今週のメインdeパツイチ2014
第62回阪神大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第62回 阪神大賞典 阪神・芝3000m  4歳上オープン(GII) 2014年3月23日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ゴールドシップ 宝塚記念 1着 有馬記念3着で復調の兆し。もう一変あれば。 -
2 2 バンデ 菊花賞 3着 今回も同型不在。楽に行ければ逃げ切りも。
3 3 サイモントルナーレ 丹頂S 1着 スピード不足。時計掛からないと出番は... - -
4 4 エーシンスピーダー 錦秋S 4着 芝よりも距離が問題。ここでは苦しい。 - -
5 5 エーシンミラージュ オリオンS 1着 長いところがあっている様子。嵌まれば。 -
6 6 サトノノブレス 菊花賞 1着 ようやく軌道に乗る。今回強敵いるが通用。
7 7 タマモベストプレイ 有馬記念 5着 GIでもほどほどに好走。この相手なら。 -
8 8 アドマイヤラクティ ジャパンC 4着 前走は使い詰めで崩れた感有。巻き返し。 -
9 ヒットザターゲット 京都大賞典 1着 近走ちと物足りないが一叩きした効果見込め。

以上登録9頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第62回阪神大賞典の展望と予想とヨタ話

 この辺りから本格的に一線級が始動。
 天皇賞春の前哨戦、第62回阪神大賞典。

 という訳で、この阪神大賞典。一昨年はオルフェーヴル、去年はゴールドシップとGI戦線で活躍する一線級の馬が天皇賞春を目指し出走してくるのがこの阪神大賞典。 ただねぇ、この阪神大賞典組。ここ数年、本番で結果を出せていないのがちょっとアレ。 前述したオルフェーヴル、ゴールドシップといった猛者でさえも、天皇賞春ではそれぞれ11着、5着とサッパリだったりするし。 ステップレースとしては微妙な一戦になりつつあるのかもしれませんなぁ...

 まぁ、それはそれとして。今回の阪神大賞典。去年の勝ち馬ゴールドシップが今年もこの阪神大賞典で始動。 実績はダントツだし有馬記念3着で復調気配窺えたし、ここはこの馬で勝負...といきたいところだが、 今回は菊花賞2・3着のサトノノブレス・バンデといった活きのいい馬がいますからねぇ。今回はこっちで勝負してみましょうか。

 あとは、有馬記念敗北から一息入れて立て直しているならば出番あってよさそうなアドマイヤラクティ、 新潟大賞典・小倉大賞典と中距離で結果を残しているが、1000万下にいた頃は長めの距離で結果を出していたヒットザターゲット、 そして、復調しているかどうかについて不安は残るが、それなりに走れば実績が実績なだけに上位争いできていい筈のゴールドシップを。

<第62回阪神大賞典予想>

◎サトノノブレス
○バンデ
▲アドマイヤラクティ
△ゴールドシップ
△ヒットザターゲット

 あと、バンデの単騎逃げにも注意必要かな。

結果

1着ゴールドシップ
2着アドマイヤラクティ
3着バンデ
4着サトノノブレス
5着ヒットザターゲット

タイム:3分06秒6 3F:35.0秒
ゴールドシップ 牡5歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・須貝厩舎
単勝:1番170円
複勝:1番110円、8番200円、2番150円
枠連:1-8 480円 馬連:1-8 940円
馬単:1-8 1240円
3連複:1-2-8 1120円
3連単:1-8-2 4060円
ワイド:1-8 310円
    1-2 190円 2-8 540円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。でも、この組み合わせではなぁ。
 ゴールドシップ薄めの上に軸が来ないというのは...

 まぁ、それはともかく。阪神大賞典の結果。有馬記念では3着と本当に復調したのか判断つかない状態だったゴールドシップだったが...ねぇ。 蓋を開けてみれば、好位追走から早め先頭、そして後続馬をぶっちぎって勝利という強い競馬。これだけやれればもう復活したと考えていいでしょう。

 あと、ゴールドシップの圧勝の陰に隠れてしまっている感じはするが、2・3着のアドマイヤラクティ・バンデも悪くはなかったんじゃないでしょうか。 アドマイヤラクティは本調子であればこれ位は走れることを証明したし、バンデは4コーナーで交わされてそのまま沈むかと思いきや、 ここから盛り返して3着確保した粘りは評価していいでしょうし。ゴールドシップには敵わないかもしれないが、他の馬相手だったら好勝負できるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。