今週のメインdeパツイチ2013
第61回中京記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第61回 中京記念 中京・芝1600m  3歳上オープン(GIII) 2013年7月21日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ワイズリー 朱雀S 1着 54kgなら展開次第でチャンスあり。侮れず。
2 オセアニアボス ダービー卿CT 4着 末脚は相変わらず。多少時計掛かれば... -
2 3 フレールジャック ニューイヤー 2着 もう一押し欲しい。ここでは入着までか。 - -
4 ランリョウオー フリーウェイ 1着 準OPの走り評価。流れに乗れれば重賞でも。
3 5 リルダヴァル 都大路S 1着 実績認めるが何かと詰めが甘い馬なのが... -
6 ドナウブルー ヴィクトリア 2着 実績は認めるが牝馬で56kgはちと酷で。 -
4 7 アカンサス アイルランド 1着 展開嵌まればそれなりに。ただ牝馬で54kgは... -
8 ウインドジャズ 飛騨S 1着 昇級後の成績物足りず。良績ある中京だが... - -
5 9 ムクドク 東風S 1着 前2走が物足りず。重賞では荷が重いか。 - -
10 セイクリッドセブン 尼崎S 1着 ムラ駆けタイプ。走るパターンなら重賞でも。 -
6 11 サトノパンサー プロミネント 1着 一叩きするが2桁着順続きで一変ある? - -
12 ミッキードリーム 米子S 6着 調子上向くが重賞ではさすがに厳しそうで。 - -
7 13 ザラストロ 新潟2歳S 1着 調子やや上向く。52kgだし嵌まれば大駆けも。
14 ファリダット プロキオンS 3着 芝でもOKな馬だが最近切れ味鈍っているのが... - -
8 15 シャイニーホーク 六甲S 1着 重賞成績物足りず。ここでは入着まで。 - -
16 フラガラッハ 中京記念 1着 去年の勝ち馬。ただここまで凡走が続くと... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第61回中京記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第61回中京記念の展望と予想とヨタ話

 他と比べると随分小ぢんまりとしたシリーズですが...
 とりあえずサマーマイルシリーズ開幕。第61回中京記念。

 という訳で、この中京記念。前述している通り、サマーマイルシリーズの開幕戦。ただ、去年始まったばかりだとか、 中京記念・関屋記念・京成杯AHとレース数が少ない上にシリーズを使ったところで次の展望がみえないということもあってか、 どうもメンバーの集まりが悪く、その結果、初代チャンピオンは「なし」という微妙な滑り出しとなったことを考えると...ねぇ。 サマーマイルシリーズ、他と比べて何かと盛り上がりに欠けてしまうのは仕方がないところ。

 で、今年の中京記念。去年のサマーマイルシリーズを踏まえて、シリーズ制覇目指し有力馬が多数参戦してくるような状況になれば良かったのだが...逆手に手薄になってしまうとは。 去年はGI好走馬や重賞勝ち馬がそれなりに名を連ねていたが、今年はこの手の馬がかなり手薄。米子SやパラダイスSといったOP戦とか各種準OP戦の一環として行われていると考えた方がいい一戦になってしまいました。

 となれば、ここは前述の米子SやパラダイスS、そして各種準OP好走馬を中心にして勝負するのが妥当なところ。 勝ちきれない競馬続いたが「安定して準OPで上位を確保した」という面は評価できるランリョウオーとか、前走の朱雀Sの勝ちっぷり評価できるワイズリー、 ムラ駆けタイプっぽくいつ走るか分からんが前走の尼崎Sぐらい走ればチャンスありそうなセイクリッドセブンとかさ。

<第61回中京記念予想>

◎ランリョウオー
○セイクリッドセブン
▲リルダヴァル
△ドナウブルー
△ワイズリー
△ザラストロ

 あと、リルダヴァル・ドナウブルーといった実績馬も一応マーク。

結果

1着フラガラッハ
2着ミッキードリーム
3着リルダヴァル
4着ドナウブルー
5着ワイズリー

タイム:1分33秒5 3F:34.8秒
フラガラッハ 牡6歳
騎手:高倉稜 厩舎:栗東・松永幹厩舎
単勝:16番1190円
複勝:16番440円、12番800円、5番270円
枠連:6-8 3950円 馬連:12-16 22000円
馬単:16-12 35330円
3連複:5-12-16 49430円
3連単:16-12-5 366580円
ワイド:12-16 4720円
    5-16 1710円 5-12 3280円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。いやぁ、これはいろいろムリですわ。
 フラガラッハもミッキードリームもキツいっす...

 そんなこんなで、かなり荒れた中京記念の詳細を。逃げたフレールジャックが勝負所で故障し後退、そのアオりを後続馬が食らったもんで何かと波乱の多いレースとなってしました。 直線では人気のリルダヴァル・ドナウブルーが抜けてくるも、脚色は外を回って伸びてきた馬の方が上。で、結局、フラガラッハ・ミッキードリームが最後の一伸びで馬群から抜け出し、 並んだ状態でゴールに駆け込みそれぞれ1・2着を確保。

 しかし...この上位馬はちょっとねぇ。フラガラッハは去年このレースを勝っていたりするが、その後、2桁着順連発と今一つな内容続いたことを考えるとなかなか手を出しづらいし、 ミッキードリームは前走6着で多少復調気配みせるも、それ以前の成績が2桁着順ばかりだったりするし。まぁ、元々重賞勝ちある馬だし「本来の走りを取り戻した」と考えれば、 まぁ、分からんでもない結果だが...うーん。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。