今週のメインdeパツイチ2013
第17回スパーキングレディーカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第17回 スパーキングレディーカップ 川崎・ダ1600m  3歳上牝オープン(JpnIII) 2013年7月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サクラサクラサクラ JBCレディ 3着 すんなり先手とれれば粘るが今回相手が... - -
2 2 トウホクビジン シアンモア記 1着 たまに大駆けあるがさすがにこの条件では。 - -
3 3 カスガ 鳥待月特別 2着 自己条件ならともかくここではさすがに厳しい。 - -
4 サダムグランジュテ 初日の出S 1着 OPでの成績物足りず。距離延長も微妙で... -
4 5 メーデイア マリーンC 1着 この条件なら巻き返しあって当然。順当勝ち? -
6 サマリーズ 全日本2歳 1着 古馬相手だが条件はかなり楽に。一変ある。
5 7 ラヴァリーズーム アクアライン 1着 ここ数戦差のある競馬続く。ここでは... - -
8 ツキノテンシ きさらぎ賞 2着 前2走が負けすぎ。一変あってもここでは。 - -
6 9 レッドクラウディア クイーン賞 1着 この条件なら手堅く走る。展開次第で逆転も。 -
10 エミーズパラダイス エンプレス杯 2着 好調時の走り戻れば通用する馬。大駆けも。 -
7 11 ナターレ しらさぎ賞 1着 今回同型強力。前2戦のようにはいかぬ。 -
12 ハルサンサン TCK女王盃 1着 交流重賞勝ちある馬だがいい頃の走り戻らず。 - -
8 13 クラーベセクレタ JBCレディ 2着 徐々に良化。そろそろ出番ありそうで。
14 マニエリスム マリーンC 4着 交流重賞では入着まで。展開嵌まらぬ限り。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第17回スパーキングレディーカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第17回スパーキングレディーカップの展望と予想とヨタ話

 牝馬にとって大一番となるJBCレディスクラシックはまだ先だが...
 そこへの足掛かりにしたいところ。第17回スパーキングレディーC。

 という訳で、このスパーキングレディーカップ。JBCレディスクラシックとその前哨戦や、冬の牝馬限定交流重賞シリーズといった重賞群からぽつんと離れた時期に行われるレースということもあって、 ダート牝馬路線にあまり影響を与えない一戦となっても不思議ではないのだが...「夏休み前に一戦」という考えがあるのか、何故か有力馬がぽつりぽつりと参戦してくるのがこのスパーキングレディーカップ。 今年も、冬の牝馬限定交流重賞を連勝したメーデイアや、全日本2歳優駿勝ちの3歳馬サマリーズ、JBCレディスクラシック2着のクラーベセクレタという有力馬が出走することに。

 しかし、これらの馬で順当に決着するかと言われると...ちと微妙なところ。前述したように実績的には抜けているのだが、問題は近走成績。 メーデイアはヴィクトリアマイルでブービー、サマリーズはフィリーズレビュー・桜花賞で連続ビリだった上にダートに戻ったユニコーンSでも10着という結果。 クラーベセクレタは休み明けを使いつつ調子を上げているが...地元でこの成績というのはねぇ。まぁ、この条件なら一変あって当然なんだろうけど、一変がなければそこでアウトですからね。

 で、その辺りを踏まえてスパーキングレディーカップの予想を。前述しているように近走成績がアレだったりするが、ここはメーデイアで勝負してみましょう。 サマリーズやクラーベセクレタと比べ一変し易かったりするしさ。あとは牝馬限定重賞では大きく崩れないクラーベセクレタ、そしてサマリーズ・クラーベセクレタを。

<第17回スパーキングレディーカップ予想>

◎メーデイア
○サマリーズ
▲レッドクラウディア
△クラーベセクレタ

 穴っぽいところもカバーしておきたいんだが...
 まぁ、人気の組み合わせだしあまり買い目を増やすのもねぇ。

結果

1着メーデイア
2着サマリーズ
3着レッドクラウディア
4着マニエリスム
5着ハルサンサン

タイム:1分40秒8 3F:40.1秒
メーデイア 牝5歳
騎手:浜中俊 厩舎:栗東・笹田厩舎
単勝:5番140円
複勝:5番100円、6番150円、9番120円
枠連:4-4 580円 馬連:5-6 570円
枠単:4-4 620円 馬単:5-6 780円
3連複:5-6-9 450円
3連単:5-6-9 1430円
ワイド:5-6 230円
    5-9 130円 6-9 420円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、こんなもんだろうけど...
 少し人気と着順が入れ替わったもんでそこそこの配当に。

 レース自体は、スタート直後にサダムグランジュテが落馬した以外はこれといった波乱もなく無難な内容。前につけたメーデイア・サマリーズがそのまんま居残って1・2着確保。 そして、この2頭をマークする形で駒を進めたレッドクラウディアが、最後まで差を詰められず3番手をキープしたまま3着でゴールへ。

 という訳で、勝ったのはメーデイア。前走のヴィクトリアマイルではブービーと散々な結果だったが、ダートに戻ってきっちり巻き返し。 2着のサマリーズとの差は1馬身だったが、まぁ、完勝といっていい内容だったんじゃないでしょうか。あと、2着のサマリーズ。この馬も手頃な条件に戻って巻き返しましたな。 前走のユニコーンSがやや物足りない内容だっただけに、ここまで巻き返せるかちと不安なところもあったが...結果はこれですからね。 これだけやれれば、これから先、ダート重賞戦線でもそれなりの活躍はできるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。