今週のメインdeパツイチ2013
第18回ファンタジーステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第18回 ファンタジーステークス 京都・芝1400m  2歳牝オープン(GIII) 2013年11月9日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フクノドリーム エーデル賞 1着 芝のスピード勝負でも通用しそう。侮れず。
2 ラヴィーネ ききょうS 6着 ききょうS6着で決着済。この相手では... - -
2 3 グランシェリー 中京2歳S 1着 OP完勝は評価もここでどこまでやれる? - -
4 モズハツコイ ききょうS 3着 昇級後の成績今一つ。入着あれば上々か。 - -
3 5 タイセイララバイ りんどう賞 5着 昇級戦が物足りず。重賞では厳しいか。 - -
6 エルノルテ りんどう賞 4着 もう一押し欲しい。現状では入着までか。 -
4 7 ベルカント 小倉2歳S 2着 前走は相手悪く。この相手なら勝ち負けに。 -
8 ウメ 萩ステークス 7着 一本調子。この条件ではさすがに厳しく。 - -
5 9 テイエムチュラッコ ひまわり賞 2着 それなりのスピードあるがこの条件では... - -
10 アドマイヤビジン 芝千二1:09.5 1着 スピードはまずまずも1400m微妙な感じで。 - -
6 11 マイネヴァリエンテ 小倉2歳S 6着 一押し足りない。展開嵌まらないと厳しいか。 - -
12 メイショウアサツユ 芝千四1:21.2 1着 未勝利完勝も破った相手微妙。重賞では辛い。 -
7 13 エイシンオルドス りんどう賞 1着 前走馬体重増あっても勝利。2戦目なら。
14 テイエムナデューラ 芝千二1:10.0 1着 新馬勝ち平凡。多くは望めそうになく。 - -
15 ダンツキャンサー 芝千四1:23.3 1着 展開と馬場の助けあって勝てた感有。厳しい。 - -
8 16 スイートガーデン 芝千六1:36.5 1着 新馬は展開嵌まった感否めず。ここでは。 - -
17 ノボリレジェンド 芝千四1:23.7 1着 最後の一伸びは評価も今回相手強化され。
18 リアルヴィーナス りんどう賞 3着 前走3着も差を詰めたのは評価。多少は。

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第18回ファンタジーステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第18回ファンタジーステークスの展望と予想とヨタ話

 2歳路線もぼちぼち終盤戦に突入。
 阪神JFへのステップ。第18回ファンタジーS。

 で、このファンタジーステークス。前述しているように、阪神ジュベナイルフィリーズへのステップということもあって、 毎年有力馬が勢揃いすることになるのだが...今年はどうも迫力不足。ハープスターだとかホウライアキコとか素質馬がいたりするのが今の2歳牝馬路線なのだが、 ハープスターは阪神JF直行、ホウライアキコはデイリー杯2歳Sを使ったもんでここには出走して来ず。さらに先週行われたアルテミスSとこことで有力馬が分散してしまったからねぇ...

 まぁ、とりあえずそれはそれとして。ファンタジーステークスの予想。極端に抜けた馬がおらず、何かと予想し辛い一戦だが... ここはベルカントでいいんじゃないでしょうかねぇ。小倉2歳Sではホウライアキコといい勝負をして2着。休み明けだとか200mの距離延長だとかちと気になるところだが、 今の時計の出る京都コースはこの馬にとって歓迎。持ち前のスピードをフルに生かして、押し切ってくれるんじゃないでしょうか。

<第18回ファンタジーステークス予想>

◎ベルカント
○フクノドリーム
▲エイシンオルドス
△ノボリレジェンド
△リアルヴィーナス

 あと、スピード競馬に適応できればフクノドリームも怖いところ。

結果

1着ベルカント
2着モズハツコイ
3着アドマイヤビジン
4着エイシンオルドス
5着リアルヴィーナス

タイム:1分21秒1 3F:35.3秒
ベルカント 牝2歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・角田厩舎
単勝:7番620円
複勝:7番290円、4番390円、10番2240円
枠連:2-4 2040円 馬連:4-7 5740円
馬単:7-4 11490円
3連複:4-7-10 98860円
3連単:7-4-10 614810円
ワイド:4-7 1720円
    7-10 8030円 4-10 9080円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ヒモがまるでカバーできず。
 ベルカント、いい塩梅に人気なかったんだけどねぇ...

 でもって、ファンタジーステークスの結果。前に行く馬が揃っていたが、スタートダッシュを決めたベルカントがそのまま先頭へ。 ペース自体は前半3ハロン通過が34.3秒とそれなりではあったが、前崩れになるほどのペースではなかった様子。そんなこんなで、逃げたベルカント、 直線に入ってもその勢いは衰えず、後続との差を保ったまま先頭でゴールへ。

 という訳で、勝ったベルカント。小倉2歳Sでホウライアキコに敗れたりしたが、やはり能力はそれなりにあったようで。 相手関係が楽だったという要因もあったが、距離延長も克服した上にこの差をつけて勝ったのは評価していいんじゃないでしょうか。 ただ、もう200m延長は...どうなんでしょうかねぇ?この辺りはやってみないと...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。