今週のメインdeパツイチ2013
第16回富士ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第16回 富士ステークス 東京・芝1600m  3歳上オープン(GIII) 2013年10月19日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ブリッツェン ダービー卿CT 1着 ジリ。東京で時計勝負になると苦しく。 - -
2 2 インパルスヒーロー NHKマイルC 2着 前走が負けすぎ。一叩きして変わればいいが。 -
3 リルダヴァル 都大路S 1着 堅実に走るが詰め甘い。ここでは3着まで。 -
3 4 シャイニープリンス NHKマイルC 6着 一叩きした効果あるが今回相手揃って。 - -
5 ブレイズアトレイル 秋風S 1着 相手強化が問題も前で楽に競馬できれば。
4 6 サンレイレーザー マイラーズC 2着 末脚見劣らぬ。仕上がっていれば出番も。 -
7 レッドアリオン NHKマイルC 4着 秋緒戦が負けすぎ。一変あればいいのだが... -
5 8 オセアニアボス 信越S 2着 たまに大駆けする馬。だがこの相手では。 -
9 ダノンシャーク 安田記念 3着 安田記念を再評価。展開向かなくても自力で。 -
6 10 カシノピカチュウ ラジオNIKKEI 2着 大きくは負けていないがもう一押しないと。 -
11 ガルボ ダービー卿CT 1着 近走着順は今一つも差は僅か。まだ見限れぬ。
7 12 リアルインパクト 安田記念 1着 今年の成績散々。得意の条件で巻き返しある? - -
13 マックスドリーム 七夕賞 4着 パンチ不足。この条件では入着が精一杯。 - -
8 14 エーシンミズーリ 米子S 1着 OPまでの馬っぽく。今回相手も揃うし... -
15 ダノンヨーヨー 安田記念 4着 多少持ち直すがいい頃ほどは走らなくて。 - -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第16回富士ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第16回富士ステークスの展望と予想とヨタ話

 ここで結果を出してGI戦線に殴り込み。
 マイルCSへのステップ、第16回富士ステークス。

 ...といってみたものの、この富士ステークス。ステップとして手頃な条件ではあるが、有力馬は毎日王冠やスワンS、天皇賞秋からマイルCSに向かうこともあってか、 マイル路線の一線級が集結といったことにはならないようで。毎年、それなりの馬がここを勝つのだが、実際に本番で結果を出したのはエイシンアポロンぐらいだったりするし。

 ただねぇ、今のマイル戦線、メンバーがやや手薄だったりすることを考えれば、この富士ステークス組でも十分チャンスはあるんじゃないでしょうか。 幸い、今年は安田記念3着のダノンシャークに、NHKマイルカップ2・4着のインパルスヒーロー・レッドアリオンとGIで好走した馬が多数出走していることだしさ。 ここを好内容で勝ったりすればマイルCSでも勝ち負けできていいでしょう。まぁ、安田記念にロードカナロアが出てきたようなことがマイルCSでも起こっちゃうとアレですけど...

 まぁ、それはそれとして富士ステークスの予想。前述しているようにマイルGIで好走している馬がいることだし、これらの馬で勝負...といきたいところだが、 NHKマイルカップ上位組がちょっとねぇ。インパルスヒーローは京成杯AHで12着、レッドアリオンがポートアイランドSで13着と、ともに秋緒戦で大敗。 叩き2戦目での一変に期待してもいいのだが、ここは順当に休み明けでも結果を出したダノンシャークがいるんだから、この馬でいいでしょう。 あとは重賞で強敵相手に接戦しているサンレイレーザー、今回昇級戦だが先行馬不在で展開利ありそうなブレイズアトレイル、詰めが甘いのがアレだが堅実駆けは評価できるリルダヴァルを。

<第16回富士ステークス予想>

◎ダノンシャーク
○ガルボ
▲サンレイレーザー
△ブレイズアトレイル
△リルダヴァル
△インパルスヒーロー

 あと、人気薄の時に限って走るガルボも穴で。

結果

1着ダノンシャーク
2着リアルインパクト
3着シャイニープリンス
4着リルダヴァル
5着ブレイズアトレイル

タイム:1分33秒5 3F:33.8秒
ダノンシャーク 牡5歳
騎手:内田博幸 厩舎:栗東・大久保龍厩舎
単勝:9番240円
複勝:9番150円、12番750円、4番1260円
枠連:5-7 2490円 馬連:9-12 3930円
馬単:9-12 5930円
3連複:4-9-12 74840円
3連単:9-12-4 250420円
ワイド:9-12 1600円
    4-9 3190円 4-12 21980円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ヒモがちょっとなぁ。
 印打った馬、いい位置確保していたが...足りませんでした。

 でもって、富士ステークスの結果。行く馬がそれほどいなかったこともあって、前半3ハロン通過が35.8秒とこの距離のレースにしてはかなり緩めの流れ。 先週の府中牝馬ステークスみたいに極端な上がりの競馬にはならなかったが、それでもこういうペースでは前残りの競馬になってしまうのは仕方がないところ。 今回はいつもよりも前で競馬したダノンシャークが先行集団の追い比べ勝負を制し1着、逃げたガルボをマークしていたリアルインパクトが迫るシャイニープリンスを退け2着に。

 という訳で、勝ったのはダノンシャーク。前述しているように、今回はペースが緩かったこともあってか好位からの競馬。 直線では、前に行ったガルボ・リアルインパクトが粘ってはいたものの、これらを難なく交わし先頭、そしてそのままゴールへ。 着差自体は3/4馬身とそれほどではなかったが、まぁ、完勝といっていい内容だったんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。