今週のメインdeパツイチ2013
第49回CBC賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第49回 CBC賞 中京・芝1200m  3歳上オープン(GIII) 2013年6月30日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 バーバラ トリトンS 1着 前走上がり勝負はキツかったか。時計要せば。
2 2 ダイシンプラン 朝日CC 7着 一向に良くなる気配無く。距離短縮でも... - -
3 3 ボストンエンペラー 南総S 1着 今年に入って凡走続く。一変あればいいが。 -
4 サドンストーム 水無月S 1着 重賞成績冴えないのが気掛かり。ここでは? -
4 5 ザラストロ 新潟2歳S 1着 2歳時ほどの勢いなく。早熟だったか... - -
6 ザッハトルテ 晩春S 1着 千四がベスト。この距離は甘くなりそうで。 -
5 7 アイラブリリ 淀短距離S 1着 前2走着順ほど負けておらず。嵌まれば。
8 ウインドジャズ 飛騨S 1着 中京に良績あるも2桁着順連発の現状では。 - -
6 9 ヘニーハウンド ファルコンS 1着 ピリっとしない。3歳時の走りは望めない? -
10 エーシンダックマン アイビスSD 2着 いい頃の勢いはない。一変を望むのは... - -
7 11 キョウワマグナム 春雷S 2着 1年ぶりのレースで大敗。まだ時間かかる。 - -
12 ハクサンムーン 高松宮記念 3着 高松宮記念3着は評価も今回休み明けで。 -
8 13 ヤマカツハクリュウ マイラーズC 4着 一度使った効果は見込めるがまだ様子見必要。 - -
14 マジンプロスパー CBC賞 1着 去年の勝ち馬。今回相手関係楽だし連覇も。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第49回CBC賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第49回CBC賞の展望と予想とヨタ話

 今週から本格的に夏競馬がスタートした訳ですが...
 サマーシリーズはもう開幕済っすよ。第49回CBC賞。

 というわけで、このCBC賞。前述している通り、サマースプリントシリーズは函館スプリントステークスで一足先に開幕済。 そんなこんなで、サマースプリントシリーズ第二戦となるのがこのCBC賞なのだが...まぁ、北海道シリーズではなく小倉・新潟を使う馬にとってはここが開幕戦な訳でして。 そっち方面に向かう有力馬が多数参戦してくるのがこのCBC賞。

 しかし、その一方で、サマースプリントシリーズなんて眼中になくゆったりとしたローテでスプリンターズSを目指す馬もちらほらいるのがこのCBC賞。 しかも、この手の馬がきっちり結果を出してしまうんだわ。スリープレスナイトだとかダッシャーゴーゴーだとかマジンプロスパーだとかさ。

 そんなこんなで、CBC賞の予想。毎年それなりの馬が出走してくるのだが...今年は手薄。この組み合わせだったら、やや間隔が開いたり58kg背負わされたりという不安要素があってもマジンプロスパーでいいでしょう。 去年のCBC賞以降勝ち鞍に恵まれないが、一時期のスランプからは脱出したようで、GI・重賞でそれなりに好走していることだしさ。で、あとは、高松宮記念3着のハクサンムーンを...といきたいところだが、逃げ一手な馬で展開に左右されやすいだけにねぇ。 ここは、コケたケースも考慮してアイラブリリやバーバラまで手を広げておきましょうか。

<第49回CBC賞予想>

◎マジンプロスパー
○バーバラ
▲ハクサンムーン
△アイラブリリ
△ザッハトルテ

 ただ、思わぬ馬の大駆けがありそうな気もするだけにねぇ...

結果

1着マジンプロスパー
2着ハクサンムーン
3着サドンストーム
4着ザッハトルテ
5着バーバラ

タイム:1分08秒0(R) 3F:33.8秒
マジンプロスパー 牡6歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・中尾厩舎
単勝:14番360円
複勝:14番140円、12番190円、4番170円
枠連:7-8 790円 馬連:12-14 980円
馬単:14-12 1910円
3連複:4-12-14 1980円
3連単:14-12-4 8000円
ワイド:12-14 400円
    4-14 420円 4-12 660円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。人気馬同士で順当な決着。
 ただ、3着抜けちゃっているのがちょっとなぁ。

 でもって、CBC賞の結果。予想の段階では、思わぬ馬が突っ込んできて波乱になる可能性も考慮していたのだが...何も起こりませんでした。 1〜5番人気が1〜5着を独占、そして1〜3着が人気順で決まるというガチガチの結果に。まぁ、馬券的には人気が割れ気味だったこともあって、それなりの配当にはなりましたが。

 レース自体はエーシンダックマンがハナを奪いにいくもやはりハクサンムーンの方が速く、そのままハクサンムーン単騎逃げの体勢に。 で、ここで大方の位置取りが決まってしまったこともあってか、前半3ハロン通過は34.2秒と飛ばしていった印象の割には速くならず、 その結果、直線に入っても逃げたハクサンムーンが止まらず、そのまま押し切るかの勢い。

 ただねぇ、そう簡単にはいかなかったようで。逃げ込み体勢には持ち込んだものの、好位から競馬していたマジンプロスパーにじわりじわりと差を詰められ、ゴール手前で捕まってしまいました。 結局、勝ったのマジンプロスパー。2着のハクサンムーンをクビ差で下し勝利。

 そんなこんなで、今回の上位2頭。実績を考えれば、まぁ、これ位はやれていいんじゃないかと。 ただ、好不調の波があるようで、安定して結果を出せないのがちょっとねぇ。今回の好走で変わってくれればいいんだが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。