今週のメインdeパツイチ2013
第17回さきたま杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第17回 さきたま杯 浦和・ダ1400m  4歳上オープン(JpnII) 2013年5月29日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 テスタマッタ フェブラリーS 1着 近走物足りぬがこの条件なら出番あっても。 -
2 2 サイモンロード かきつばた記 3着 今回同型不在&好枠。相手揃うが大駆けも。
3 3 マニエリスム マリーンC 4着 今回牡馬が相手。入着すら厳しそうで。 - -
4 4 ハルサンサン TCK女王盃 1着 重賞実績あるが去年秋以降の成績物足りず。 -
5 5 スーニ JBCスプ 3着 前2走サッパリ。一変あってもここでは... - -
6 タマモスクワート 大師OP 1着 ここ数戦物足りず。この距離でも出番は... - -
6 7 コアレスピューマ ウインターSP 2着 東京スプリント11着で決着済。多くは望めぬ。 - -
8 コスモワッチミー 黒船賞 4着 交流重賞好走あるもこの相手では苦しい。 -
7 9 ナイキマドリード 船橋記念 1着 条件は手頃だが今回かなり相手揃って... -
10 セイクリムズン JBCスプ 2着 能力認めるが浦和では仕掛け所が鍵で。 -
8 11 ティアップワイルド かきつばた記 1着 前走完勝。相手強化されるがここでも。
12 ダイショウジェット 南部杯 2着 ここ快勝ある舞台。展開次第でその再現も。

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第17回さきたま杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第17回さきたま杯の展望と予想とヨタ話

 短距離馬にとってはここが春の大一番に?
 ダ1400mで行われる交流重賞、第17回さきたま杯。

 というわけで、このさきたま杯。マイルまでこなせる馬ならGWに行われたかしわ記念が春の大一番となるのだが...マイルも厳しい短距離馬となるとねぇ。 春にはJBCスプリントみたいな大レースがないこともあって、JpnIIではあるが、ここが春の大一番となっても不思議ではないんじゃないでしょう。

 そんなこともあってか、このさきたま杯。ダート短距離路線の有力馬が多数参戦することに。 かしわ記念後の手頃な重賞ということもあって「かしわ記念の余力でもう一戦」というマイラーも出てきてはいるが...まぁ、基本は短距離戦。 今年もダート短距離路線の有力所が多数出走してきました。

 で、そんなさきたま杯の予想。かきつばた記念や東京スプリント、黒船賞といった春のダート短距離重賞の上位馬が多数出走することとなったが、 ここはかきつばた記念勝ちのティアップワイルドでいいんじゃないでしょうかねぇ。東京スプリント・黒船賞は今一つだったが、前走のかきつばた記念や兵庫ゴールドトロフィーのように、 きちんと力を出し切れば強い競馬をする馬。さらに、今回、前に行った馬が強い浦和コースですからね。外目の枠がちと気になるところだが、うまく流れに乗って好位確保できればこの相手でも勝ち負けになるんじゃないでしょうか。

 あとは、手堅く実績馬を絡めておけば、まぁ、大丈夫なんだろうけど...ちょっと展開が気になる馬がちらほらいるんでねぇ。 実績を考えればセイクリムズンやダイショウジェットなんだが、この浦和で前を捕えきれるかどうか微妙なところ。 その気になれば前でも競馬できるテスタマッタや、前走みたいに行き切れれば前残りありそうなサイモンロードとか、その辺りにもチャンスは十分あるんじゃないでしょうか。

<第17回さきたま杯予想>

◎ティアップワイルド
○サイモンロード
▲テスタマッタ
△セイクリムズン
△ダイショウジェット

 うまく人気が割れてくれれば馬券的に妙味あるんだが...

結果

1着テスタマッタ
2着セイクリムズン
3着ナイキマドリード
4着ダイショウジェット
5着ティアップワイルド

タイム:1分27秒4 3F:38.4秒
テスタマッタ 牡7歳
騎手:戸崎圭太 厩舎:栗東・村山厩舎
単勝:1番300円
複勝:1番130円、10番110円、9番320円
枠連:1-7 260円 馬連:1-10 270円
枠単:1-7 520円 馬単:1-10 630円
3連複:1-9-10 1530円
3連単:1-10-9 4610円
ワイド:1-10 160円
    1-9 880円 9-10 420円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。しかし、軸馬が来ないのはちょっとなぁ。
 しかも、人気の組み合わせで配当微妙だったりするし...

 まぁ、それはそれとしてさきたま杯の結果。内枠だったこともあって、逃げたのはやはりサイモンロード。 しかし、こういうコースだということが分かっているのかマークは厳しく、これをナイキマドリードやティアップワイルドが追いかける形になった上に、 勝負所よりも前に各馬早め早めに動く始末。

 そんなこともあって、前に行った馬、粘れませんでした。先頭集団を形成していたナイキマドリードが一旦は先頭に立つものの、 中盤からじわじわポジションを押し上げてきたテスタマッタにマクりきられて終了。あとは先行集団を見る形で駒を進めたセイクリムズンが最後の一伸びでそのナイキマドリードを交わし2着に。

 そんなこんなで、終わってみれば1・2番人気が上位を確保するという順当な結果に。勝ったのはテスタマッタ。スタート直後、行き脚がつかなかったこともあって最後方からの競馬となってしまったが、 前述している通り、道中じわじわポジションを押し上げ、その勢いのまま先頭に立ちゴールへ。ここまで長い脚を使うとなると、さすがに途中で止まってしまっても不思議ではないのだが...結果はこれですからねぇ。 「いい頃の走りが戻った」と考えてもいいでしょう。2着のセイクリムズンも、まぁ、妥当な内容。今回は「相手が悪かった」そんなところじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。