今週のメインdeパツイチ2013
第64回朝日チャレンジカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第64回 朝日チャレンジカップ 阪神・芝1800m  3歳上オープン(GIII) 2013年12月7日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マイネルラクリマ 七夕賞 1着 ジリ傾向。この条件ではちと苦しいか。 - -
2 ダノンプログラマー 米子S 3着 末脚は重賞でも通用。展開さえ嵌まれば。 -
2 3 タマモベストプレイ 皐月賞 5着 この条件なら巻き返し濃厚。勝ち負け。 -
4 カルドブレッサ 日本海S 1着 前2走が物足りず。OPでは荷が重いか。 - -
3 5 ラウンドワールド 札幌2歳S 2着 久々を快勝。2走ボケなければここも。 -
6 キングストリート 朝日CC 4着 去年の4着馬も2桁着順続く現状では... - -
4 7 マックスドリーム 七夕賞 4着 前2走が散々。一変期待したいが... - -
8 アルキメデス 八坂S 1着 元々重賞好走ある馬。ここでも好勝負。
5 9 ゴットフリート 朝日杯FS 3着 復調しつつある。そろそろ出番あっても。 -
10 ミキノバンジョー 小倉日経OP 1着 前3走が物足りず。重賞では荷が重い。 - -
6 11 テイエムイナズマ デ杯2歳S 1着 ここならもう少しやれる筈。嵌まれば。 -
12 コアレスドラード 修学院S 1着 やや格下っぽく。重賞では入着までか。 - -
7 13 ヒストリカル 毎日杯 1着 展開が鍵だが良績ある阪神。ここなら。 -
14 ゲシュタルト オールカマー 2着 いい頃の走りない。一変は望み薄で。 - -
15 フェデラリスト 中山記念 1着 2桁着順連発。いい頃の走りは望めぬか。 - -
8 16 スマートギア 中日新聞杯 1着 最近は入着も厳しく。条件は楽になるが... - -
17 カワキタフウジン カシオペアS 3着 前走は展開向かず。もう少しやれる筈。
18 ハナズゴール 京都牝馬S 1着 オールカマーの内容悪くなく。牝馬でも。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第64回朝日チャレンジカップの展望と予想とヨタ話

 ここ勝って有馬記念に滑り込み?
 まだ間に合う。第64回朝日チャレンジカップ。

 で、この朝日チャレンジカップ。以前は秋の阪神開催一発目の重賞だったりしたが、去年からこの時期の開催に。 まぁ、変更があったといっても、以前この時期に行われていた中日新聞杯がこの朝日チャレンジカップに代わっただけだったりするので、 あまり影響はなかったりするんですけどね。実際、変更後初の開催となった去年も、これまでの中日新聞杯とあまり変わらないレースだったりしたし。

 まぁ、それはそれとして。朝日杯チャレンジカップの予想を。ハンデ戦ではあるが...上が58kg、下が54kgと大きな差が出ず、ほぼ別定戦といい条件に。 となれば、ここはあまり紛れもなく実力通りの結果になるんじゃないでしょうか。ここ数戦はGI、さらにクラシックということもあってさすがに結果を出せなかったが、 この条件なら大威張りできそうなタマモベストプレイ、近走はOPや準OPを使っているが過去には重賞で好走していたりするラウンドワールド・ヒストリカル・アルキメデスとかその辺りでいいんじゃないでしょうか。

<第64回朝日チャレンジカップ予想>

◎タマモベストプレイ
○ダノンプログラマー
▲ラウンドワールド
△ヒストリカル
△カワキタフウジン
△アルキメデス

 あと、末脚鋭いダノンプログラマー・カワキタフウジンにも注意。

結果

1着アルキメデス
2着カワキタフウジン
3着ハナズゴール
4着マイネルラクリマ
5着カルドブレッサ

タイム:1分46秒5 3F:34.2秒
アルキメデス 牡4歳
騎手:M.バルザローナ 厩舎:栗東・藤原厩舎
単勝:8番390円
複勝:8番180円、17番680円、18番460円
枠連:4-8 1480円 馬連:8-17 7090円
馬単:8-17 10220円
3連複:8-17-18 26130円
3連単:8-17-18 119330円
ワイド:8-17 1860円
    8-18 1280円 17-18 3880円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印は打っているんだけどなぁ...
 いい配当になったのに軸馬選びに失敗していてはねぇ。

 で、今回の朝日チャレンジカップ。これといった逃げ馬がいなかったこともあって、前半3ハロン通過が36.1秒、1000m通過が1:00.4と緩め。 さらに直線が長い阪神外回りコースということもあり、結局、直線での追い比べ勝負に。ペースが緩かったこともあって、前に行った馬も粘ってはいたが... 最終的には瞬発力に勝る馬がこれらを一蹴。

 そんなこんなで、勝ったのはアルキメデス。前に行っていたマイネルラクリマが粘っていたり、大外からカワキタフウジン・ハナズゴールが突っ込んできたりしたが、 抜け出した際に奪ったリードでなんとかこれらの馬を退け勝利。まぁ、元々重賞で好走ある馬だし、これ位はやれてよかったんじゃないかと。 あと、2・3着のカワキタフウジン・ハナズゴールは...展開と条件がうまく嵌まった感じですな。自身の持ち味である瞬発力をフルに発揮してこの結果に。 人気はマチマチだったが、まぁ、妥当と言えば妥当な結果だったんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。