今週のメインdeパツイチ2013
第47回スプリンターズステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第47回 スプリンターズステークス 中山・芝1200m  3歳上オープン(GI) 2013年9月29日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 グランプリボス マイルCS 2着 実績あるし鉄砲駆けする馬だが相手強力で... -
2 フォーエバーマーク キーンランド 1着 堅実駆けは評価もこの相手だとどこまで? - -
2 3 アドマイヤセプター 京阪杯 2着 大きく崩れないがこの相手ではさすがに。 - -
4 サンカルロ 高松宮記念 2着 ここ1年ぐらいの成績が冴えず。衰えが... - -
3 5 マヤノリュウジン ディープC 4着 前走の7着で決着ついたか。ここは入着まで。 - -
6 ドリームバレンチノ 高松宮記念 2着 去年は3着。叩き2戦目で上積み見込め。 -
4 7 ハクサンムーン セントウルS 1着 この充実っぷり侮れず。前走の再現あっても。 -
8 パドトロワ スプリンタS 2着 前2走は条件合わず。一昨年2着の舞台で。 -
5 9 サドンストーム CBC賞 3着 末脚ある。前崩れになれば多少はチャンスも。 -
10 ロードカナロア 安田記念 1着 一叩きした上に斤量1kg減。巻き返しは必至で。 -
6 11 スギノエンデバー 北九州記念 1着 今年の成績がちと足りず。ここは展開頼み。 - -
12 アウトクラトール 福島民友C 1着 重賞の結果冴えず。ここでは出番なしか。 - -
7 13 サクラゴスペル オーシャンS 1着 東京芝千四がベストだがこの条件も悪くなく。 -
14 マイネルエテルネル 小倉2歳S 1着 古馬相手に善戦。今回相手揃うがそこそこは。 -
8 15 マジンプロスパー CBC賞 1着 立ち直る。仕上がっていれば上位争いできる筈。 -
16 シルクフォーチュン フェブラリS 2着 京王杯SCの末脚再評価。中山1200mなら怖い。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第47回スプリンターズステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第47回スプリンターズステークスの展望と予想とヨタ話

 このレースで秋のGIシリーズ、開幕です。
 短距離路線の頂点へ。第47回スプリンターズステークス。

 で、今年のスプリンターズステークス。それなりに結果出している海外勢がいないのがちと残念ですが...まぁ、この馬が出てくるのであれば問題ないでしょう。ロードカナロア。 去年、このレースでカレンチャンを破り短距離路線の頂点に立つと、その勢いのまま香港スプリントまで制覇。そして、今年の春は順当に高松宮記念を制覇しただけではなく、 マイルの安田記念までも制覇するなど大活躍。

 そんなこんなで、今回のスプリンターズS。そんなロードカナロアが出走してきたとなると、もうこの馬中心で勝負するしかないような気もするが... 前哨戦のセントウルSで2着に負けていることを考えるとねぇ。他の馬にもまだチャンスはあるんじゃないでしょうか。逃げ馬不在でハクサンムーンが前走同様楽に行けたりするし、 函館SSでロードカナロアを破ったドリームバレンチノ、CBC賞でハクサンムーンを破ったマジンプロスパーも調子を上げてここに出てきたことだしさ。 まぁ、ロードカナロア自身も休養明け2戦目で上積み見込めるし、直線坂のある中山で前の馬を捕らえやすいことを考慮すれば、そう簡単には負けないでしょうけど。

<第47回スプリンターズステークス予想>

◎ロードカナロア
○シルクフォーチュン
▲ハクサンムーン
△ドリームバレンチノ
△マジンプロスパー

 穴狙うならば、末脚強烈な馬かねぇ。
 シルクフォーチュンとかサドンストームとかさ。

結果

1着ロードカナロア
2着ハクサンムーン
3着マヤノリュウジン
4着マジンプロスパー
5着アドマイヤセプター

タイム:1分07秒2 3F:34.3秒
ロードカナロア 牡5歳
騎手:岩田康成 厩舎:栗東・安田隆厩舎
単勝:10番130円
複勝:10番110円、7番180円、5番1180円
枠連:4-5 390円 馬連:7-10 400円
馬単:10-7 530円
3連複:5-7-10 13070円
3連単:10-7-5 28020円
ワイド:7-10 230円
    5-10 1780円 5-7 8170円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、こんなところでしょう。
 ただねぇ、3着のマヤノリュウジンはさすがにねぇ...

 でもって、スプリンターズステークスの結果。勝ったのは1番人気のロードカナロア。前哨戦のセントウルSで2着に敗れていたりしたが、休み明け2戦目のここできっちりリベンジ。 前走同様ハクサンムーンが逃げ、そして直線でも押し切るかの勢いで先頭を確保していたが、これを力でねじ伏せ3/4馬身差前に出て先頭でゴールへ。

 レース自体も、これといった波乱もなく順当な内容。ハクサンムーンが馬場入り直後から暴れ気味だったが、これもスタートする頃には落ち着き、すんなりレースへ。 あとは、前述したようにハクサンムーンが逃げ、これを中団から競馬したロードカナロアが直線の坂を登り切った辺りで捕らえ勝つという結果。 ただ、3着のマヤノリュウジンは人気的にも「いつの間にそこに!」といった位置取り的にもビックリでしたが。

 まぁ、それはともかく。勝ったロードカナロア。圧勝だとか完勝だとかいえるほどの着差や内容ではなかったが...いやぁ、やはりこの馬は強いですなぁ。 相変わらずハクサンムーンが好調で、他馬(ロードカナロアを除く)と比較しても一頭抜け出た存在ではあったんだろうけど...それよりも上にこのロードカナロアがいたような感じ。 真っ当な状態ならロードカナロア、もうそう簡単に負けないんじゃないかと...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。