今週のメインdeパツイチ2014
第28回フラワーカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第28回 フラワーカップ 中山・芝1800m  3歳牝オープン(GIII) 2014年3月21日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ミスウインストン 500万下 8着 昇級戦が物足りず。重賞では出番ないか。 - -
2 ホクラニミサ 未勝利 1着 パシフィックギャル相手に好走有。侮れず。 -
2 3 チョコレートバイン エルフィンS 3着 今回展開利見込める。前走以上あっても。
4 リーサルウェポン 未勝利 1着 しっかりと脚を使うのは評価。展開次第で。 -
3 5 ショウナンパンドラ エルフィンS 2着 展開鍵だが能力非凡。上位争い可能。 -
6 ニシノアカツキ フェアリーS 2着 重賞好走評価。うまく流れに乗れれば。 -
4 7 バウンスシャッセ 寒竹賞 1着 スピード勝負は分が悪いが今の中山なら。 -
8 ディルガ 梅花賞 9着 昇級戦が今一つ。しばらく様子見か。 - -
5 9 マイネグレヴィル 札幌2歳S 2着 切れ味足りない。時計掛からないと... - -
10 クリスマス 函館2歳S 1着 立ち直った前走評価。距離克服できれば。 -
6 11 ベストリーダー 新馬 1着 今回久々。さらに新馬は展開嵌まった感あって。 - -
12 マローブルー 牝未勝利 1着 未勝利だが前走の勝ちっぷり評価。重賞でも。 -
7 13 パシフィックギャル アルテミスS 2着 実績は評価も詰め甘い面あるだけに過信は。 -
14 ヴィータアレグリア 牝500万下 5着 ジリ。時計掛かる馬場になればいいが... - -
8 15 マイネオーラム 牝500万下 1着 たまに大駆けあるが重賞ではさすがに辛い。 - -
16 スマイルシャワー 牝未勝利 1着 多少時計要す中山合いそう。一発注意。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第28回フラワーカップの展望と予想とヨタ話

 桜花賞に滑り込み?それともオークスへ?
 各種GIへの裏口、第28回フラワーカップ。

 という訳で、このフラワーカップ。桜花賞に向かうにはローテーションがキツめだったり、クセのある中山コース、 まだ冬場ということで芝コンディションが今一つで時計を要す馬場状態になりがちだったりとか、何かと厄介な条件があったりする一戦だが... 去年のエバーブロッサムやリラコサージュ、さらにその前にはオウケンサクラ・サンテミリオン・ブラックエンブレム・キストゥヘヴン・シーザリオ・ダンスインザムードと 3歳牝馬クラシックで活躍する馬を続々輩出しているのがこのフラワーカップ。主流から外れてはいるが、侮れない一戦。

 で、今年のフラワーカップ。極端に抜けた馬はいないが、阪神JF4着のクリスマスに、重賞で好走しているニシノアカツキ・パシフィックギャル・マイネグレヴィル、 エルフィンS2・3着のショウナンパンドラ・チョコレートバインとなかなかの実績残している馬が集結。さすがに「打倒ハープスター」の旗手となるのは難しいところだが、 それ以外の馬が相手なら十分勝負になる面子。GIで活躍する馬が現れても不思議ではないでしょう。

 そんなこんなで、予想もこれらの馬中心。ただねぇ、これらの馬、後ろから行く馬が多いのがちと気掛かり。さらに今回、これといった逃げ馬がおらずペースが落ち着きそうなのもねぇ。 一応、自分で動いていくこともできるショウナンパンドラを中心にしてみたが...展開次第では一波乱あるかもしれませんな。前で競馬できるチョコレートバイン・ホクラニミサ辺りを絡めてみるのもアリかな。

<第28回フラワーカップ予想>

◎ショウナンパンドラ
○マローブルー
▲クリスマス
△ニシノアカツキ
△チョコレートバイン
△パシフィックギャル

 あと中山合っていそうなマローブルーも怖いところ。

結果

1着バウンスシャッセ
2着マイネグレヴィル
2着パシフィックギャル(同着)
4着マローブルー
5着ショウナンパンドラ

タイム:1分51秒3 3F:37.0秒
バウンスシャッセ 牝3歳
騎手:北村宏司 厩舎:美浦・藤沢和厩舎
単勝:7番680円
複勝:7番260円、9番260円、13番300円
枠連1:4-5 670円 枠連2:4-7 1800円
馬連1:7-9 1110円 馬連2:7-13 1830円
馬単1:7-9 2240円 馬単2:7-13 3310円
3連複:7-9-13 7750円
3連単1:7-9-13 20200円
3連単2:7-13-9 23570円
ワイド:7-9 800円
    7-13 1220円 9-13 1160円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。狙いは悪くなかったんだが...
 印が食い違ったり軸馬が馬券に絡めなかったりと微妙な結果に。

 まぁ、それはそれとして。フラワーカップの結果。先行馬が少なくペースが緩くなるのは読み通り。 前半3ハロン通過が37.1秒、1000m通過が1:02.1と時計の掛かる中山の馬場状態を考慮しても緩い流れに。

 ただ、こういうペースだったにも関わらず、馬群は縦長。となれば、前に行った馬が残ってしまうのは道理でしょう。 逃げたホクラニミサは沈んでしまったが、直線では好位から競馬した馬同士の争いになり、結局それらの馬が上位を独占する結果に。 逆に、クリスマス・ショウナンパンドラといった人気所は中団よりも後ろから競馬したことが災いした様子。 3コーナー付近から進出するものの前との差は思ったほど詰まらず、中団に押し上げた程度で終了。

 しかしなぁ、ステップレースとして機能したかというと...ねぇ。こういう展開だっただけに、この結果はあまりアテにできないんじゃないかと。 とりあえず、休み明けのクリスマスやパシフィックギャルがそれなりに走ったことは評価するが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。