今週のメインdeパツイチ2013
第26回マイルチャンピオンシップ南部杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第26回 マイルチャンピオンシップ南部杯 盛岡・ダ1600m  3歳上オープン(JpnI) 2013年10月14日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 コスモワッチミー サマーCh 3着 手薄な交流重賞で入着までの馬。JpnIでは。 -
2 2 グランシュヴァリエ 二十四万石賞 1着 JpnIでも好走した時期あったが最近は... - -
3 3 グレープブランデー フェブラリS 1着 能力認めるがちと間隔開きすぎ。様子見。 -
4 4 ダイショウジェット 南部杯 2着 去年の2着馬。展開頼みな面あるが嵌まれば。 -
5 トウホクビジン シアンモア記 1着 盛岡マイルに良績あるも嵌まって入着まで。 -
5 6 エプソムアーロン 園田FCスプ 1着 7連勝中だが中央・南関東の成績考えると... - -
7 セイカアレグロ 金沢スプC 2着 プロキオンS14着が問題。この相手では。 - -
6 8 エスポワールシチー 南部杯 1着 去年の勝ち馬。仕上がっていれば連覇も。 -
9 アドマイヤロイヤル プロキオンS 1着 堅実駆け評価。流れに乗れればここでも。
7 10 セイクリムズン フェブラリS 4着 マイルは大丈夫。フェブラリーSぐらい走れば。
11 コスモフィナンシェ すずらん賞 1着 マーキュリーCのビリが問題。交流JpnIでは。 - -
8 12 ホッコータルマエ 帝王賞 1着 手頃な相手。きちっと仕上がってさえいれば。
13 ランドオウジ 青藍賞 3着 前走で決着済。この条件は荷が重くて。 - -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第26回マイルチャンピオンシップ南部杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第26回マイルチャンピオンシップ南部杯の展望と予想とヨタ話

 今週から本格的に秋のGIシリーズが始まりましたが...
 ダートでもGIが始まりますよ。第26回マイルCS南部杯。

 という訳で、このマイルCS南部杯。この後にJBCシリーズやJCダートといった大一番が待っていたり、 JpnIではあるが「Road to JBC」とか銘打たれていたりして、どちらかというとこれらのレースの前哨戦といった色合いの濃い一戦になっているが...一応、JpnIです。 このレースで秋〜冬のダートGI路線、開幕です。

 で、そんな南部杯。前述しているように、何かと立ち位置が微妙なレースだが...さすがにJpnIということもあって、 かしわ記念・帝王賞を完勝したホッコータルマエに、フェブラリーS勝ちのグレープブランデー、去年この南部杯を圧勝し今年もフェブラリーS・かしわ記念2着と結果を残しているエスポワールシチーといったGI馬がこの南部杯に参戦。

 ただねぇ、これらの馬、目標が次のレースということもあってか、どの馬も休み明け。能力を発揮できる程度まで仕上がっていれば問題ないのだが、 3年前にはエスポワールシチーが休み明けでやらかし連勝ストップしたことを考えると...ねぇ。実績はあっても順調さを欠くと思わぬ敗北を喫することになるだけに、過信は禁物。

 でもって、その辺りを踏まえて南部杯の予想を。実績を考えれば、ホッコータルマエ・グレープブランデー・エスポワールシチーの三強対決になってもいいのだが、 フェブラリーS以来の出走となるグレープブランデーはさすがに狙い辛いところ。今回はそのグレープブランデーの代わりにアドマイヤロイヤルを入れてこの3頭で勝負してみましょう。 あと、フェブラリーSで人気薄ながら4着に入ってきたり、さきたま杯ではテスタマッタ、プロキオンSではアドマイヤロイヤルといった強敵と互角にやりあっているセイクリムズンも侮れないですな。

<第26回マイルチャンピオンシップ南部杯予想>

◎ホッコータルマエ
○セイクリムズン
▲エスポワールシチー
△アドマイヤロイヤル
△グレープブランデー

 ...うーん。もう少し絞らないと馬券的にはキツいかも。

結果

1着エスポワールシチー
2着ホッコータルマエ
3着セイクリムズン
4着グレープブランデー
5着アドマイヤロイヤル

タイム:1分35秒1 3F:35.1秒
エスポワールシチー 牡8歳
騎手:後藤浩輝 厩舎:栗東・安達厩舎
単勝:8番450円
複勝:8番120円、12番100円、10番190円
枠連:6-8 160円 馬連:8-12 200円
馬単:8-12 760円
3連複:8-10-12 860円
3連単:8-12-10 4090円
ワイド:8-12 130円
    8-10 620円 10-12 280円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。来たことは来たんだが...
 エスポワールシチーの1着付けはちょっとキツいねぇ。

 という訳で、マイルチャンピオンシップ南部杯の結果。それなりに時計が出たレースだったが、前崩れどころか前残りの競馬になってしまいました。 エスポワールシチーが逃げ、そしてこれをホッコータルマエ、グレープブランデー、セイクリムズンが追いかける展開で、最後までそのまんま。 直線入ったところで逃げたエスポワールシチーが後続を突き放し独走態勢、2着も好位追走から抜けてきたホッコータルマエが単独2番手を確保し、 それぞれそのままの順序でゴールへ。

 そんなこんなで、勝ったのはエスポワールシチー。春はグレープブランデー・ホッコータルマエに敵わず2着続きだったが、 今回はすんなり自分の競馬が出来た上に比較的時計が出やすいダートだったことも幸いして見事リベンジ。 ただ、そのホッコータルマエ・グレープブランデーがともに休み明けだったことを考えるとねぇ。 今回の勝利で決着がついたと判断するのは早計でしょう。叩き2戦目でどこまで上積みできるか、それ次第でこの序列は変わってくるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。