今週のメインdeパツイチ2013
第8回阪神カップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第8回 阪神カップ 阪神・芝1400m  3歳上オープン(GII) 2013年12月23日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ラトルスネーク 京阪杯 5着 末脚は重賞でも通用。兎に角展開がすべて。
2 ニンジャ 北九州記念 2着 一叩きした効果見込める。展開嵌まれば。 -
2 3 ダイワマッジョーレ マイルCS 2着 実績素直に評価。調子落ちなければ。 -
4 タマモナイスプレイ CBC賞 3着 今回休養明けな上に休養前も今一つで。 - -
3 5 テイエムオオタカ スワンS 2着 阪神は京都ほど走らぬ。この条件では。 - -
6 サンカルロ 阪神カップ 1着 去年の勝ち馬。ベストな条件だし今年も。
4 7 クラレント エプソムC 1着 実績は評価も東京・京都以外では今一つで。 - -
8 サダムパテック マイルCS 1着 多少マシになる。だがもう一変ないと... - -
5 9 エピセアローム セントウルS 1着 前走は上がり速すぎた。巻き返しに期待。
10 リアルインパクト 安田記念 1着 大きくは負けていないが、いい頃の勢いは... - -
6 11 ラインブラッド 尾張S 1着 今年の成績パッとせず。今回相手も揃うし... - -
12 ザッハトルテ CBC賞 4着 2桁着順連発。55kgと斤量面でも厳しく。 - -
7 13 キングストリート 朝日CC 4着 2桁着順続く。距離短縮でも一変は... - -
14 ガルボ ダービー卿CT 1着 去年は凡走後に一変し2着。今年は? -
15 スギノエンデバー 北九州記念 1着 末脚は評価も1400mは微妙に長いようで... -
8 16 コパノリチャード スワンS 1着 粘りは評価も今回末脚強烈な馬揃って。 - -
17 プリンセスメモリー オーロC 1着 OPの走りは評価も今回重賞&55kgでは。 - -
18 マジンプロスパー スプリンタS 4着 条件悪くないが妙に詰め甘い面あるだけに。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第8回阪神カップの展望と予想とヨタ話

 去年同様、今年も最終週は3日間開催。
 という訳で、今年もトリをつとめます。第8回阪神カップ。

 で、この阪神カップ。前述しているように、今年(中央では)最後の重賞となる一戦だが... 締めくくりの一戦だけではなく、来年の高松宮記念に向けて有力馬が再始動する「はじまりの一戦」でもあるのがこの阪神カップ。 そんなこともあってか、秋の短距離路線を戦ってきた余力でもう一戦という実績馬だけではなく、 来年の高松宮記念目指し少しでも賞金を上積みしておきたい条件・オープン勝ち上がり馬も多数出走してくることに。

 しかしだ。そんな各陣営の思惑通りにいかないのがこの阪神カップ。余力でもう一戦とここに出てきた実績馬は人気を裏切り凡走するわ、 2桁人気馬が突っ込んでくるわと、定量戦にも関わらず大荒れになることが多々。実際、3連単もここ数年ずっと10万オーバーばかりですし。

 でもって、今年の阪神カップ。ダイワマッジョーレやコパノリチャードといったマイルCSやスワンS上位馬に加え、阪神カップ連覇中のサンカルロ、 短距離路線で結果出しているクラレント・マジンプロスパーが揃っているだけに、この辺りで無難に決着しそうなもんだが...前述しているようなこともあるだけに、 ここはある程度荒れることを想定して予想するのが正解でしょう。前走の敗北で人気落としそうなエピセアロームやマジンプロスパー、 末脚だけは一級品のラトルスネーク、叩き2戦目で一変あればチャンスありそうなニンジャとか、その辺りを高配当狙いでピックアップしてみましょうか。

<第8回阪神カップ予想>

◎ダイワマッジョーレ
○ラトルスネーク
▲エピセアローム
△マジンプロスパー
△サンカルロ

 実績馬ならダイワマッジョーレ。大崩れしない馬だしここも無難に。

結果

1着リアルインパクト
2着ガルボ
3着クラレント
4着サンカルロ
5着ラトルスネーク

タイム:1分21秒4 3F:34.8秒
リアルインパクト 牡5歳
騎手:R.ムーア 厩舎:美浦・堀厩舎
単勝:10番1540円
複勝:10番520円、14番590円、7番490円
枠連:5-7 5340円 馬連:10-14 13870円
馬単:10-14 28440円
3連複:7-10-14 47050円
3連単:10-14-7 328560円
ワイド:10-14 2760円
    7-10 3140円 7-14 3600円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。リアルインパクトはちょっとなぁ。
 ま、狙ったところが今一つだったんでアレですけどね。

 しかし...やはり今年も荒れましたか。人気のダイワマッジョーレ・コパノリチャード・マジンプロスパーは馬群に沈み掲示板すら確保できず。 で、8番人気のリアルインパクトが勝ち、去年波乱の立役者となったガルボが今年も10番人気という人気薄で爆走し2着確保、 そして、思いの外人気にならなかったクラレントが3着に入り、馬連は万馬券、3連単は32万馬券という大波乱の結果に。

 レース自体はというと、逃げると目されていたコパノリチャードが行ききれず、それに代わってリアルインパクト・ガルボが逃げるという展開。 そんなこともあってか、前半3ハロン通過が35.0秒とペースはそこまで速くはならず、その結果、この2頭がそのまんま居残ってしまうという行った行ったの競馬になってしまいました。

 そんなこんなで、かなり荒れた結果となった今回の阪神カップでしたが...今回の上位馬の実績を考えれば、妥当といえば妥当な結果だったんじゃないかと。 リアルインパクトは前々走の富士Sで2着しているし、ガルボは去年このレースで2着に入っていたりするし、クラレントは今回人気はなかったが重賞4勝している馬だったりするしさ。 まぁ、他の人気所がイマイチだった分この着順を確保できた感はあったりしますが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。