今週のメインdeパツイチ2013
第36回帝王賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第36回 帝王賞 大井・ダ2000m  4歳上オープン(JpnI) 2013年6月26日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フォーティファイド 大井記念 1着 前走楽勝も東京大賞典8着で決着済っぽく。 - -
2 2 ハタノヴァンクール 川崎記念 1着 やや取りこぼし多く。ここは展開次第か。 -
3 3 ワンダーアキュート JBCクラ 1着 この条件手堅く走る。あとは仕上がり次第。
4 4 トウホクビジン シアンモア記 1着 たまに大駆けあるがこの相手はさすがに。 - -
5 5 スーニ JBCスプ 3着 条件合わない。ここは出てきただけ。 - -
6 ローマンレジェンド 東京大賞典 1着 一度使った効果見込める。あとは展開次第。 -
6 7 エリモアラルマ 兵庫大賞典 1着 地元成績は評価するも今回相手が悪すぎで。 - -
8 ホッコータルマエ かしわ記念 1着 強敵下した前2走評価。この勢い怖い。
7 9 テスタマッタ フェブラリS 1着 前走のロングスパート評価。相手揃うが注意。
10 エナージバイオ かしわ記念 8着 後方から少し差を詰める程度。ここでは。 - -
8 11 ニホンピロアワーズ JCダート 1着 一叩きしてきっちり一変。今の勢いなら。
12 トーセンルーチェ 金盃 1着 交流重賞成績物足りず。今回相手も強いし... - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第36回帝王賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第36回帝王賞の展望と予想とヨタ話

 最強馬が激突するのは宝塚記念だけじゃありませんぜ。
 こっち方面も現役最強馬が集結。第36回帝王賞。

 という訳で、今回の帝王賞。前述している通り、先週の日曜にはゴールドシップ・ジェンティルドンナ・フェノーメノといった芝の最強馬が激突した宝塚記念がありましたが...この帝王賞も負けてはいませんぜ。 去年のJCダート馬ニホンピロアワーズに、東京大賞典馬ローマンレジェンド、かしわ記念馬ホッコータルマエ、JBCクラシック馬ワンダーアキュート、川崎記念馬ハタノヴァンクール、去年のフェブラリーS馬テスタマッタといった主要なダートGIの勝ち馬がこの帝王賞で激突! こっちも「頂上決戦」といっていいメンバー構成となりました。

 しかし...どうしましょうかね?これ。これだけの実績ある馬がこれといった一頓挫もなく順調にここに駒を進めてきたとなると...ねぇ。 正直、甲乙つけられませんな。一応、ワンダーアキュートが休み明けだったり、ローマンレジェンド・ハタノヴァンクールがステップレースで結果を出せなかったりと、 多少の減点材料はあったりするのだが、これが「決定的な差」になるとは思えないだけにねぇ。

 まぁ、そんなことを言っていても仕方がないので決めていましょう。帝王賞の予想。ここはちょっと実績的には足りないかもしれないが勢い重視でホッコータルマエを中心にして勝負してみましょうか。 ともに休み明けではあったが、前々走ではニホンピロアワーズ、前走ではローマンレジェンドを破っていることだし、中央のダートよりも地方のダートの方が合っていそうだしさ。 あとは、一叩きしてきっちり変わったニホンピロアワーズ、一叩きして変わりそうなローマンレジェンド、JBCクラシックのように一叩きしなくても結果出せるワンダーアキュートを。

<第36回帝王賞予想>

◎ホッコータルマエ
○テスタマッタ
▲ニホンピロアワーズ
△ローマンレジェンド
△ワンダーアキュート

 ってな感じで印打ってみたが、オッズ次第で他の馬に手を出してしまうかも...

結果

1着ホッコータルマエ
2着ニホンピロアワーズ
3着ワンダーアキュート
4着ハタノヴァンクール
5着テスタマッタ

タイム:2分03秒0 3F:36.8秒
ホッコータルマエ 牡4歳
騎手:幸英明 厩舎:栗東・西浦厩舎
単勝:8番410円
複勝:8番140円、11番120円、3番170円
枠連:6-8 470円 馬連:8-11 460円
枠単:6-8 950円 馬単:8-11 990円
3連複:3-8-11 960円
3連単:8-11-3 3850円
ワイド:8-11 200円
    3-8 440円 8-11 320円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ま、こんなもんかな−?という結果でしたな。
 3着までカバーしてまずまずの3連単もゲットしているし上々の結果。

 という訳で、帝王賞の結果。予想でも書いた通り、ダート路線の主要なGI・JpnI勝ち馬が揃い「頂上決戦」となった今回の帝王賞だったが... そこまで激戦にならずなんだかアッサリ決着してしまいましたなぁ。序盤こそ有力馬が前で競馬しお互いを牽制しあうようなポジションを確保していたが... 勝負所でニホンピロアワーズ・ホッコータルマエが逃げていたワンダーアキュートとの差を詰め、3頭が並んだまま直線に入ると、もうそのまんま。 あとはその3頭の中からホッコータルマエが抜け出し単独の先頭、そしてニホンピロアワーズが逃げ粘るワンダーアキュートを交わして2番手を確保してゴールへ。

 そんなこんなで、勝ったのはホッコータルマエ。相手が相手だったし、これまでのように楽勝とはいかないんじゃないかと思っていたが...あっさり勝ってしまいました。 こういう馬場状態だったことだし早め早めに上がっていったのが功を奏した感じはあるが、まぁ、この連勝が示す通り着実に力つけてきていたんでしょうな。完勝といっていいでしょう。

 ただ、これでダート王の地位は盤石になったかというと...ねぇ。まだ分からんでしょう。特に条件が大きく変わる東京や阪神でこれだけの走りができるかといわれると、 ちと微妙なところがありますからね。今回は敗北したが、東京や阪神に替わることによって浮上してくる馬もいることだろうし...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。