今週のメインdeパツイチ2013
第48回北九州記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第48回 北九州記念 小倉・芝1200m  3歳上オープン(GIII) 2013年8月18日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アイラブリリ 淀短距離S 1着 2桁着順続く。得意の小倉でも巻き返しは... - -
2 2 ザッハトルテ CBC賞 4着 ベストの条件ではないが52kgだし多少は。
3 カラフルデイズ 山城S 1着 昇級後の成績物足りず。ここが壁のようで。 - -
3 4 テイエムタイホー 淀屋橋S 1着 準OP止まりの印象強く。重賞では苦しい。 - -
5 サドンストーム CBC賞 3着 CBC賞の末脚評価。前崩れなら台頭も。
4 6 ローガンサファイア マーガレット 1着 距離短縮&50kgで巻き返しあっていい。注意。
7 ツルマルレオン オーシャンS 3着 この条件ならもう少しやれる。3着なら。
5 8 アンシェルブルー セントウルS 3着 いい頃の走りなく。入着あれば上々か。 - -
9 ケンブリッジエル 斑鳩S 6着 準OPで中途半端な競馬ばかり。重賞では。 - -
6 10 キョウワマグナム 春雷S 2着 嵌まればいい脚使う。展開次第で大駆けも。 -
11 ハノハノ バーテンC 2着 重賞ではちと足りない。展開の助けが必要。 - -
7 12 マイネルエテルネル バーデンC 1着 斤量増が少し気掛かり。上位は狙えそうだが... -
13 ニンジャ 九州スポ杯 1着 末脚なかなかも、この面子だとさすがに。 -
8 14 バーバラ 佐世保S 1着 準OPはすんなり脱出したが重賞でどこまで。 - -
15 スギノエンデバー 北九州記念 1着 去年の勝ち馬。流れ向けば連覇あっても。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第48回北九州記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第48回北九州記念の展望と予想とヨタ話

 今週は2000だけじゃなくスプリントもありますよ。
 シリーズもそろそろ佳境に。第四戦・第48回北九州記念。

 という訳で、この北九州記念。前述している通り、サマースプリントシリーズも佳境に入り、あとはキーンランドCとセントウルSを残すのみ。 「ここでポイントを上積みしてシリーズ制覇を決定的なものにしたい」という考えのもと、この北九州記念に参戦してくる有力馬もいたりするのだが、 なかなかそういう感じにはならず、結局、最終戦のセントウルSまで持ち越しなんてことは、割とありがちな話。

 で、今年の北九州記念はというと...そもそもシリーズに絡んでくるような馬がいませんな。現在首位のハクサンムーンやCBC賞勝ちのマジンプロスパーは、シリーズよりも、 その後のスプリンターズSを目標にしていることもあってか、ここには出走して来ていないし、函館SS組は北海道にそのまま居残ってキーンランドCに出走することもあって、 この北九州記念にはあまり出走して来ていないし。

 とはいえ、何だかんだいってもサマースプリントシリーズのうちの一戦。今回は単にシリーズ制覇を狙える馬がいないだけ。函館SS・CBC賞・アイビスSD組が中心となるのは相変わらず。 でもって、予想もこれらのサマースプリント組を狙うのが妥当でしょう。いい末脚使って上位に突っ込んできたサドンストームやスギノエンデバーとかさ。まぁ、展開が鍵だけど。

<第48回北九州記念予想>

◎サドンストーム
○キョウワマグナム
▲スギノエンデバー
△ローガンサファイア
△ザッハトルテ
△ツルマルレオン

 あと、3歳ということで50kgで出られるローガンサファイアも怖いですな。

結果

1着ツルマルレオン
2着ニンジャ
3着バーバラ
4着ローガンサファイア
5着スギノエンデバー

タイム:1分06秒7 3F:34.5秒
ツルマルレオン 牡5歳
騎手:小牧太 厩舎:栗東・橋口厩舎
単勝:7番1020円
複勝:7番350円、13番300円、14番220円
枠連:4-7 1080円 馬連:7-13 4630円
馬単:7-13 9480円
3連複:7-13-14 8770円
3連単:7-13-14 55230円
ワイド:7-13 1670円
    7-14 1250円 13-14 800円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。一応、印は売っているんだが...
 肝心の軸馬が来ないのではなぁ。ローガンも4着まで。

 でもって、北九州記念の結果。なんだかんだあってかなり時計を要す馬場状態となっていた札幌記念とは打って変わって、こっちは怒濤の高速馬場。 そんな馬場状態だったこともあって、アイラブリリが前半3ハロン通過が32.6秒とかなりのペースで逃げたにも関わらず、なかなか止まらず。 ただ、さすがに重賞。押し切りは叶わず、そこをツルマルレオン・ニンジャ・バーバラ・ローガンサファイアに強襲され終了。

 で、その差し馬勢から抜けてきたのがツルマルレオン。ニンジャも連れて上がってきたが、これを3/4馬身振り切って先頭でゴールへ。 あとは一足先に動いた人気のバーバラが3着、直線一気で突っ込んできたローガンサファイアが4着。

 そんなこんなで、勝ったツルマルレオン。展開がいい塩梅に嵌まったのは確かだが、去年の夏は北九州短距離Sを勝っていたり、 オーシャンSやシルクロードSでいい末脚を使って掲示板確保していたりと、相応の能力は持っている馬。 まぁ、こういう結果になるのも分からんでもない、といったところでしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。