今週のメインdeパツイチ2014
第74回皐月賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第74回 皐月賞 中山・芝2000m  3歳牡牝オープン(GI) 2014年4月20日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ワンアンドオンリー NIKKEI杯2歳S 1着 人気以上に走る馬。前走ぐらい走ればここも。
2 イスラボニータ 共同通信杯 1着 実力は認めるが、やはりベストは東京っぽく。 -
2 3 クラリティシチー スプリングS 3着 いい末脚持っているが展開頼みな面あるだけに... - -
4 クリノカンパニー シンザン記念 11着 前走が負けすぎ。ここはさすがに出番ないか。 - -
3 5 アデイインザライフ 弥生賞 3着 終いは確実だがこの相手では入着が精一杯か。 - -
6 アドマイヤデウス 若葉S 1着 若葉S勝ち評価。少し時計かかる馬場も○で。
4 7 トーセンスターダム きさらぎ賞 1着 底見せておらず。今回相手揃うがここも? -
8 ステファノス 毎日杯 3着 勝ち切れなかった前走不満。GIでは... - -
5 9 スズカデヴィアス すみれS 1着 前走悪くないがこの相手はさすがに厳しく。 - -
10 ベルキャニオン 共同通信杯 2着 末脚まずまず。ホープフルSぐらい走れば。 -
6 11 ロサギガンティア スプリングS 1着 トライアル勝ちは評価も今回相手が揃って。 - -
12 タガノグランパ ファルコンS 1着 距離は大丈夫だがこの相手はさすがに... - -
7 13 キングズオブザサン 京成杯 2着 大きいところではちと足りぬ。ここでは。 - -
14 バウンスシャッセ フラワーC 1着 中山適性高い。牝馬だが嵌まれば上位も。 -
15 コウエイワンマン すみれS 6着 パンチ不足。さらにこの相手となると... - -
8 16 アジアエクスプレス 朝日杯FS 1着 前走は久々堪えた感あり。一変あれば。
17 トゥザワールド 弥生賞 1着 弥生賞はハナ差で勝利も勝ちは勝ち。ここも。 -
18 ウインフルブルーム 朝日杯FS 3着 強敵相手に善戦評価。ここでも手堅く上位? -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第74回皐月賞の展望と予想とヨタ話

 桜花賞は圧倒的人気のハープスターが順当に勝利したが...
 さて、こっちは?3歳牡馬クラシック一冠目・第74回皐月賞。

 でもって、今回の皐月賞。先週の桜花賞と打って変わって、こちらは各種トライアルや重賞で結果を出した馬が勢揃い。 まさに「群雄割拠」といっていい一戦となった訳ですが...それが故に、予想するにも何かと厄介な感じに。先週のハープスターみたいに抜けた馬がいれば、予想は楽なんですけどねぇ...

 まぁ、それはともかく。なかなか難解な一戦だがとりあえず皐月賞の予想を。重賞好走馬で無難に勝負したいところだが... 今回、この手の馬が沢山いすぎて絞りきれないのがねぇ。さらに、それぞれの重賞のレベル差を計ろうにも、ものさしとなる馬がおらず、明確な線引きができなかったりするし...

 という訳で、単純な能力比較ができそうにないんで、ここは中山適性だとか展開だとかで絞り込んで勝負してみましょうか。 となれば、中山が舞台の弥生賞やスプリングSで結果を出した馬が中心になるのは仕方がないところ。ここは弥生賞1・2着のトゥザワールド・ワンアンドオンリー、 朝日杯FSを勝ちスプリングSでも2着に入ったアジアエクスプレス外せないんじゃないでしょうか。スプリングS勝ちのロサギガンティアも悪くはないのだが... 前の3頭と比べると実績的に見劣るのがちょっとねぇ。ここは中山実績がなくても重賞勝ちの内容濃いトーセンスターダム・イスラボニータを優先させたいところ。

 あとは展開。これといった逃げ馬がおらず、緩い流れになりそうな雰囲気。となれば、前に行ける馬か瞬発力に秀でている馬で勝負...となるのだが、 中山コースということを考えると、ここは前に行ける馬に分があるんじゃないでしょうかねぇ。前走のように早めに上がっていくこともできるトゥザワールドとか、 自在性あるトーセンスターダム・アドマイヤデウスとかさ。まぁ、後者の方をとって、クラリティシチーやアデイインザライフ、 ベルキャニオン、キングズオブザサンといった中山向きの差し・追込馬で一発狙ってみるというのもアリかもしれんが...

<第74回皐月賞予想>

◎トゥザワールド
○アドマイヤデウス
▲アジアエクスプレス
△ワンアンドオンリー
△イスラボニータ
△トーセンスターダム

 手広く勝負したいところだが、それはオッズと相談しないと...

結果

1着イスラボニータ
2着トゥザワールド
3着ウインフルブルーム
4着ワンアンドオンリー
5着ステファノス

タイム:1分59秒6 3F:35.3秒
イスラボニータ 牡3歳
騎手:蝦名正義 厩舎:美浦・栗田厩舎
単勝:2番510円
複勝:2番190円、17番150円、18番470円
枠連:1-8 330円 馬連:2-17 920円
馬単:2-17 1900円
3連複:2-17-18 7690円
3連単:2-17-18 33490円
ワイド:2-17 390円
    2-18 1990円 17-18 1250円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。人気割れたお陰でまずまずの配当に。
 ただ、印が逆になっているのはちょっとアレですが...

 でもって、皐月賞の結果。桜花賞と違ってかなり人気が割れることとなったが、終わってみればこっちも1・2番人気馬同士で決着するという順当な結果に。 勝ったのは2番人気のイスラボニータ。トゥザワールドやアジアエクスプレス、トーセンスターダムが好位を確保する中、イスラボニータは中団を追走。 ただ、ペースがそこまで速くないと判断したのか、これまでのような直線での末脚勝負には持ち込まず、早め早めに捲って進出。 あとは、好位から抜けてきたトゥザワールドを難なく交わして先頭、そしてその勢いのままこれを突き放し、最終的には1・1/4馬身の差をつけ完勝。

 そんなこんなで、勝ったイスラボニータ。東京や新潟でしか結果を出していなかったもんで、中山への適性が疑問視されたりしたが...結果はこれですからね。 何の問題もありませんでした。そんなこんなで、不安点も解消されたとなると、もうこういう結果になってしまうのは仕方がないんじゃないかと。 きっちり能力を出し切って順当に勝った、そんな内容でした。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。