今週のメインdeパツイチ2014
第49回京都牝馬ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第49回 京都牝馬ステークス 京都・芝1600m  4歳上牝オープン(GIII) 2014年1月25日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ノボリディアーナ 白百合S 1着 前走なかなかの相手にハナ差の2着。重賞でも。
2 ミッドサマーフェア フローラS 1着 立ち直りつつある。そろそろ出番あっても。
2 3 ドナウブルー ヴィクトリア 2着 今回は牝馬が相手。ポカなければ順当勝ち。 -
4 クラウンロゼ フェアリーS 1着 もう一変欲しいところ。ここは様子見。 - -
3 5 チャーチクワイア 牝1000万下 1着 ワンパンチ足りない。この条件では苦しい。 - -
6 プリンセスジャック 桜花賞 3着 桜花賞3着の実績侮れず。復調しているなら。 -
4 7 レジェトウショウ シルクロード 5着 距離も近走成績も微妙。牝馬限定戦でも... - -
8 アドマイヤセプター スプリンタS 5着 実績残してる距離に戻してきたが一変ある? - -
5 9 マイネボヌール 浜松S 3着 それなりに差は詰めるが一押しが足りなくて。 - -
10 ノーブルジュエリー 仲秋S 1着 準OPの走りまずまずも重賞となるとさすがに。 - -
6 11 コスモネモシン 新潟記念 1着 いつも人気薄だが重賞好走は評価でき。 -
12 エアジェルブロワ 牝1000万下 1着 詰め甘い面あるのが難点だがそれなりには。 -
7 13 ゴールデンナンバー ユートピア 1着 前走は展開嵌まらず。ここも展開次第で。
14 ウリウリ ローズS 3着 今回条件恵まれる。あとは展開次第か。 -
8 15 コレクターアイテム 阪神JF 4着 2桁着順続く。もうこれ以上の上積みは... - -
16 ローブティサージュ 阪神JF 1着 条件楽になるが大きく変わらぬ限り出番は。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第49回京都牝馬ステークスの展望と予想とヨタ話

 ここで結果を出してヴィクトリアマイルへ...
 本番はまだまだ先だが侮れない一戦・第49回京都牝馬S。

 という訳で、この京都牝馬ステークス。この時期の重賞にしては前述のような要因もあるのかそれなりにメンバーが揃う一戦。 今年もドナウブルーやローブティサージュ、プリンセスジャックといったGI好走馬が出走。

 ただねぇ、これだけで終わらないのがこの京都牝馬ステークス。というのも、OP戦や条件戦で結果を出した新興勢力の台頭が著しく、 ここの好走をきっかけにしてGIでも活躍する馬になることも多々ありますからねぇ。前述したドナウブルーもここを勝って一気に飛躍した馬だったりしますし。 実績馬だけではなくこの手の新興勢力もマークしておくのが妥当なところ。

 で、この辺りを踏まえて京都牝馬ステークスの予想を。とりあえず実績が実績なだけにドナウブルーはマークしておくのが妥当なところ。 ただ、前述したようなこともあるし、新興勢力もマークしておかないとねぇ。前走の愛知杯は展開が嵌まらず着順は今一つだったがいい末脚は使ってるゴールデンナンバーや、 重賞で好走するも賞金が足りず一旦自己条件から仕切り直しとなったウリウリ、前走のターコイズSでは前述のゴールデンナンバーといい勝負していたレイカーラ相手にハナ差の2着だったノボリディアーナとかさ。

<第49回京都牝馬ステークス予想>

◎ドナウブルー
○ノボリディアーナ
▲ゴールデンナンバー
△ウリウリ
△ミッドサマーフェア

 あと、重賞好走多いのにいつも人気ないコスモネモシンもアリかな。

結果

1着ウリウリ
2着ドナウブルー
3着ノーブルジュエリー
4着ミッドサマーフェア
5着エアジェルブロワ

タイム:1分33秒0 3F:34.1秒
ウリウリ 牝4歳
騎手:浜中俊 厩舎:栗東・藤原英厩舎
単勝:14番420円
複勝:14番170円、3番150円、10番260円
枠連:2-7 400円 馬連:3-14 880円
馬単:14-3 1870円
3連複:3-10-14 2470円
3連単:14-3-10 11080円
ワイド:3-14 350円
    10-14 720円 3-10 590円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、人気所の決着でしたけどね。
 ただ、1番人気の組み合わせで馬連880円ならまずまずでしょう。

 でもって、京都牝馬ステークスの結果。前述しているように、順序が逆になっていたりはするが1・2番人気が1・2着を確保するという無難な結果に。 勝ったのは2番人気のウリウリ。外目の枠からのスタートとなったが、早々に内に潜り込みじっと待機。で、4コーナーで内が開いたところをついて進出し、 逃げ粘るローブティサージュ・エアジェルブロワを交わし先頭へ。人気のドナウブルーもウリウリに迫ってきたが、差は思ったほど詰まらず、結局そのまま押し切り。

 そんなこんなで、勝ったウリウリ。1000万下勝ち上がりの身ではあったが、ローズSで3着に入っているように重賞で勝ち負けできる馬。 これくらいはやれていいでしょう。ただ、今回は位置取りと52kgという斤量が有利に働いた上でこの結果というのは考慮しておかないといけませんな。 2着のドナウブルーは、相手がああいう位置取り、そして斤量差4kgという点を考えれば、この結果は上々。 まだまだやれそう...なのだが、まぁ、ここがラストランだったりするんで。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。