今週のメインdeパツイチ2013
第49回新潟記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第49回 新潟記念 新潟・芝2000m  3歳上オープン(GIII) 2013年9月1日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サンシャイン 愛知杯 2着 52kgなら牡馬相手でも多少は。ヒモで一考。 -
2 2 ニシノメイゲツ 七夕賞 5着 ここ1年近く入着すらなく。53kgでも... - -
3 3 ダコール 小倉大賞典 2着 末脚は確実。直線長い新潟なら勝ち切っても。
4 コスモネモシン 福島牝馬S 2着 多少調子上向く。ただそれでもここでは... - -
4 5 カリバーン オールカマー 3着 2桁着順続く。53kgでも大きく変わらぬか。 - -
6 レインスティック 新潟日報賞 1着 新潟に良績あるも去年秋以降の成績散々では... - -
5 7 カルドブレッサ 日経新春杯 4着 重賞でも好走ある馬。54kgだしここなら。
8 ファタモルガーナ ステイヤーズ 2着 末脚なかなか。新潟なら大駆けあっても。
6 9 エクスペディション 小倉記念 1着 今年は去年ほどの勢いなく。ちと辛い。 - -
10 ニューダイナスティ 関ヶ原S 1着 前走、後の小倉記念馬を破る。昇級戦でも。
7 11 ブリッジクライム 三面川特別 1着 51kg魅力だが重賞となるとさすがに辛く。 -
12 ラッキーバニラ 日本海S 1着 2桁着順続く。このクラスは荷が重いか。 - -
8 13 トレイルブレイザー 京都記念 1着 前走悪くない内容。反動無ければここでも。 -
14 アカンサス アイルランド 1着 最近は入着すら厳しく。多くは望めぬ。 - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第49回新潟記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第49回新潟記念の展望と予想とヨタ話

 サマー2000シリーズもここでついに決着!
 ...って言ってみたが、ねぇ。第49回新潟記念。

 そんなこんなで、前述している通り、サマー2000シリーズの最終戦となるのがこの新潟記念。ここでシリーズの覇者が決定することになるのだが...ねぇ。 函館記念・札幌記念を連勝したトウケイヘイローを逆転することができる唯一の馬・マイネルラクリマがこの新潟記念に出てこなかった時点でもう終了。

 という訳で、盛り上がりを欠く一戦となってしまったこの新潟記念。シリーズも決着してしまったこともあってか、出走馬もどうもイマイチ。 とりあえず、七夕賞上位のトレイルブレイザーや、それなりの末脚を使って上位を手堅く確保しているダコールといった実績馬がいるだけに、 この辺りから勝負するのが妥当な所だが...今回はカルドブレッサで勝負してみましょう。日経新春杯4着があるように重賞でも通用するだけの能力を持っている馬だが、 今回は準OPからの昇級ということもあってか54kgとかなり有利なハンデだったりするし。

<第49回新潟記念予想>

◎カルドブレッサ
○ファタモルガーナ
▲ダコール
△トレイルブレイザー
△ニューダイナスティ

 あとは無難に実績を。ハンデ戦だけど極端な波乱はないかな?

結果

1着コスモネモシン
2着エクスペディション
3着ファタモルガーナ
4着ダコール
5着ニューダイナスティ

タイム:1分58秒9 3F:34.7秒
コスモネモシン 牝6歳
騎手:松岡正海 厩舎:美浦・清水英厩舎
単勝:4番6530円
複勝:4番1380円、9番390円、8番360円
枠連:3-6 800円 馬連:4-9 20450円
馬単:4-9 58620円
3連複:4-8-9 58340円
3連単:4-9-8 558010円
ワイド:4-9 4570円
    4-8 5610円 8-9 1670円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。これはいかんなぁ。
 極端な波乱はないと予想していたのだが、これでは...

 という訳で、新潟記念の結果。前述している通り、10番人気のコスモネモシンが1着、8番人気のエクスペディションが2着、7番人気のファタモルガーナが3着と、 人気薄が上位独占したこともあって、馬連2万、馬単5万、3連復5万、3連単55万という波乱の結果になってしまいました。

 レース自体は、これといった逃げ馬がいなかったこともあって、エクスペディションが押し出されるような形で逃げる展開に。道中もこの隊列は大きく変わらず、馬群は一団のまま直線へ。 あとは長い直線での追い比べ勝負...となったのだが、結局どの馬も伸びてきませんでした。終始、逃げたエクスペディションと内を回ってこのエクスペディションに迫ったコスモネモシンの争い。 で、残り100m付近で半馬身ほど先に出たコスモネモシンがその差を最後まで保ち先頭でゴールへ。

 しかしなぁ、ここにきてコスモネモシンですか。3歳時にフェアリーSを勝ち、その後も牝馬限定重賞ではちょいちょい上位に来ていた馬だが、ここ数戦は精彩を欠き2桁着順連発。 前走のクイーンSではブービーながらも多少は差を詰め復調気配は窺えたのだが...いきなりこの結果はさすがに予想できませんでしたわ。 まぁ、前述したように重賞でも通用するだけの能力は持っている馬だし、ちゃんと走るようになればこれくらいはやれていいんでしょうけど...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。