今週のメインdeパツイチ2013
第33回ジャパンカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第33回 ジャパンカップ 東京・芝2400m  3歳上オープン(GI) 2013年11月24日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ヴィルシーナ ヴィクトリア 1着 秋の成績が散々。一変期待したいが... - -
2 ナカヤマナイト 中山記念 1着 休み明けの前走上々の内容も目標は次? -
2 3 アンコイルド 天皇賞秋 4着 力つけているが、前走が精一杯の感もあり... -
4 エイシンフラッシュ 天皇賞秋 1着 瞬発力勝負になれば巻き返し。展開次第で。 -
3 5 トーセンジョーダン 天皇賞秋 1着 一昨年の2着馬だが前走物足りない内容で。 - -
6 アドマイヤラクティ 天皇賞春 4着 流れに乗れれば手堅く結果出す。ただGIだと? -
4 7 ジェンティルドンナ ジャパンC 1着 去年の勝ち馬。前走上々の内容だしここなら。
8 ファイヤー 晩秋S 1着 JCダートならともかく、この条件では... - -
5 9 デニムアンドルビー オークス 3着 良績ある東京は歓迎。調子維持できていれば。 -
10 ドゥーナデン サンクルー大 2着 前2走が物足りず。一変あればいいが... - -
6 11 ルルーシュ AR共和国杯 1着 相手なり走る馬。GIでもそこそこは。 -
12 ホッコーブレーヴ AR共和国杯 5着 前走は位置取り悪く。もう少しやれる筈。
7 13 ゴールドシップ 宝塚記念 1着 前走の負け方気掛かり。走る気になれば。 -
14 シメノン ゴールドC 2着 スタミナ勝負の馬。スピードついていける? - -
8 15 スマートギア 中日新聞杯 1着 いい頃の走りなく。年齢的に限界か。 - -
16 ヒットザターゲット 京都大賞典 1着 ワンパンチ足りない。展開嵌まらないと... - -
17 ジョシュアツリー カナディアン 1着 2010年に参戦するも10着。日本の馬場は... - -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第33回ジャパンカップの展望と予想とヨタ話

 今年の競馬もそろそろ終わりがみえてきました。
 東京開催、オーラスはこのGI、第33回ジャパンカップ。

 まぁ、それはそれとして。とりあえず今回のジャパンカップ。ここで凱旋門賞の再戦ができればよかったのだが... そんな都合のいい流れにはなりませんわな。凱旋門賞に参戦したオルフェーヴル・キズナは有馬記念に向かうということでここはスルー。 海外勢も凱旋門賞13着のジョシュアツリーが出てきた程度で、結局、凱旋門賞の再戦とはならず。

 そんなこんなで、今年の競馬を盛り上げた有力馬を欠くことになったジャパンカップだが...まぁ、去年のジャパンカップ馬ジェンティルドンナに、 宝塚記念馬ゴールドシップ、去年の天皇賞秋を勝ち、今年も3着と健闘したエイシンフラッシュという一線級の古馬が出走してきただけでもう十分でしょう。

 でもって、予想も当然この3頭が中心に。ただねぇ、この3頭、どの馬も前走が今一つだったりするのがちと気掛かりですな。 ジェンティルドンナ・エイシンフラッシュは前走の天皇賞秋でジャスタウェイにぶっちぎられていたりするし、 ゴールドシップは前走の京都大賞典で5着と案外な結果に終わっていたりするし。ここで一変していい頃の走りが出来れば、 こういうメンバー構成だしほぼ確実に勝ち負けになるんだが...それがないとなると、そのままズルズル沈んでしまいそうな気もするだけにねぇ。 とりあえず、今回は叩き2戦目で上積み見込めるジェンティルドンナを軸して勝負してみましょうか。他の2頭と比べ不安点も少ないことだし。

<第33回ジャパンカップ予想>

◎ジェンティルドンナ
○ホッコーブレーヴ
▲エイシンフラッシュ
△ゴールドシップ
△ルルーシュ

 一発あるならAR共和国杯組かな。地味だが駒揃ってるし。

結果

1着ジェンティルドンナ
2着デニムアンドルビー
3着トーセンジョーダン
4着アドマイヤラクティ
5着ドゥーナデン

タイム:2分26秒1 3F:34.1秒
ジェンティルドンナ 牝4歳
騎手:R.ムーア 厩舎:栗東・石坂厩舎
単勝:7番210円
複勝:7番120円、9番510円、5番1220円
枠連:4-5 2090円 馬連:7-9 2500円
馬単:7-9 3330円
3連複:5-7-9 63800円
3連単:7-9-5 224580円
ワイド:7-9 950円
    5-7 2890円 5-9 20770円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。微妙に足りてないなぁ。
 デニムアンドルビーも買えなくはないんだが...

 でもって、ジャパンカップの結果。順当に決まっていそうで決まらなかったレースでしたな。1番人気のジェンティルドンナが人気に応え勝利したが、 このジェンティルドンナと人気を分け合う形となったゴールドシップ・エイシンフラッシュは掲示板にものれず終い。で、これらコケた人気馬に代わってやってきたのが、 7番人気のデニムアンドルビー、11番人気のトーセンジョーダンだったもんで、3連復6万馬券、3連単22万馬券と波乱の決着に。

 レース自体は、好スタートを決めたエイシンフラッシュがそのまま馬なりで出て行って逃げる展開。そして同じく上々のスタートを決めたジェンティルドンナも好位確保。 そんなこんなで、有力所が前に行ったこともあってか様子見気配が強くなりペースは前半3ハロン通過が37.0秒、1000m通過が1:02.4と遅め。

 そんなこんなで、こういうペースだったもんだから、直線での追い比べで勝敗を決する展開に。直線に入っても相変わらずエイシンフラッシュが先頭だったが、 前2走でみせたような末脚は使えず、じりじり差を詰められ終了。で、エイシンフラッシュに代わってジェンティルドンナが先頭に立ち、 デニムアンドルビーに最後一気に差を詰められたりしたものの、なんとかこれをハナ差封じて1着に。

 という訳で、ジェンティルドンナがジャパンカップ連覇を達成したのだが...それよりもゴールドシップの大敗の方が気になるところ。 こういう流れで後方から競馬したのは確かに不利ではあったが、勝負所で全く脚を使えなかったのはさすがにいかんでしょう。 叩き2戦目でこの内容では、スランプに陥ったと考えるのが妥当なんじゃないかと...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。