今週のメインdeパツイチ2014
第63回中山金杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第63回 中山金杯 中山・芝2000m  4歳上オープン(GIII) 2014年1月5日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 イケドラゴン 白富士S 6着 軽量でも結果出せず。さすがに厳しい。 - -
2 ミッキーパンプキン 函館記念 3着 前走休み明けの割には好走。上積みあれば。 -
2 3 オーシャンブルー 有馬記念 2着 良化スロー。ハンデもキツいし今回は... - -
4 カルドブレッサ 朝日CC 5着 前走まずまず。この条件なら多少は。
3 5 サクラアルディート 大阪城S 2着 前走久々も上々の走り。ただ展開が鍵で。 -
6 ドリームヒーロー ポプラS 1着 前2走サッパリ。時計掛からぬ限り出番は... - -
4 7 ユニバーサルバンク ステイヤーズ 2着 復調しつつある。ここでも上位争い可能。 -
8 ディサイファ 福島記念 4着 前走は位置取りの差。重賞でも通用する馬で。
5 9 セイクリッドバレー ディセンバー 2着 いい頃の走り戻った?嵌まればここでも。 -
10 サムソンズプライド プリンシパル 1着 前走は休み明け。叩き2戦目&53kgで一変も。
6 11 マックスドリーム 福島民報杯 2着 前2走の末脚悪くなく。前崩れになれば。 -
12 コスモラピュタ 丹頂S 4着 2桁着順続く。大きく変わりそうにはなく。 - -
7 13 メイショウサミット 天の川S 1着 行き切っても粘れない競馬続く。ここでは。 - -
14 レインスティック アイルランド 1着 良績東京・新潟に集中。中山でどこまで? - -
8 15 コスモファントム 中日新聞杯 1着 3年前の勝ち馬だが去年は2桁着順連発で... - -
16 ケイアイチョウサン ラジオNIKKEI 1着 この相手なら能力上位だが展開と久々が鍵で。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第63回中山金杯の展望と予想とヨタ話

 あけましておめでとうございます。
 という訳で、年明け一発目は金杯。第63回中山金杯。

 で、この中山金杯。裏の京都金杯と同様にGIII・ハンデ戦ではあるが、距離が2000mという中距離戦ということもあってか、 どうも「ローカル場のハンデ重賞」感が否めないのがこの中山金杯。実際、福島記念→ディセンバーSというローテでここに挑んできた馬も結構いるし...

 となれば、その手の重賞で結果を出している馬で決着...なんてことを考えてしまうのだが、今回の中山金杯、 菊花賞5着のケイアイチョウサンや、プリンシパルS勝ちのサムソンズプライドといった「GI戦線に返り咲くべくここに出走してきた馬」もいたりしますからねぇ。 そこまで実績残してないこともあってか、ハンデもあまり重くないことだし今回はこの辺りの巻き返しに期待するのが無難でしょう。

 ただ、「荒れる金杯」と言われるレースなだけに、そうすんなり決着するかどうか微妙なところ。 実際、ケイアイチョウサンは展開、サムソンズプライドは前走の大敗とそれぞれ不安要素を抱えており、全幅の信頼を寄せるにはちと心許ないのが実情。 この辺りはおさえにして、多少荒れることを前提にして手広く勝負するのが正解でしょうな。展開が鍵だがいい末脚持っているマックスドリーム・サクラアルディートや、 復調しつつあるセイクリッドバレー・ユニバーサルバンクとかさ。

<第63回中山金杯予想>

◎サムソンズプライド
○マックスドリーム
▲ディサイファ
△ケイアイチョウサン
△カルドブレッサ
△サクラアルディート

 あと、軽ハンデ馬にも注意したいところだが...
 53kgのサムソンズプライドぐらいしかいないのがねぇ。

結果

1着オーシャンブルー
2着カルドブレッサ
3着ディサイファ
4着マックスドリーム
5着ケイアイチョウサン

タイム:2分00秒1 3F:36.6秒
オーシャンブルー 牡6歳
騎手:F.ベリー 厩舎:栗東・池江泰寿厩舎
単勝:3番950円
複勝:3番330円、4番360円、8番150円
枠連:2-2 8850円 馬連:3-4 8390円
馬単:3-4 14390円
3連複:3-4-8 7250円
3連単:3-4-8 57180円
ワイド:3-4 1980円
    3-8 710円 4-8 950円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。オーシャンブルーはなぁ...
 それ以外は来たんだが、肝心の1着が抜けていてはねぇ。

 でもって、中山金杯の結果。大波乱とまではいかなかったが、馬連で8390円、3連単で57180円となかなかの波乱に。 5番人気のオーシャンブルーが勝ち、8番人気のカルドブレッサが2着。一応、1番人気のディサイファが3着を確保するも、焼け石に水で結局ご覧の通りの配当に。

 レースはというと、ドリームヒーローが前半3ハロン通過が35.1秒、1000m通過が0:59.4とかなりのペースで飛ばしていったもんだから、 終わってみれば後方集団に属していた馬が上位を独占するという前崩れの展開に。道中は後方集団に属していたが、うまく内をついて抜けてきたオーシャンブルーが1着、 大外から伸びてきたカルドブレッサが2着という結果に。

 で、勝ったオーシャンブルー。実績を考えればこれ位はやれていい馬だが...今回は「うまく流れに乗れた分勝てた」、そんな感じの内容でしたな。 まぁ、それなりに走るようになったのは評価すべきなんだろうけど、今回の勝利で完全復活といってしまうのはまだ早いでしょう。ここはもう一戦様子見かな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。