今週のメインdeパツイチ2013
第18回秋華賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第18回 秋華賞 京都・芝2000m  3歳牝オープン(GI) 2013年10月13日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 スマートレイアー 夕月特別 1着 末脚はなかなか。前崩れになれば多少は。 -
2 シャトーブランシュ ローズS 2着 前走は馬場の助けあってのもの。今回は... - -
2 3 ティアーモ 西海賞 1着 オークス6着有。流れに乗れば3着なら。
4 コレクターアイテム アルテミスS 1着 前走よりも春の凡走が問題。ここでは。 - -
3 5 セキショウ 紫苑S 1着 今回相手強くなり。前走のようには... - -
6 ウリウリ ローズS 3着 馬場悪化に乗じて突っ込んだ感有。ここでは。 - -
4 7 トーセンソレイユ エルフィンS 1着 前走は馬体重+32kg堪えたか。叩き2戦目で。
8 マコトブリジャール 西部スポニチ 1着 紫苑Sが案外。OPでは荷が重いようで... - -
5 9 ノボリディアーナ 白百合S 1着 ワンパンチ足りない。展開嵌まらぬ限り。 - -
10 サクラプレジール フラワーC 1着 オークスが負けすぎ。一変あればいいが。 -
6 11 リボントリコロール 紫苑S 2着 堅実駆け評価もGIとなるとさすがに辛い。 -
12 エバーブロッサム オークス 2着 ローズSは馬場に泣かされた感有。良なら。 -
7 13 リラコサージュ フラワーC 3着 前走は条件全く合わず。巻き返しはある。 -
14 デニムアンドルビー オークス 3着 能力はGIでも通用する馬。あとは展開次第か。 -
15 ビーナストリック 羊ヶ丘特別 1着 スピード不足。時計掛かる馬場じゃないと。 - -
8 16 メイショウマンボ オークス 1着 あの条件で4着なら悪くなく。ここなら。 -
17 ローブティサージュ 阪神JF 1着 伸び悩む。2歳の頃の走りはもう望めぬか。 - -
18 セレブリティモデル 忘れな草賞 1着 前3走ケツ争いばかり。スピード不足。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第18回秋華賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第18回秋華賞の展望と予想とヨタ話

 今年の3歳牝馬クラシック三冠は波乱続き。
 やはり三冠目のここも波乱に?第18回秋華賞。

 という訳で、この秋華賞。3歳牝馬クラシックの三冠目。今年は「レースをやる度に勢力図か変わる」というなんとも掴み所ない展開。 最終戦となるこの秋華賞でこの乱戦にも終止符が打たれるのか、それともここでももう一転して収拾がつかなくなるのか、気になるところだが... この秋華賞のステップとなるローズSがああいう結果だっただけにねぇ。もう一転しちゃうんじゃないかなー。

 でもって、その辺りを踏まえて秋華賞の予想を。オークス馬メイショウマンボを筆頭に、2・3着のエバーブロッサム・デニムアンドルビーとオークス上位馬が揃ってはいるが、 この3頭が揃って出走したローズSの結果を考えると...オークスの着順通りの決着にはならなそうな雰囲気。まぁ、「馬場状態が悪かった」という不確定要素があったことを考えれば、 これが実力通りの結果ではないんだろうけど...

 という訳で、ここはオークス3着馬のデニムアンドルビーの逆転に期待してみましょうか。前走のローズSは前述したような理由であまりアテには出来ないが、 フローラSの勝ちっぷりは評価できるしさ。あと、比較的時計の出る今の京都なら、34秒台ぐらいの末脚しか使ったことがないメイショウマンボよりも瞬発力で優位に立てそうだし。

 あとは、ローズSは馬体重+32kgが堪えた感のあるトーセンソレイユの巻き返しとか、前で楽に競馬できればそのまま前残りありそうなティアーモ辺りもアリなんじゃないでしょうねぇ。 でもって、オークス上位のメイショウマンボ・エバーブロッサムも一応マーク、といった感じで。

<第18回秋華賞予想>

◎デニムアンドルビー
○トーセンソレイユ
▲メイショウマンボ
△エバーブロッサム
△ティアーモ

 末脚だけならスマートレイアーもアリなんですけどねぇ。

結果

1着メイショウマンボ
2着スマートレイアー
3着リラコサージュ
4着デニムアンドルビー
5着リボントリコロール

タイム:1分58秒6 3F:35.5秒
メイショウマンボ 牝3歳
騎手:武幸四郎 厩舎:栗東・飯田明厩舎
単勝:16番520円
複勝:16番200円、1番180円、13番2260円
枠連:1-8 630円 馬連:1-16 950円
馬単:16-1 2250円
3連複:1-13-16 50030円
3連単:16-1-13 233560円
ワイド:1-16 500円
    13-16 9820円 1-13 7480円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印は打っているんだがなぁ...
 穴っぽいところまでカバーしているのに微妙に抜けてアウト。

 まぁ、それはともかく。秋華賞の結果。今年の3歳牝馬クラシック路線はやる度に勢力図が変わるという何とも不安定な状態だったが... そんな混沌とした状態にもようやく終止符が打たれたようで。オークスを勝ったメイショウマンボがここでもきっちり走り二冠達成。 ただ、2着以下がちょっとアレなだけに一部の馬が混沌から抜け出せただけっぽいですけど。

 レース自体は、ビーナストリックが後続を離して逃げる展開。そして勝ったメイショウマンボはいつも通り中団より後ろからの競馬。 前半1000m通過が0:58.9とそこそこのペースだったこともあって、展開の有利不利はなし。あとは、メイショウマンボが直線に入ってこれまでのような末脚を使って進出。 最後の伸び自体は外から伸びてきたスマートレイアーやリラコサージュの方が上だったが、一足先に動いてリードを奪っていた分、これらを凌いで先頭でゴールへ。

 という訳で、勝ったのはメイショウマンボ。秋緒戦のローズSはああいう馬場状態だったこともあって能力を発揮できずに終わったが、 今回は良馬場ということできっちり巻き返してこの結果に。まぁ、最大のライバルとなる筈だったデニムアンドルビーがどうも今一つだった分、 こういう結果になったと考えられなくもないだけに、この勝利をどこまで評価していいのか分からん部分もあるんだが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。