今週のメインdeパツイチ2014
第88回中山記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第88回 中山記念 中山・芝1800m  4歳上オープン(GII) 2014年3月2日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ヴェルデグリーン AJC杯 1着 中山は走る。流れに乗れればここでも。 -
2 2 ダイワファルコン 福島記念 1着 去年の2着馬。相手揃うが中山なら出番ある。
3 ダークシャドウ 天皇賞秋 2着 GI・重賞実績は評価もベストは東京で。 - -
3 4 ジャスタウェイ 天皇賞秋 1着 天皇賞秋は強い競馬だったが中山でどこまで? - -
5 ロゴタイプ 皐月賞 1着 中山3勝。久々や58kgや相手が鍵も侮れず。 -
4 6 カレンミロティック 金鯱賞 1着 条件合えば大崩れしない馬。ここでも上位に。
7 アユサン 桜花賞 1着 GI実績は評価も今回久々&この相手では。 - -
5 8 ナカヤマナイト 中山記念 1着 去年の勝ち馬だが有馬記念がちと負けすぎ。 - -
9 アルキメデス 朝日CC 1着 連勝は評価も今回相手がかなり手強くて。 - -
6 10 ユールシンギング セントライト 1着 セントライト記念を再評価。展開嵌まれば。 -
11 トウケイヘイロー 香港カップ 2着 すんなり先手取れる組み合わせ。久々でも。
7 12 ダイワマッジョーレ マイルCS 2着 この条件悪くなく。相手揃うが嵌まれば。 -
13 サダムパテック マイルCS 1着 トーンダウン。しばらく様子見するのが妥当。 - -
8 14 エアソミュール 白富士S 1着 OP連勝評価。相手強化が課題も上位狙える。 -
15 マイネルラクリマ 七夕賞 1着 今回好条件揃うがGIIIまでの馬っぽくて。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第88回中山記念の展望と予想とヨタ話

 中途半端な条件で春のGIに結びつかない一戦だが...
 今年は何かあるかも。第88回中山記念。

 という訳で、この中山記念。天皇賞春を目指すには距離が短い上に阪神大賞典や日経賞といったよりベターな条件のレースもあって、なかなか天皇賞春へのステップとしては機能しない一戦。 かといって「安田記念や宝塚記念に向けての一戦」というには間隔が開きすぎ。そんなこんなで、何かと中途半端な一戦になりがちなのがこの中山記念。

 しかし...今年の中山記念。天皇賞秋を楽勝したジャスタウェイや皐月賞・朝日杯FS馬ロゴタイプ、桜花賞馬アユサン、マイルCS馬サダムパテックといったGI馬に加え、 トウケイヘイロー・ヴェルデグリーン・カレンミロティック・ユールシンキングといった去年秋以降のGII勝ち馬、連勝で勢いあるアルキメデス・エアソミュール、 去年の中山記念1・2着馬ナカヤマナイト・ダイワマッジョーレと、GIに匹敵するようなメンバー構成になってしまうとはねぇ。

 そんなこんなで、今回の中山記念。前述しているように豪華絢爛といっていいメンバー構成となった訳だが...ちょっと条件が合っていない感じの馬もちらほらいるだけに、 それぞれの馬が持っている能力通りの結果になるかというと微妙なところですな。かなり多くの馬が休み明けだったりするし、 天皇賞秋で他馬を圧倒したジャスタウェイや、ダークシャドウは東京がベストなだけにこの中山で力出し切れるか分からんし。そう簡単には決まらないんじゃないでしょうか。

 で、その辺りを踏まえて中山記念の予想。実績は一応評価するが、ここは中山の実績を重視して予想してみましょうか。 中心はダービー卿CT勝ちを評価してトウケイヘイロー。そしてオールカマー・AJC杯と勝ったヴェルデグリーン、久々や58kgが気掛かりも中山では3勝しているロゴタイプ辺りを。 あとはちょっと格下っぽい感じはするが勢い侮れぬエアソミュールに、中山得意のダイワ2騎とか。

<第88回中山記念予想>

◎トウケイヘイロー
○ダイワファルコン
▲ヴェルデグリーン
△ロゴタイプ
△カレンミロティック
△エアソミュール

 ジャスタウェイは中山金杯3着とかあるが...ちと狙い辛いですな。

結果

1着ジャスタウェイ
2着アルキメデス
3着ロゴタイプ
4着マイネルラクリマ
5着ヴェルデグリーン

タイム:1分49秒8 3F:36.9秒
ジャスタウェイ 牡5歳
騎手:横山典弘 厩舎:栗東・須貝厩舎
単勝:4番530円
複勝:4番210円、9番280円、5番290円
枠連:3-5 900円 馬連:4-9 2730円
馬単:4-9 4570円
3連複:4-5-9 7160円
3連単:4-9-5 38020円
ワイド:4-9 1010円
    4-5 810円 5-9 1590円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ジャスタウェイ無印ではなぁ。
 そして肝心のトウケイヘイローもあんな感じでは...

 でもって、中山記念の結果。逃げると目されていたトウケイヘイローがスタートで出遅れ、最後方からの競馬になるという波乱の幕開け。 その後、ペースが思ったほど上がらなかったこともあってか、その出遅れたトウケイヘイロー、1コーナー付近から盛り返し、改めて逃げる形となったが... これで最後まで粘るのはさすがに無理だったようで。結局、直線半ばで捕まって終了。

 で、そのトウケイヘイローに代わって抜けてきたのが勝ったジャスタウェイ。トウケイヘイローの内をこじ開ける形で抜け出すと、その勢いのまま突き抜け後続馬を置き去りに。 最終的には3・1/2馬身の差をつけ快勝してしまいました。

 しかしなぁ。ジャスタウェイ。うまく立ち回った分の差もあるが...中山でもこれだけの競馬して圧勝してしまうとはねぇ。 どうやら天皇賞秋の圧勝は、フロックだとか東京で嵌まっただけとかそんなのではなく、本当に能力があったからこその圧勝だったんでしょうな。 この調子が維持できるのであれば、今年のマイル〜中距離GIを総なめすることもできるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。