今週のメインdeパツイチ2013
第56回スワンステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第56回 スワンステークス 京都・芝1400m  3歳上オープン(GII) 2013年10月26日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 レッドオーヴァル 桜花賞 2着 距離短縮で巻き返しある。52kgと斤量も楽で。 -
2 2 テイエムオオタカ スワンS 2着 去年の2着馬だがそれ以降の成績今一つで。 -
3 3 アドマイヤセプター スプリンタS 5着 去年は3着。ほどほどには走る馬で。 -
4 4 シャイニーホーク 六甲S 1着 重賞では入着も厳しく。多くは望めぬ。 - -
5 ラトルスネーク 白秋S 1着 末脚強烈。馬場渋っても対応できるだし注意。
5 6 ハッピーカオル ブラッドS 1着 芝使ってみたが今一つ。ここでは厳しい。 - -
7 サダムパテック マイルCS 1着 今年の成績今一つ。去年で燃え尽きた? - -
6 8 エーシントップ NZトロフィー 1着 久々がちと気掛かりも重賞実績は評価。 -
9 ダイワマッジョーレ 京王杯SC 1着 重賞実績評価。仕上がっていればチャンス。
7 10 コパノリチャード アーリントン 1着 前走大敗。一叩きして粘り増せばいいが... - -
11 グランプリボス NHKマイルC 1着 前走久々も悪くない内容。叩き2戦目で。 -
8 12 サンカルロ 阪神カップ 1着 ベストは阪神の芝1400m。京都はちと微妙。 - -
13 マジンプロスパー CBC賞 1着 ここ相手関係も斤量も楽。楽勝あっても。

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第56回スワンステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第56回スワンステークスの展望と予想とヨタ話

 ここを使ってマイルCS?それとも別の目標に?
 一応マイルCSのステップ、第56回スワンステークス。

 で、このスワンステークス。時期的にも条件的にもマイルチャンピオンシップへのステップといっていい一戦なのだが、 「持って1400mまで」という短距離馬が多数出てくることもあって、なかなかその通りに機能しないのがこのスワンステークス。 どちらかというと、香港スプリントや阪神カップに向けての一戦といった方がいいのかもしれませんな。

 でもって、今年もスプリンターズS組が多数出走してくるという相変わらずの状態。ただ、グランプリボスやサダムパテック、 ダイワマッジョーレ、エーシントップとマイルで結果を出している馬もいるだけに、ここの結果次第では真っ当にマイルCSへのステップとして機能する可能性もあるんじゃないでしょうか。 まぁ、ここが休み明けだったりする馬も多いんで、ここで狙うのはちと厳しいところですが。

 そんなこんなで、スワンステークスの予想。ここは使われている強みがあるスプリンターズS組を狙うのが妥当なところでしょう。 距離に関しても1400mに実績あるマジンプロスパーやグランプリボス、アドマイヤセプターがいることだしさ。あとは別路線組で末脚強烈なラトルスネーク、 近走大敗続きだが叩き2戦目&距離短縮&52kgで一変ありそうなレッドオーヴァルもそれなりにはやれるんじゃないかと。

<第56回スワンステークス予想>

◎マジンプロスパー
○ラトルスネーク
▲グランプリボス
△ダイワマッジョーレ
△アドマイヤセプター

 次の日の天皇賞秋同様、馬場状態が心配ではあるんだが...
 この面子ならそれなりにこなしてくれるんじゃないかと。

結果

1着コパノリチャード
2着ダイワマッジョーレ
3着サダムパテック
4着レッドオーヴァル
5着マジンプロスパー

タイム:1分20秒8 3F:34.0秒
コパノリチャード 牡3歳
騎手:浜中俊 厩舎:栗東・宮厩舎
単勝:10番2050円
複勝:10番560円、9番330円、7番960円
枠連:6-7 890円 馬連:9-10 6770円
馬単:10-9 16920円
3連複:7-9-10 55880円
3連単:10-9-7 426890円
ワイド:9-10 2320円
    7-10 6500円 7-9 2860円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。コパノリチャードはキツいなぁ。
 軸のマジンプロスパーも踏ん張りきれず5着止まりだったし...

 まぁ、それはそれとしてスワンステークスの結果。比較的雨が早く上がったこともあって、馬場状態は稍重まで回復。 そんなこともあって、それなりには時計が出る状態にはなっていたのだが、ペース自体はそれほど上がらず前半3ハロン通過が35.3秒と緩め。

 となれば、前に行った馬が残ってしまうのは仕方がないところ。道中、快調に逃げたコパノリチャード、直線に入ってもその勢いは衰えず。 結局、直線入ったところで確保していたリードをそのままキープするような形で押し切ってしまうことに。

 しかしなぁ、ステップレースとしては何だか微妙な結果になってしまいましたな。一応「稍重」発表だっただけに、 馬場状態を敗因に挙げることは可能だが...レースの上がりが34.0秒だったことを考えると、そういう結論に持っていくのはちょっとねぇ。 イマイチな結果だった人気のマジンプロスパー・グランプリボス、次で巻き返せるんでしょうか?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。