今週のメインdeパツイチ2013
第65回朝日杯フューチュリティステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第65回 朝日杯フューチュリティステークス 中山・芝1600m  2歳牡牝オープン(GI) 2013年12月15日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ベルカント ファンタジー 1着 牡馬よりも距離が問題。マイルはちと長い。 - -
2 テイエムキュウコー ひまわり賞 1着 前走が案外。この条件は荷が重そうで... - -
2 3 アトム デ杯2歳S 2着 能力それなり。ここでも立ち回り方次第で。 - -
4 マイネルディアベル 京王杯2歳S 4着 前走は展開嵌まっただけ。今回同型いるし... - -
3 5 サトノロブロイ 京都2歳S 3着 すんなり好位確保できればそれなりには。
6 アジアエクスプレス オキザリス賞 1着 ダートでケタ違いの強さみせる。芝でも。 -
4 7 エルカミーノレアル 福島2歳S 1着 前走の楽勝評価。上がり要す展開なら。 -
8 ニシノデンジャラス 北海道2歳 4着 芝云々以前に前走がちと差のある内容で... - -
5 9 ツィンクルソード 500万下 1着 前走が本来の走りっぽく。GIでも侮れず。 -
10 グリサージュ 芝千六1:37.2 1着 新馬は流れに乗って勝てた感有。GIでは。 - -
6 11 ショウナンアチーヴ からまつ賞 1着 堅実駆け評価。距離克服できればここでも。 -
12 アポロスターズ カンナS 1着 勝ち鞍1200mだけ。この距離はちと苦しく。 - -
7 13 プレイアンドリアル 東スポ杯2歳S 2着 重賞で僅差の2着は素直に評価。ここでも。 -
14 ウインフルブルーム 野路菊S 2着 同型の出方次第。内枠引ければ出番も。
8 15 ハイアーレート 札幌2歳S 3着 ワンパンチ足りない。時計掛からないと。 - -
16 ショウナンワダチ ベゴニア賞 1着 展開か鍵だがいい末脚持っているだけに注意。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第65回朝日杯フューチュリティステークスの展望と予想とヨタ話

 先週の阪神JFは思いの外荒れた結果となったが...
 牡馬はどう?第65回朝日杯フューチュリティステークス。

 まぁ、そんなこんな言ってみたが...先週の阪神ジュベナイルフィリーズと比べるとメンバーが揃わなかった感が否めないのが今回の朝日杯フューチュリティステークス。 東スポ杯2歳S勝ちのイスラボニータ、京王杯2歳S勝ちのカラダレジェンド、京都2歳S勝ちのトーセンスターダムといった主要なステップの勝ち馬がまるっと出て来ないのはさすがにどうかと。

 ただ、これらの有力所がいない分、他の馬にはチャンスだったりしますけどね。実際、これから先期待できそうな500万下勝ち馬が多数参戦していたりしますし。 ここで結果を出して一気に飛躍...なんてことも十分有り得るだけにねぇ。実績馬は揃わなかったが、なかなかいい一戦になりそうな雰囲気。

 で、そんな朝日杯FSの予想。近走の内容で判断するならばプレイアンドリアルが筆頭でしょう。 前走までは道営、今は川崎と地方所属の馬ではあるが、前走の東スポ杯2歳Sでは2着。 しかも、レコード決着、イスラボニータといった強敵相手に食い下がっての2着だっただけにねぇ。 中山マイルだけに枠順が鍵だが、それなりの枠を引いてすんなり好位確保できれば、ここでも勝負になるでしょう。

 あとは相手。ショウナンワダチ・ウインフルブルーム・ショウナンアチーヴ・ツィンクルソードといった500万下勝ち馬や、 京都2歳S3着のサトノロブロイ辺りが無難なところだが...ここはアジアエクスプレスで勝負してみましょう。 初芝が鍵だが、今の中山、結構時計のかかる馬場になっていることを考えるとねぇ。ガチのスピード勝負にならないのであれば、 案外なんとかなってしまうんじゃないでしょうか。

<第65回朝日杯フューチュリティステークス予想>

◎プレイアンドリアル
○エルカミーノレアル
▲アジアエクスプレス
△ショウナンワダチ
△サトノロブロイ
△ウインフルブルーム

 あと、極端な瞬発力勝負にならないならばエルカミーノレアルもアリかな。

結果

1着アジアエクスプレス
2着ショウナンアチーヴ
3着ウインフルブルーム
4着マイネルディアベル
5着アトム

タイム:1分34秒7 3F:36.1秒
アジアエクスプレス 牡2歳
騎手:R.ムーア 厩舎:美浦・手塚厩舎
単勝:6番870円
複勝:6番390円、11番470円、14番400円
枠連:3-6 4160円 馬連:6-11 7710円
馬単:6-11 13000円
3連複:6-11-14 27430円
3連単:6-11-14 162960円
ワイド:6-11 2400円
    6-14 1890円 11-14 2060円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印は打っているんだけどなぁ。
 どれも微妙に食い違っていて結局ハズレという結果に。

 でもって、朝日杯フューチュリティステークスの結果。好枠を引いたこともあって、ベルカントがすんなりハナを奪取。 ただ、ペースを落とさず逃げたもんで、前半3ハロン通過は35.1秒と多少時計のかかる今の中山の馬場を考慮すれば速めのペースに。 そんなこともあって、逃げたベルカントやこれを追いかけていた先行勢は直線では踏ん張りきれず失速。

 で、これら先行勢に代わってやってきたのが、アジアエクスプレスやショウナンアチーヴといった差し馬勢。 内で先行勢が粘っていたが、坂を登り切ったところでその先行勢が止まり、一気に浮上。 あとは、その中で一番勢いのあったアジアエクスプレスが最後の一伸びで抜け出し先頭でゴール。 そして、これに続く形でショウナンアチーヴ・ウインフルブルームが2・3着確保。

 そんなこんなで、勝ったのはアジアエクスプレス。今回、初の芝コースだったが...まぁ、問題なかったようで。 内目の枠を引いてロスなく立ち回れたり、やや時計のかかる今の中山の馬場も有利に作用してこの結果に。 ただ、何かと条件が嵌まって勝てた感は否めないだけにねぇ。今後も芝でやっていけるかは微妙なところ。 この辺りは、スピード勝負にどこまで適応できるかが分かるまで判断保留しておくのが妥当でしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。