今週のメインdeパツイチ2014
第63回スプリングステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第63回 スプリングステークス 中山・芝1800m  3歳牡・牝オープン(GII) 2014年3月23日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サクラエール こぶし賞 1着 地味だがそこそこ走る。重賞でも一応注意。 -
2 2 ロサギガンティア 500万下 1着 自己条件完勝評価。この相手なら重賞でも。 -
3 ベルキャニオン 共同通信杯 2着 いい末脚持っている。流れに乗れれば。 -
3 4 アジアエクスプレス 朝日杯FS 1着 強敵不在。ここで結果出して次に繋げたい。 -
5 モーリス シンザン記念 5着 嵌まればかなりの末脚使う馬。展開次第で。 -
4 6 ミッキーデータ セントポー賞 6着 もう一伸びできなかった前走不満。重賞では。 - -
7 ダノンアンビシャス 寒竹賞 3着 前2走は流れ向かず。もう少しやれていい筈。 -
5 8 ウインマーレライ ホープフルS 5着 近走今一つ。アスター賞ぐらい走ればいいが... -
9 リーゼントロック 黒竹賞 1着 芝もこなせていい馬。一変あれば重賞でも。 -
6 10 クラリティシチー 東スポ杯2歳S 3着 いい競馬するが一押し足りない。ここも?
11 マイネルアウラート 500万下 1着 地味だがなかなかの末脚ある馬。嵌まれば。 -
7 12 ネオヴァロン ホープフルS 8着 大きくは負けていないが力不足は否めなく。 - -
13 シベリアンタイガー 未勝利 1着 前走は展開嵌まった感有。ここでは厳しい。 - -
8 14 クインズハリジャン 京王杯2歳S 2着 久々が鍵も重賞2着馬だけに軽視は出来ぬ。 - -
15 ナスノアオバ 水仙賞 1着 今回重賞。さすがに前走のようにはいかぬ。 - -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第63回スプリングステークスの展望と予想とヨタ話

 皐月賞トライアルもこのレースで終了。
 最後の切符はどの馬に?第63回スプリングステークス。

 という訳で、このスプリングステークス。前述しているように、上位馬に優先出走権が与えられる皐月賞トライアル。 そういうこともあって、皐月賞への出走権を得るべく有力馬が多数出走...となれば良かったのだが、実際の所、有力所は重賞で結果を出して賞金を十分に得ていたり、弥生賞に出走していたりするもんだから、 このスプリングステークスにはあまり出走して来ず。

 ただ、今回はこの馬がいますからねぇ。朝日杯FS馬アジアエクスプレス。もうこの馬だけで十分でしょう。 休み明けだとか距離延長だとか多少不安点もあったりするが、そこまで強敵が揃わなかったことだし、ここはすんなり結果出してくれるんじゃないでしょうか。

 あとは、アジアエクスプレスの相手探し。実績を評価するのであれば、イスラボニータという有力馬相手に好走したことあるベルキャニオン・クラリティシチーでいいのだが、 どちらも仕掛け所が難しい馬ですからねぇ。展開次第ではロサギガンティア・モーリスといった500万下勝ち馬にもチャンスはあるんじゃないでしょうか。

<第63回スプリングステークス予想>

◎アジアエクスプレス
○マイネルアウラート
▲ベルキャニオン
△ロサギガンティア
△クラリティシチー
△モーリス

 あと、いつも人気ないがいい末脚持ってるマイネルアウラートも。

結果

1着ロサギガンティア
2着アジアエクスプレス
3着クラリティシチー
4着モーリス
5着リーゼントロック

タイム:1分48秒4 3F:36.0秒
ロサギガンティア 牡3歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:美浦・藤沢和厩舎
単勝:2番560円
複勝:2番180円、4番140円、10番170円
枠連:2-3 290円 馬連:2-4 850円
馬単:2-4 1950円
3連複:2-4-10 1890円
3連単:2-4-10 10010円
ワイド:2-4 370円
    2-10 530円 4-10 400円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。印が逆になっていたりするが...
 この組み合わせでこの配当なら上々でしょう。

 で、スプリングステークスの結果。外枠ということでシベリアンタイガー・ナスノアオバが1コーナーまで飛ばして先頭を確保したりしたが、 それ以外は割と予想通りで平穏なレースに。ペース自体も前半3ハロン通過が35.8秒、1000m通過が1:00.3と行く馬が行って馬群が縦長になった割にはそこまで速くならず。

 そんな中、勝ったロサギガンティアと2着のアジアエクスプレスは揃って中団を追走。 勝負所では、一足先にロサギガンティアが動き、これを追いかける形でアジアエクスプレスが進出。 ただ、休み明けだった分反応が鈍かったのか、アジアエクスプレス、ロサギガンティアについていけず。 結局、ロサギガンティアが直線で抜け出しそのままゴールへ。アジアエクスプレスは馬群に飲まれる勢いだったが、 直線半ばでようやくエンジンがかかって巻き返し、なんとか2着を確保。

 しかし、休み明けや距離延長を考慮すればこの内容は悪くなかったんじゃないでしょうかねぇ。アジアエクスプレス。 勝負所で置かれたのはイタかったが、その後の伸びは評価出来るし、距離的には皐月賞でもやれる目処が立ったしさ。 あとは、主要な重賞を勝っている他の有力馬相手にどこまでやれるか、そこが問題ですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。