4番人気馬がそのまま1〜4着を独占するという順当な決着に。

 レース自体は、コパノリチャード・クリノヒマラヤオーが飛ばしていったもんで、前半3ハロン通過が34.1秒、1000m通過が0:58.0とかなり時計の出る今の中山を考慮しても速いペースに。 で、今回上位を独占することとなるロゴタイプ・エピファネイア・コディーノはというと、中団の同じような位置でじっと待機。 でもって、3〜4コーナーの勝負所で前に行った馬をまとめて交わし直線に入ったところで先頭に立ち、あとはこの3頭の追い比べ勝負に。

 そんなこんなで、その追い比べを制したのがロゴタイプ。他2頭に比べ内枠を引き、道中コースロスなく立ち回れたことも幸いしたようで、 こういうハイペースの中、失速せず最後までキッチリ脚を使ってエピファネイア・コディーノを封じ先頭でゴールへ。 まぁ、「有利に立ち回った分勝てた」といってもいい内容だっただけに、ここで勝負付けが済んだと判断するのは早計でしょう。 条件が変わればエピファネイア・コディーノの逆転も十分あるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。