今週のメインdeパツイチ2014
第64回ダイヤモンドステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第64回 ダイヤモンドステークス 東京・芝3400m  4歳上オープン(GIII) 2014年2月22日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フェイムゲーム 京成杯 1着 復調気配。今回相手関係楽だしそろそろ。
2 2 サイモントルナーレ 丹頂S 1着 ジリ。時計掛からないと出番はなさそうで。 - -
3 3 ファイヤー 晩秋S 1着 芝ではワンパンチ足りず。時計要さないと。 -
4 4 セイクリッドバレー 新潟大賞典 1着 ここ数戦の好走は評価でき。一応警戒。
5 5 メイショウジンム 松籟S 4着 着順冴えないが大負けは少なく。多少は。 -
6 6 アドマイヤバラード 箱根特別 1着 前走なかなかの相手を破る。格上挑戦でも。
7 ラブラドライト 万葉S 2着 楽に競馬できる組み合わせ。嵌まれば今回も。
7 8 ロードオブザリング アンドロメダ 3着 重賞ではぱっとせず。さらに前走負けすぎで... - -
9 セイカプレスト 札幌日経OP 1着 ほどほどに差を詰める程度。ここでは。 - -
8 10 タニノエポレット 万葉S 1着 前走完勝。この勢い持続しているならば。 -
11 イケドラゴン 中山金杯 6着 前々走爆走も前走ビリで元に戻ったか。 - -

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第64回ダイヤモンドステークスの展望と予想とヨタ話

 条件的には天皇賞春の前哨戦といった感じだが...
 そううまくいかないのがねぇ。第64回ダイヤモンドS。

 で、このダイヤモンドステークス。34000mという長距離戦ということもあって、天皇賞春の前哨戦となっていい一戦なのだが... なかなかその天皇賞春に結びつかないのがねぇ。一昨年のビートブラックみたいな例もあることはあるが、何かと嵌まって勝てた感は否めないし。

 まぁ、それはそれとして。ダイヤモンドステークスの予想。天皇賞春を見据えて使ってくる馬よりも、 長距離を得意とする馬が一稼ぎするためにステイヤーズS・万葉Sという流れでここに出てくるケースが多々。 今年も万葉S・ステイヤーズS組が多数出走することに。

 ただねぇ、今回は別路線組のフェイムゲームで勝負するのが正解でしょう。久々を使いつつ上昇。で、前走のAJC杯ではクビ・クビ差の3着。 今回、相手関係楽だしハンデも55kgとそれほど背負わされなかったことだし、ここはあっさり勝てていいんじゃないでしょうか。 あとは、格上挑戦だが前走の箱根特別でオークス3着馬を破った点評価できるアドマイヤバラード、そして万葉S上位のタニノエポレット・ラブラドライトを。

<第64回ダイヤモンドステークス予想>

◎フェイムゲーム
○セイクリッドバレー
▲アドマイヤバラード
△タニノエポレット
△ラブラドライト

 あと距離克服できればセイクリッドバレーもアリかな。

結果

1着フェイムゲーム
2着セイクリッドバレー
3着タニノエポレット
4着ラブラドライト
5着メイショウジンム

タイム:3分30秒2 3F:36.0秒
フェイムゲーム 牡4歳
騎手:北村宏司 厩舎:美浦・宗像厩舎
単勝:1番290円
複勝:1番150円、4番240円、10番150円
枠連:1-4 1580円 馬連:1-4 1520円
馬単:1-4 2400円
3連複:1-4-10 2270円
3連単:1-4-10 11770円
ワイド:1-4 580円
    1-10 300円 4-10 680円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ま、妥当なところでしょうな。
 馬券的にもこの配当なら悪くないんじゃないかと。

 でもって、ダイヤモンドステークスの結果。スタートに失敗して最後方からの競馬となったフェイムゲームだったが、 前との差を徐々に詰め、勝負所で一気に進出し直線入ったところで早々に先頭へ。 積極的に動いていったこともあって直線での伸びはさすがに今一つだったが、後続を退けるには十分だったようで、結局、そのまま先頭をキープしたままゴールへ。

 そんなこんなでフェイムゲームが勝ったのだが...出遅れを挽回して最終的に1・1/2馬身の差をつけ完勝したのは評価していいんだろうけど、 今回は相手関係に恵まれた分勝てた感は否めないんじゃないかと。どこまで通用するかはもう暫く様子見てみないと...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。