今週のメインdeパツイチ2013
第66回鳴尾記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第66回 鳴尾記念 阪神・芝2000m  3歳上オープン(GIII) 2013年6月1日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 モズ 但馬S 1着 前々走は展開嵌まって勝てた感有。重賞では。 - -
2 ビッグウィーク 菊花賞 1着 相変わらずスランプ。一変は望めないか。 - -
2 3 トップゾーン 大阪ハンC 3着 前々走ぐらい走ったとしても重賞では辛い。 - -
4 スマートギア 中日新聞杯 1着 多少マシにはなるが展開嵌まらないと辛い。 - -
3 5 ロードオブザリング メトロS 5着 多少走るようになるが重賞ではさすがに無理。 - -
6 ナリタクリスタル 新潟記念 1着 今回長期休養明け。ここは様子見が妥当。 - -
4 7 ダノンバラード AJC杯 1着 前2走が物足りず。手頃な条件ではあるが...
8 コスモファントム 中日新聞杯 1着 復調気配窺えず。まだまだ時間かかりそうで。 - -
5 9 エクスペディション 小倉記念 1着 2桁着順続く。一変あっていい頃合いだが... -
10 トウケイヘイロー ダービー卿CT 1着 能力は認めるが距離が鍵。こなせれば。
6 11 トランスワープ 新潟記念 1着 最近大敗もあるが、この条件なら嵌まれば。 -
12 メイショウウズシオ アンドロメダ 2着 凡走続く。いい頃の走り戻ればいいが... - -
7 13 テイエムアンコール 大阪杯 1着 2桁着順連発。この状態では出番ナシ。 - -
14 パッションダンス 新潟大賞典 1着 新潟大賞典勝ち評価でき。連勝も視野に。 -
8 15 ダイワファルコン 福島記念 1着 中山ではないがこの相手なら手堅く上位に。
16 エアソミュール 大阪城S 1着 重賞成績今一つだが今の調子なら出番も。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第66回鳴尾記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第66回鳴尾記念の展望と予想とヨタ話

 「ここを勝って宝塚記念へ」といった感じのレースだが...
 どちらかというとサマー2000への布石?第66回鳴尾記念。

 という訳で、この鳴尾記念。一昔前の金鯱賞と同じような時期に行われたり、宝塚記念と同じ阪神が舞台ということもあって、 前述している通り「宝塚記念へのステップ」として機能してもいい一戦なのだが...今年は何だか微妙。 宝塚記念にオルフェーヴル・ジェンティルドンナ・ゴールドシップといった強力な古馬が参戦を表明していることもあり、 ほどほどの有力馬が恐れをなして宝塚記念を回避、そしてステップとなるこの鳴尾記念にも出て来なかった...とか、そういう感じなんでしょうかねぇ。

 そんなこんなで、今年の鳴尾記念。宝塚記念へのステップというより、新潟大賞典や大阪城S・都大路S等のOP戦からの流れを受けた「裏開催のGIII」といった色合いの濃い一戦。 まぁ、差し詰め「東のエプソムC、西の鳴尾記念」といったところでしょうかねぇ。

 で、そんな鳴尾記念の予想。裏開催のGIIIといった色合いの濃いメンバー構成となったが...この鳴尾記念、その手のGIIIにありがちな「ハンデ戦」ではないだけにねぇ。 これといった波乱も起こらず、新潟大賞典や大阪城S、都大路Sで結果を出した馬であっさり決着してしまうんじゃないでしょうか。 ここは、新潟大賞典勝ちのパッションダンスに大阪城S・都大路Sで好走しているエアソミュール、あと、重賞実績評価できるダイワファルコン・トウケイヘイロー・ダノンバラード辺りで勝負すればいいんじゃないでしょうか。

<第66回鳴尾記念予想>

◎パッションダンス
○エアソミュール
▲ダイワファルコン
△トウケイヘイロー
△ダノンバラード

 凡走続く実績馬の一変も怖かったりするのだが...まあ、いいや。

結果

1着トウケイヘイロー
2着エクスペディション
3着ダノンバラード
4着エアソミュール
5着スマートギア

タイム:1分58秒9 3F:34.7秒
トウケイヘイロー 牡4歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・清水久厩舎
単勝:10番1160円
複勝:10番400円、9番780円、7番200円
枠連:5-5 16060円 馬連:9-10 17070円
馬単:10-9 29790円
3連複:7-9-10 21780円
3連単:10-9-7 199150円
ワイド:9-10 4250円
    7-10 940円 7-9 1710円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、軸が来てないな。
 エクスペディションにも印打っているんだが、これでは...

 まぁ、それはともかくとして、鳴尾記念の結果。他にこれといった逃げ馬もいなかったこともあって、すんなりハナを奪取して単騎逃げに持ち込んだトウケイヘイロー、 前半1000m通過が1:00.4と緩めのペースになったこともあって、直線に入っても止まらず。それどころか、逆に後続馬を突き放し、リードを保ったまま悠々と逃げ切り勝ち。 あとは、瞬発力勝負に賭けた差し・追込勢が先行した人気のパッションダンス・ダイワファルコンらを捕らえ、上位確保することに。

 で、勝ったトウケイヘイロー。今回、2000mという距離が問題視されていたが...大丈夫でした。そんなこんなで、距離という問題が解決してしまえば、 重賞実績ある馬だけにこういう結果になってしまうのは、まぁ、仕方がないんじゃないかと。

 あと、2着のエクスペディション。近走成績が散々で人気を落としていたが...やはり夏場は走るようで。本来の走りを取り戻しこの結果に。 この馬も、去年の小倉記念でトーセンラー・ダノンバラード相手に完勝している馬だけに、きちんと走ればこういう結果になってしまうのも、まぁ、仕方がないのかと。 今回の鳴尾記念、馬券的にはかなり波乱となったが...思いの外、妥当な決着だったのかもしれませんな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。