今週のメインdeパツイチ2014
第11回福島牝馬ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第11回 福島牝馬ステークス 福島・芝1800m  4歳上牝オープン(GIII) 2014年4月26日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ウインプリメーラ チューリップ 2着 前2走の崩れ方問題。巻き返しあればいいが... - -
2 アロマティコ エリ女王杯 3着 勝ち切れないが末脚は相変わらず。展開次第で。 -
2 3 クラウンロゼ フェアリーS 1着 多少復調するも重賞では少し荷が重いようで。 - -
4 レイカーラ ターコイズS 1着 能力高いが今回条件少々合っていなくて。 -
3 5 セキショウ 紫苑S 1着 2桁着順続く。現状で一変を期待するのは... - -
6 ケイアイエレガント 中山牝馬S 2着 人気薄で好走続ける。ここでも注意必要。 -
4 7 キャトルフィーユ 中山牝馬S 2着 重賞で連続2着は評価していい。ここでも。
8 トーセンベニザクラ フェアリーS 1着 多少走るようになるがちとパンチ不足で。 -
5 9 ミヤコマンハッタン スピカS 5着 同型いるし今回重賞。さすがに厳しいか。 - -
10 トーセンアルニカ エリ女王杯 4着 どこでも相手なり。3着なら可能性あるが。 -
6 11 フロアクラフト 但馬S 2着 パンチ不足。重賞では入着あれば上々か。 - -
12 サトノジュピター 鎌ケ谷特別 1着 格上挑戦だが条件戦の内容上々なだけに。 -
7 13 アグネスワルツ マーメイドS 2着 前々走ぐらい走ればチャンスも。軽視は禁物。
14 フィロパトール 関門橋S 5着 昇級後の成績冴えず。展開嵌まらないと。 - -
8 15 ミッドサマーフェア フローラS 1着 復調しているが馬券に絡めるかは展開次第。 -
16 サンシャイン 愛知杯 2着 たまに爆走ある馬だが重賞ではさすがに辛く。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第11回福島牝馬ステークスの展望と予想とヨタ話

 ローカル場の牝馬限定戦という地味な一戦だが...
 ヴィクトリアMへのステップでもある一戦。第11回福島牝馬S。

 で、この福島牝馬ステークス。前述しているように、ここを使ってヴィクトリアマイルに向かう馬が多数いることもあって、 ローカル場の重賞の割にはそれなりにメンバーが揃う一戦。今年も中山牝馬Sなどの重賞で結果を出している牝馬が多数出走。

 でもって、そんな福島牝馬ステークスの予想。重賞出走馬多数だが、そのほとんどが中山牝馬Sのもの。 となれば、中山牝馬Sの結果をそのままスライドさせてしまってもいいんじゃないでしょうか。という訳で、中心はキャトルフィーユ。 前走の中山牝馬S2着だけではなく、その前の愛知杯でも2着に入っているように走りは安定。さらに逃げ・先行馬多数で展開も向きそうだしさ。

 あとは、良績集中している東京・新潟コースではないが能力的には通用していいレイカーラに、展開が鍵だがGIでも勝ち負けできるだけの末脚持っているアロマティコ、 前々走ぐらいの粘り発揮すれば前残りありそうなアグネスワルツを。

<第11回福島牝馬ステークス予想>

◎キャトルフィーユ
○サトノジュピター
▲レイカーラ
△アロマティコ
△アグネスワルツ
△ミッドサマーフェア

 あと、仕掛けがいい塩梅に嵌まればサトノジュピターもアリかな。

結果

1着ケイアイエレガント
2着キャトルフィーユ
3着フィロパトール
4着ウインプリメーラ
5着トーセンアルニカ

タイム:1分47秒0 3F:35.2秒
ケイアイエレガント 牝5歳
騎手:吉田豊 厩舎:美浦・尾形厩舎
単勝:6番900円
複勝:6番290円、7番180円、14番2660円
枠連:3-4 1430円 馬連:6-7 1440円
馬単:6-7 3470円
3連複:6-7-14 45330円
3連単:6-7-14 238230円
ワイド:6-7 520円
    6-14 9610円 7-14 6970円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。まぁ、1・2着は妥当なところなんだけど...
 3着のフィロパトールはなぁ。ケツ人気はキツいですわ。

 それはともかく。福島牝馬ステークスの結果。逃げ・先行馬が揃ったこともあり、それなりのペースになると思っていたんだが...蓋を開けてみれば、 ケイアイエレガント・フィロパトールがすんなり先手を奪ったこともあって、前半1000m通過が1:00.0とあまり速くならず終い。で、こんなペースだったもんだから、 結局、前残りの競馬に。逃げたケイアイエレガント、直線でも止まらず好位追走から迫ってきたキャトルフィーユを封じてそのままゴールへ。

 しかしなぁ、終わってみれば中山牝馬Sの2着同着馬同士で決着するという無難な結果に。 展開がこんな感じだったもんで、この結果をどこまで信用していいのか分からんが...とりあえず、安定して走るのは評価していいんじゃないでしょうか。 相手が強くなると厳しい感じではあるが、牝馬限定のGIIIだったら十分勝ち負けになるんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。