今週のメインdeパツイチ2014
第54回きさらぎ賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第54回 きさらぎ賞 京都・芝1800m  3歳オープン(GIII) 2014年2月9日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 トーセンスターダム 京都2歳S 1着 着差は僅かだが完勝といっていい内容で。 -
2 2 セセリ 若駒S 6着 自分の競馬できればもう少しはやれそうで。
3 3 エイシンエルヴィン 未勝利 1着 ややパンチ不足も馬場渋れば出番ありそう。 -
4 4 サトノルパン 未勝利 1着 末脚はなかなか。嵌まれば上位あっても。
5 5 バンドワゴン エリカ賞 1着 若駒S楽勝のトゥザワールドに完勝。能力非凡。
6 6 ダンツキャノン 札幌2歳S 10着 昇級後の成績が散々。ここでは見劣る。 - -
7 7 ピークトラム デ杯2歳S 3着 重賞で好走あるが前走の負け方気掛かりで。 - -
8 8 オールステイ 野路菊S 6着 粘り足りない。ただ、楽させすぎると... -
9 ブラックカイト 未勝利 1着 スピード不足な面あるが馬場渋れば多少は。 -

以上登録9頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第54回きさらぎ賞の展望と予想とヨタ話

 まだトライアルは始まっていませんが...
 ここでクラシックホース爆誕?第54回きさらぎ賞。

 そんなこんなで、今回のきさらぎ賞。出走頭数が9頭と少なくメンバーも手薄...といいたいところだが、この2頭が出走するというのではあれば話は別。 京都2歳S勝ちのトーセンスターダムとエリカ賞勝ちのバンドワゴンというクラシック有力候補2頭がここでもう激突。

 という訳で、予想もこの2頭中心になってしまうのは仕方がないところ...っていうか、他に対抗できるような馬がいないのではねぇ。 あとはこの2頭のどちらが勝つか、そこが今回のきさらぎ賞の鍵でしょう。実績的にはOPを勝っているトーセンスターダムなのだが...ここはバンドワゴンでいいんじゃないでしょうか。 新馬戦では後に若駒Sを楽勝することになるトゥザワールド相手に完勝、そして前走は軽く追っただけで後続馬を突き放しそのまま5馬身の差をつけ楽勝しているように、能力は非凡。 相手となるトーセンスターダムもかなり強い馬だが、これを一蹴する可能性もあるんじゃないでしょうか。

<第54回きさらぎ賞予想>

◎バンドワゴン
○エイシンエルヴィン
▲トーセンスターダム
△サトノルパン
△セセリ

 ただ、週末の天気がアレだからなぁ。馬場次第では波乱も...

結果

1着トーセンスターダム
2着バンドワゴン
3着エイシンエルヴィン
4着ピークトラム
5着オールステイ

タイム:1分47秒6 3F:35.5秒
トーセンスターダム 牡3歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・池江厩舎
単勝:1番250円
複勝:1番110円、5番110円、3番420円
枠連:1-5 150円 馬連:1-5 150円
馬単:1-5 380円
3連複:1-3-5 1200円
3連単:1-5-3 3310円
ワイド:1-5 110円
    1-3 640円 3-5 630円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ただ、印が逆になっているのがなぁ。
 とはいえ、3着まで拾っているし、悪くはないんじゃないかと。

 そんなこんなで、やはりこの2頭で決着してしまいましたか。トーセンスターダムとバンドワゴン。 バンドワゴンが単勝150円、トーセンスターダムが単勝250円とそれぞれ人気を集める形になったが、勝ったのは2番人気のトーセンスターダムのほう。 直線に入ったところでは逃げたバンドワゴンが後続を突き放し、そのまま押し切る勢いだったが...さすがに今回は相手も強かったようで。 馬郡から抜けてきたトーセンスターダムがバンドワゴンとの差を着実に詰め、ゴール手前でこれに並びかけそのままゴールへ。

 で、首の上げ下げでトーセンスターダムがアタマ差バンドワゴンを交わし1着となった訳だが...まぁ、こういう内容でこの着差ですからねぇ。 着順の差は出たが「ほぼ互角」といっていい結果だったんじゃないでしょうか。ただねぇ、3着のエイシンエルヴィンに結構差を詰められているのがちと気掛かりですな。 トーセンスターダムとバンドワゴン、とりあえず能力あるところは示したが...そこまで抜けた存在ではないのかもしれませんな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。