今週のメインdeパツイチ2014
第52回京都金杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第52回 京都金杯 京都・芝1600m  4歳上オープン(GIII) 2014年1月5日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ドリームバスケット ポートS 1着 ようやく復調した?前走ぐらい走れば。 - -
2 エキストラエンド ジューンS 1着 今回良績ある東京ではないがこの相手なら通用。
2 3 スマートギア 中日新聞杯 1着 このレース2着ある馬だが最近は着外続いて。 - -
4 タマモナイスプレイ CBC賞 3着 今回叩き2戦目だが休み前の成績が散々では。 - -
3 5 トーセンレーヴ エプソムC 1着 実績は評価も今回久々で57.5kgはちと苦しく。 - -
6 オースミナイン Gホイップ 1着 準OPもあっさり突破。54kgだし重賞でも上位に。 -
4 7 シャイニープリンス 富士S 3着 前々走評価。流れに乗れれば再現あっても。
8 マイネルラクリマ 七夕賞 1着 一昨年の勝ち馬。詰め甘いが堅実駆け評価。
5 9 メイケイペガスター 共同通信杯 1着 休み明け上々の内容。叩き2戦目のここなら。
10 ガルボ 阪神カップ 2着 3年前の2着馬。ただ今回58kg背負って... - -
6 11 ミヤジタイガ 弥生賞 2着 ムラ駆けタイプっぽく。前走大敗も侮れず。 -
12 テイエムオオタカ スワンS 2着 距離よりも重賞で全く振るわないのが問題で。 - -
7 13 ブレイズアトレイル 富士S 5着 成績尻すぼみ。巻き返しに期待したいが... - -
14 プリムラブルガリス NZトロフィー 4着 重賞でも好走ある馬。叩き2戦目で変われば。
8 15 ネオウィズダム 浜松S 1着 条件戦連勝も今回重賞。ちと荷が重そうで。 - -
16 サンライズメジャー 南総S 1着 重賞を勝ち切るにはちとパンチ不足。ヒモまで。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第52回京都金杯の展望と予想とヨタ話

 あけましておめでとうございます。
 という訳で、年明け一発目は金杯。第52回京都金杯。

 でもって、この京都金杯。GIII・ハンデ戦というのは裏の中山金杯と同じだが、こちらはマイル戦。 この京都金杯や次の東京新聞杯で結果を出し一休み、そしてステップレースを使って安田記念を目指すというローテーションが確立されているのか、 この時期のこの条件の重賞にしては結構なメンバーが揃うのがこの京都金杯。実際、去年このレースを勝ったダノンシャークはマイラーズC経由で安田記念に出走し3着に入っていたりしますし。

 で、今年の京都金杯はというと...もう、何かとややこしい一戦になってしまいましたな。 マイルCSや富士S・キャピタルS・リゲルS辺りで結果を出した実績馬が出走していれば良かったのだが、今年はこの手の有力馬が不在。 さらに、去年の開催が早めに終わったこともあって阪神カップから参戦してくる馬がいたり、ここは叩き台で目標は次の東京新聞杯みたいな馬がいたりするもんで、 例年以上に混沌とした一戦に。

 そんなこんなで、予想も何かと厄介だったりするのだが...キャピタルSで好走したメイケイペガスターや、 NZトロフィーの4着や皆生特別・豊明Sの勝ちっぷり評価できるプリムラブルガリスがいるんで、今回はこの辺りから入ってみましょうか。ハンデも手頃だし。 あとは、この相手なら巻き返しあっていいエキストラエンド・シャイニープリンスや、ハンデ58kgでも手堅く上位確保しているマイネルラクリマを。 あと、2桁着順も多いが嵌まればカシオペアSや弥生賞のように爆走するミヤジタイガも怖い感じですな。

<第52回京都金杯予想>

◎メイケイペガスター
○ミヤジタイガ
▲プリムラブルガリス
△エキストラエンド
△マイネルラクリマ
△シャイニープリンス

 ガルボを狙うのもアリかもしれんが、58kgがちょっとなぁ...

結果

1着エキストラエンド
2着オースミナイン
3着ガルボ
4着ブレイズアトレイル
5着シャイニープリンス

タイム:1分32秒5 3F:34.4秒
エキストラエンド 牡5歳
騎手:C.ルメール 厩舎:栗東・角居厩舎
単勝:2番1010円
複勝:2番340円、6番180円、10番290円
枠連:1-3 1540円 馬連:2-6 2470円
馬単:2-6 5820円
3連複:2-6-10 8490円
3連単:2-6-10 55260円
ワイド:2-6 830円
    2-10 1780円 6-10 820円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。なんかズレてますなぁ。
 エキストラエンドはいい狙いだったがヒモが印薄めでアウト。

 でもって、京都金杯の結果。中山金杯同様こっちも大波乱というほどではないがそれなりに荒れる結果に。勝ったのは6番人気のエキストラエンド。 そして1番人気のオースミナインが2着、5番人気のガルボが3着に入り、3連単は55260円とこちらも5万馬券での決着に。

 レース自体も、中山金杯と似たような感じで内をついたエキストラエンドが直線で抜け出しそのまま押し切り勝ち。 ただ、こっちは緩い流れからの上がり勝負で、うまくロスなく立ち回った馬が上位に突っ込んできた、そんな感じの内容でしたな。 2着のオースミナインもエキストラエンドを追いかけるような形で抜けてきて2着確保しているし。

 しかしなぁ。完勝といえば完勝だったが、こういう展開で勝っただけにどこまで評価していいのか分かりませんな。エキストラエンド。 京都新聞杯などのGIIでそれなりに好走している馬だし、能力的にはこの位はやれていい馬なんだろうけど...それ以上となると微妙なところ。 良績ある東京なら結構いい線までいくかもしれないが、この辺りはもう少し見てみないと判断つきませんなぁ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。