今週のメインdeパツイチ2013
第58回有馬記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第58回 有馬記念 中山・芝2500m  3歳上オープン(GI) 2013年12月22日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ダノンバラード 宝塚記念 2着 前走負けすぎも楽に先手取れるここなら。
2 ヴェルデグリーン オールカマー 1着 今回重賞勝ちの中山。大駆けあっても。 -
2 3 カレンミロティック 金鯱賞 1着 前走の勝ちっぷり評価。この相手なら上位に。 -
4 ウインバリアシオン 日本ダービー 2着 前走久々も好走。一矢報いることができる? -
3 5 デスペラード ステイヤーズ 1着 前走完勝は評価も条件変わるここだと? - -
6 オルフェーヴル 有馬記念 1着 遠征帰りも今回ライバル不在。有終の美を。 -
4 7 タマモベストプレイ きさらぎ賞 1着 前走物足りず。相手強化のここでは... - -
8 ラブリーデイ 金鯱賞 2着 ちと詰め甘い。この相手では3着あれば。 - -
5 9 ルルーシュ AR共和国杯 1着 去年は8着。相手なりには走るが... - -
10 アドマイヤラクティ ジャパンC 4着 GI好走評価。中山も実績あるだけに注意。
6 11 ラブイズブーシェ 福島記念 3着 力つけてきているがGIではさすがに。 - -
12 テイエムイナズマ デ杯2歳S 1着 滑り込みで出走も秋の成績が今一つでは。 - -
7 13 トゥザグローリー 有馬記念 3着 多少復調するも前走以上は望めそうになく。 - -
14 ゴールドシップ 宝塚記念 1着 秋2戦が物足りず。一変あればいいが... - -
8 15 ナカヤマナイト 中山記念 1着 ここ狙いっぽく。調子も上向いているだけに。
16 トーセンジョーダン 天皇賞秋 1着 有馬記念でもそこそこ健闘。この相手なら。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第58回有馬記念の展望と予想とヨタ話

 変則開催のため次の日も開催がありますが...
 今年の競馬の締めくくりとなる一戦。第58回有馬記念。

 で、今年の有馬記念。ジェンティルドンナやキズナ、エピファネイア、ジャスタウェイといった有力所が回避したり、 直前でエイシンフラッシュが出走を取りやめたりしたもんで、「今年の最強馬を決める一戦」にはならなかったが...まぁ、この馬が出てくればもう十分でしょう。 有終の美を飾るべくオルフェーヴルがこの有馬記念に参戦。

 そんなこともあって、今回の有馬記念、オルフェーヴル中心になってしまうのは仕方がないところ。 実績を考えれば「オルフェーヴルとゴールシップの頂上決戦」となってもいい筈なのだが、肝心のゴールシップが今秋サッパリだったりするのがねぇ。 叩き3戦目、そして去年他馬を圧倒したこの有馬記念で一変...なんてことも考えられなくはないのだが、前走のジャパンカップがあまりにも負けすぎで、一変なんて望めそうになかったりするし。 あと、他の馬に期待するにしても、前述しているようにエイシンフラッシュは直前で出走回避しちゃうし、GI実績あるウインバリアシオン・トーセンジョーダン・ダノンバラードにしても、 オルフェーヴルと比較しちゃうと格下感は否めなかったりするし。

 と、まぁ、そんな訳で「オルフェーヴルに敵なし」みたいな状態だったりするのだが...この馬には「自分自身」という最強の敵がいますからねぇ。 特に今回、これといった先行馬もおらずスローペース濃厚なだけに、折り合いを欠いて掛かってしまう可能性も残ってたりしますし。 今回はこの辺りをきっちり克服できるか、それ次第でしょう。

 あと、他の馬。無難なところなら、ジャパンカップで結果を出したトーセンジョーダンやアドマイヤラクティ、 長期休養明けにも関わらずなかなかの走りをしたウインバリアシオンなのだが...この有馬記念、中山巧者が穴を開けることが多々あるだけにねぇ。 ナカヤマナイトやヴェルデグリーンもマークしておいた方がいいかもしれませんな。ヴェルデグリーンは天皇賞秋8着、 ナカヤマナイトはジャパンカップ6着とそれなりに結果出していることだし。

<第58回有馬記念予想>

◎オルフェーヴル
○ナカヤマナイト
▲トーセンジョーダン
△ウインバリアシオン
△アドマイヤラクティ
△ダノンバラード

 あと、先行馬にも注意かな。ダノンバラードとか。

結果

1着オルフェーヴル
2着ウインバリアシオン
3着ゴールドシップ
4着ラブイズブーシェ
5着タマモベストプレイ

タイム:2分32秒3 3F:36.7秒
オルフェーヴル 牡5歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・池江泰寿厩舎
単勝:6番160円
複勝:6番110円、4番250円、14番170円
枠連:2-3 610円 馬連:4-6 860円
馬単:6-4 1020円
3連複:4-6-14 1420円
3連単:6-4-14 5240円
ワイド:4-6 350円
    6-14 250円 4-14 950円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、こんなもんでしょうな。
 この組み合わせで馬連860円なら悪くないかと。

 でもって、有馬記念の結果。もう何というか、一方的なレースでしたなぁ。 1番人気のオルフェーヴル、他の馬を全く相手にせず2着のウインバリアシオンに8馬身もの差をつけ圧勝。 ま、実績通りの走りをしたといえばその通りだが、ここまで他を圧倒してしまうとは。

 レース自体は、これといった逃げ馬がいなかったこともあって、ルルーシュが思い切って逃げる展開。 ただ、すんなりハナを奪取したものの後続馬がこれをきっちりマークしたもんだから楽な逃げにはならず。 ペース自体も1000m通過が1:00.8と時計の掛かる馬場を考慮すれば速め。

 で、勝ったオルフェーヴルはというと、中団より後ろを追走。折り合いを欠くこともなく順調に駒を進めたこともあってか、3〜4コーナーの勝負所で上がっていく時も手応え十分。 直線に入ってもその勢いは衰えることなく後続馬を一方的に突き放し独走態勢に持ち込み、ご覧の通りの結果に。

 そんなこんなで、オルフェーヴルが有終の美を飾った訳ですが...まぁ、それはそれとして、他の馬についても少々。 2着のウインバリアシオンは8馬身離されたとはいえ、現段階でこれだけやれればもう十分でしょう。完全復活したと考えていいんじゃないでしょうか。 3着のゴールドシップは...どうなんでしょうかねぇ?立ち直りつつあるが、今回の3着はうまく流れに乗れてこの着順を確保した感があるだけにねぇ。 もう一戦見てみないと復調したかどうかはまだ判断つかないんじゃないかと...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。