今週のメインdeパツイチ2014
第51回弥生賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第51回 弥生賞 中山・芝2000m  3歳オープン(GII) 2014年3月9日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 エアアンセム ホープフルS 1着 前走が案外。巻き返しあればいいが... -
2 2 ブラックヘブン ハイセイコー 1着 芝云々よりも前2走の成績今一つなのが... - -
3 3 アデイインザライフ 京成杯 3着 前走は展開の差。能力はなかなか高く。
4 4 ウンプテンプ 新馬 1着 新馬戦の勝ちっぷり評価。重賞でも怖い。
5 アグネスドリーム 京都2歳S 2着 前2走が今一つ。楽に行けても辛いか。 -
5 6 キングズオブザサン 京成杯 2着 もう一押し欲しいところ。ここは3着まで。 - -
7 アズマシャトル NIKKEI杯2歳S 2着 強敵相手に好走評価。ただ今回も相手が... - -
6 8 エイシンエルヴィン きさらぎ賞 3着 前走は強敵相手に好走。展開次第で。
9 イタリアンネオ 若竹賞 1着 少々パンチ不足。展開嵌まらないと... -
7 10 トゥザワールド 若駒S 1着 底見せぬ。相手強くなるがここも突破? -
11 ワンアンドオンリー NIKKEI杯2歳S 1着 前走の完勝は評価。ただその前の成績が... -
8 12 タイセイクルーズ 500万下 1着 芝も一応こなすが今回重賞でこの相手では。 - -
13 サトノロブロイ 福寿草特別 1着 自己条件はすんなり脱出するも重賞だと... - -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第51回弥生賞の展望と予想とヨタ話

 今週からトライアルレース、スタートです。
 日曜は牡馬の出番。皐月賞トライアル、第51回弥生賞。

 という訳で、この弥生賞。ここ数年スプリングステークスに押され気味で、地位が低下傾向にある一戦だが... クラシックに向けての重要な一戦であることには違いないようで。今年もクラシック制覇を目指す有力馬が多数参戦。

 でもって、今回の弥生賞。一足先に結果を出したトーセンスター・バンドワゴンに対抗できるような馬がこの弥生賞で誕生するのかどうかが気になるところだが... まぁ、この2頭がいますからねぇ。トゥザワールドとワンアンドオンリー。トゥザワールドは重賞こそ使っていないが、黄菊賞・若駒Sで能力の違いをみせつけ圧勝、 ワンアンドオンリーは萩Sや東スポ杯2歳Sで負けてはいるものの、出世レースであるラジオNIKKEI杯2歳Sを完勝...といった感じで、 前述の2頭に匹敵するだけの能力は持っていそうだし。

 で、予想の方もこの2頭中心でいいでしょう。ただ、ワンアンドオンリーは前述しているように萩Sや東スポ杯2歳Sで負けているのが気掛かり。 ここはきさらぎ賞3着のエイシンエルヴィンや京成杯でいい末脚使って突っ込んできたアデイインザライフを優先して勝負するのもアリなんじゃないでしょうかねぇ。

<第51回弥生賞予想>

◎トゥザワールド
○アデイインザライフ
▲エイシンエルヴィン
△ワンアンドオンリー
△ウンプテンプ

 能力未知数なウンプテンプで一発狙うのもアリかもしれんが...

結果

1着トゥザワールド
2着ワンアンドオンリー
3着アデイインザライフ
4着エアアンセム
5着キングズオブザサン

タイム:2分01秒4 3F:36.4秒
トゥザワールド 牡3歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・池江厩舎
単勝:10番160円
複勝:10番110円、11番220円、3番170円
枠連:7-7 680円 馬連:10-11 690円
馬単:10-11 860円
3連複:3-10-11 1470円
3連単:10-11-3 3850円
ワイド:10-11 330円
    3-10 260円 3-11 830円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ま、こんなもんでしょうか。
 トゥザワールド一本被りでこの配当ならまずまずかと。

 という訳で、弥生賞の結果。土曜のチューリップ賞同様、抜けた1番人気の馬がその人気に応え勝利したのだが...こっちはかなり際どい結果に。 道中は中団で待機していたトゥザワールド、勝負所で捲って進出し、直線入ったところで先頭へ。で、その勢いのまま後続馬を突き放し独走態勢に持ち込んだのだが... 残り100mを過ぎた辺りからワンアンドンリーが猛烈な追い上げをみせ、最終的には並んだ状態でゴールへ。

 結局、首の上げ下げでトゥザワールドがワンアンドオンリーをハナ差退け1着となったのだが...いやぁ、ここまで縺れることになるとはねぇ。 人気薄での勝利とはいえ、クラシックの登竜門であるラジオNIKKEI杯2歳Sを勝ったワンアンドオンリーを軽く扱ってしまったのはさすがにマズかったですな。 まぁ、今回のレースで有力所と遜色ない能力の持ち主であることは分かったし、次は狙っていけるんじゃないかと。 ただ、馬券的な妙味がなくなりつつあるのが残念といえば残念ですが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。