今週のメインdeパツイチ2013
第63回安田記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第63回 安田記念 東京・芝1600m  3歳上オープン(GI) 2013年6月2日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 カレンブラックヒル NHKマイルC 1着 復調気配窺えた前走評価。一変あっていい。
2 ショウナンマイティ 宝塚記念 3着 勝ち切れないが末脚脅威。展開次第で上位も。 -
2 3 サクラゴスペル オーシャンS 1着 東京芝1400mに良績有。この条件でも侮れず。 -
4 ガルボ 阪神カップ 2着 去年は5着。地味だが軽視はできぬ馬で。 -
3 5 スマイルジャック 安田記念 3着 良績ある条件だが2桁着順連発の現状では。 - -
6 グロリアスデイズ スチュワーズ 1着 去年は14着。大レース好走は評価するが... - -
4 7 グランプリボス NHKマイルC 1着 相変わらず好調。ポカなければ上位は確実? -
8 マイネイサベル ヴィクトリア 3着 末脚は評価もこの相手となるとさすがに。 - -
5 9 ナカヤマナイト 中山記念 1着 東京もそれなりに走る馬だが最近詰め甘く。 - -
10 ロードカナロア 高松宮記念 1着 マイルこなしても不思議ではない。軽視は禁物。 -
6 11 ヘレンスピリット チャンピオン 2着 前走は一応評価も今回相手がかなり揃って... - -
12 ダークシャドウ 天皇賞秋 2着 叩き2戦目&東京で一変可。あとは展開次第。 -
7 13 シルポート マイラーズC 1着 控える競馬してみたがサッパリ。一変は... - -
14 エーシントップ NZトロフィー 1着 前走は着順今一つも健闘といっていい内容で。 -
15 ヴィルシーナ ヴィクトリア 1着 牡馬相手だし相手も揃うが今の調子なら。 -
8 16 ダノンシャーク 京都金杯 1着 GIではもう一押し必要。ここでは入着まで。 - -
17 ダイワマッジョーレ 京王杯SC 1着 力つけている。相手強化が鍵も軽視はできぬ。 -
18 サダムパテック マイルCS 1着 一叩きした効果は見込めるが相手も揃って。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第63回安田記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第63回安田記念の展望と予想とヨタ話

 春のGIシリーズも終盤にさしかかってきたが...
 ここにきて濃いレースが続々。第63回安田記念。

 そんなこんなで、日本ダービーという大一番も終わり春のGIシリーズも一段落...といいたいところだが、今年はここからが本番。 オルフェーヴル・ジェンティルドンナ・ゴールドシップという最強古馬3頭が出走を予定している宝塚記念が注目を集めるのは、まぁ、当然ではあるが...この安田記念も侮れませんぜ。 何せ、去年のマイル路線で結果を出しているカレンブラックヒル・グランプリボス・サダムパテックといったGI馬だけでなく、短距離路線ではもやは敵なしとなったロードカナロアに、 ヴィクトリアマイルでようやくGIに手が届いたヴィルシーナ、香港マイルやチャンピオンズマイルといった海外GIで上位を確保している香港馬グロリアスデイズといった多種多様な実績馬がこぞってこの安田記念に出走することになっちゃってますからねぇ。

 で、そんな濃い馬が集まった安田記念の予想を。これだけ有力馬が集まると予想するのも何かと厄介。特に今回は、距離だとか牝馬だとか海外だと3歳だか条件の違うところで結果を出した馬がいるだけにねぇ。 とりあえず、マイル戦や東京コースでの実績を評価できるカレンブラックヒル・グランプリボス・ダークシャドウはマークしておいていいんだろうけど...問題は他の馬。 一応、1400-1600mでもそこそこ結果を出していることを考えればこの距離でもロードカナロアの好走あっていいだろうし、牝馬といっても牡馬相手にGI勝ちしているジェンティルドンナ相手に接戦してきたことを考えればヴィルシーナも十分通用していいだろうし、 この辺りはきっちりマークしておきたいところだが...それなりに人気集める馬ですからねぇ。うまく人気がバラけてボックス買いしても問題ない状態になればいいんだが、 そういう状態になっていないのであれば、軸も定めずにやたらと買い目を増やしてもアレですし。この辺りは、オッズを見てからメリハリをつけていくしかないか。うーん...

<第63回安田記念予想>

◎カレンブラックヒル
○エーシントップ
▲グランプリボス
△ダークシャドウ
△ロードカナロア
△ヴィルシーナ

 可能であれば、ショウナンやダイワもカバーしたいんだけど...

結果

1着ロードカナロア
2着ショウナンマイティ
3着ダノンシャーク
4着マイネイサベル
5着サクラゴスペル

タイム:1分31秒5 3F:34.5秒
ロードカナロア 牡5歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・安田隆厩舎
単勝:10番400円
複勝:10番200円、2番210円、16番680円
枠連:1-5 730円 馬連:2-10 1470円
馬単:10-2 2570円
3連複:2-10-16 18160円
3連単:10-2-16 62800円
ワイド:2-10 620円
    10-16 3230円 2-16 3120円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。人気所での決着したのだが...
 軸馬が散々ではねぇ。ショウナンもカバーしていないし。

 という訳で、安田記念の結果。前述している通り、1番人気のロードカナロアが勝ち、3番人気のショウナンマイティが2着という人気所での決着に。 ただねぇ、人気所で決着したのはここまでで、3着以下は12番人気のダノンシャーク、15番人気のマイネイサベル、16番人気のサクラゴスペルと2桁人気馬が名を連ねる始末。 荒れたといえば荒れた結果に。

 レース自体はというと、ハナを奪ったシルポートが前半3ハロン通過が33.9秒というペースで逃げたもんで、澱みのない展開に。 直線では、好位につけていたヴィルシーナやガルボ、サクラゴスペル、ダークシャドウが逃げたシルポートを捕らえ一旦は先頭に立ったりしたが... 外から突っ込んできたロードカナロア・ショウナンマイティ・ダノンシャークといった差し・追込勢にすぐに捕まってしまい終了。 あとは、この3頭の中から抜け出したロードカナロアが最後の一伸びで差を詰めてきたショウナンマイティをなんとか封じてゴールへ。

 そんなこんなで、勝ったのはロードカナロア。距離云々の話はあったが一応こなしてこういう結果に。 まぁ、前崩れ気味の展開の中、いいポジションをキープして最後まできっちりいい末脚を使うことができたとか、他の実績馬がどうもイマイチで自滅したとか、 恵まれた面も確かにあったが...安田記念&東京マイルのレコードと0.2秒差の1:31.5という時計を叩き出し勝ったのは評価していいんじゃないでしょうか。

 にしても...他の実績馬がここまで結果を出せないとはねぇ。ダークシャドウはそれなりの見せ場を作った上で6着と、そこまで悪い内容ではなかったのだが... グランプリボス・サダムパテック・カレンブラックヒルは見せ場すら作れず馬群に沈んでしまってますからねぇ。秋、うまく立て直してGI戦線に復帰してくれればいいのだが、 こういう負け方するとちょっとねぇ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。