今週のメインdeパツイチ2013
第47回東京盃出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第47回 東京盃 大井・ダ1200m  3歳上オープン(JpnII) 2013年10月2日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 テスタマッタ フェブラリS 1着 実績馬なだけに上位は確保しそうだが1着は? -
2 2 アイディンパワー 川崎スプ 1着 そこそこの末脚使う。前崩れになれば多少は。 -
3 サイオン エルムS 5着 準OP好走時の走り戻ればいいが近走みる限り... -
3 4 オーセロワ 安土城S 4着 いい頃の走りなく。行き切っても粘りは... - -
5 コアレスピューマ ゆりかもめOP 1着 交流重賞の成績散々。ここでは通用しないか。 - -
4 6 トウホクビジン シアンモア記 1着 もう交流重賞では厳しい。入着も望み薄か。 - -
7 ハードデイズナイト アフター5賞 1着 前走まずまずの相手に快勝。52kgだし注意。 -
5 8 ケンブリッジエル シルクロード 3着 2桁着順付近をウロウロ。大きくは変わらぬ。 - -
9 ブレーヴキャンター オッズパーク 1着 力不足。距離短縮でもこの相手では... - -
6 10 ティアップワイルド かきつばた記 1着 この条件ならそれなりに。ヒモで一考。
11 セレスハント 北海道SC 1着 大井ダ1200m大崩れなく。手堅く上位確保。
7 12 スターボード 川崎スプ 1着 交流重賞3着ある馬だが春の東京SPビリは... - -
13 アドマイヤサガス エニフS 1着 重賞でも差のない競馬している。ここでも。
8 14 タイセイレジェンド JBCスプ 1着 条件良くなる。が、前2走の甘さ気になって。 -
15 ピースオブパワー 大沼S 3着 2桁着順続く。一叩きしても一変は望み薄で。 - -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第47回東京盃枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第47回東京盃の展望と予想とヨタ話

 スプリンターズSも終わり短距離路線は一段落。
 といいたいが、ダートはここからが勝負。第47回東京盃。

 という訳で、この東京盃。先週の日本テレビ盃に続いて「Road to JBC」と銘打たれた重賞だが、JBCはJBCでもこっちはJBCスプリントに向けての一戦。 まぁ、今年はそのJBCスプリントが金沢での開催ということで距離が1400mとスプリントからややズレた条件になっていることもあって、この東京盃が本当にステップになるか微妙なところですけどね。

 とりあえず、それは一旦置いておいて。東京盃の予想。夏場に行われた北海道スプリントカップ・クラスターカップ辺りのダート短距離重賞の流れを受けて、 この東京盃の予想をするのが妥当なところでしょうけど...どの重賞も決め手がないのがねぇ。北海道SCは出走メンバーが微妙だったし、 クラスターCはメンバーこそかなり揃ったが、そこで2着に入ったタイセイレジェンドが次のオーバルSPで微妙な内容の2着だったことを考えると、そのクラスターCの結果をそのまま鵜呑みにする訳にもいかんし。

 ...と、まぁ、こういう状態だもんで、今回は別路線の馬を狙ってみましょうか。中心はアドマイヤサガス。前走のエニフS快勝だけではなく、プロキオンSでも前と差のない競馬していることを考えれば能力的には重賞でも通用していい馬。 あと、他の実績馬に比べ56kgと少し軽めの斤量で出られるのも○だしさ。で、あとは無難にタイセイレジェンド・テスタマッタといった実績馬に、この手の重賞で結果を出しているセレスハント・ティアップワイルド辺りを。

<第47回東京盃予想>

◎アドマイヤサガス
○セレスハント
▲タイセイレジェンド
△ティアップワイルド
△テスタマッタ

 あと、勢いや斤量を考慮すればハードデイズナイトも怖いですな。

結果

1着タイセイレジェンド
2着テスタマッタ
3着アドマイヤサガス
4着ティアップワイルド
5着アイディンパワー

タイム:1分11秒0 3F:36.6秒
タイセイレジェンド 牡6歳
騎手:内田博幸 厩舎:栗東・矢作厩舎
単勝:14番220円
複勝:14番110円、1番130円、13番130円
枠連:1-8 510円 馬連:1-14 500円
枠単:8-1 890円 馬単:14-1 900円
3連複:1-13-14 540円
3連単:14-1-13 2510円
ワイド:1-14 190円
    13-14 190円 1-13 410円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。とりあえず来たことは来たが...
 順序がちょっとねぇ。アドマイヤサガスは3着だし。

 まぁ、それはともかく。東京盃の結果。1〜3番人気が上位を独占するという無難な結果。勝ったのは1番人気のタイセイレジェンド。 好位追走から早め先頭、そして直線に入ってもその勢いは衰えることなく後続との差を広げ、最終的には2着のテスタマッタに3・1/2馬身の差をつけ完勝。

 そんなこんなで、勝ったのはタイセイレジェンド。ここ数戦勝ちきれない競馬続いたが、叩き3戦目でさらなる上積みがあったのか、 今回は前走のように伸び悩むことなくしっかりと足取りでゴールまで駆け抜け、この結果に。いい頃のデキには戻ったんじゃないでしょうか。

 2着以下も、まぁ、妥当なところ。とりあえず、マイル〜中距離だけではなくスプリントでもやれる目処が立ったテスタマッタとか、 外からまずまずの脚で突っ込んできたアイディンパワーは、それぞれ個別に評価していいんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。