今週のメインdeパツイチ2014
第45回マイラーズカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第45回 マイラーズカップ 京都・芝1600m  4歳上オープン(GII) 2014年4月27日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ラインブラッド 尾張S 1着 2桁着順続く。変わる余地はなさそうで... - -
2 ダノンプログラマー 米子S 3着 重賞成績物足りず。ここではさすがに。 - -
2 3 サンカルロ 阪神カップ 1着 マイルはちと長い。相手も揃っているし... - -
4 ワールドエース 皐月賞 2着 前走久々にしては上々。叩き2戦目で。 -
3 5 フィエロ 六甲S 1着 この勢い侮れぬ。重賞もあっさり突破? -
6 オースミナイン 京都金杯 2着 大崩れしない馬。休み明け&重賞でも。
4 7 アドマイヤドバイ ラジオNIKKEI 3着 詰めの甘さ気になるも堅実駆けは評価でき。 - -
8 エールブリーズ ダービー卿CT 4着 前走4着は評価もやはりマイルはちと長く。 - -
5 9 カシノピカチュウ ラジオNIKKEI 2着 今回相手揃う。ここは様子見が正解っぽく。 - -
10 カオスモス ダービー卿CT 2着 不利な枠順克服して2着確保した前走評価。 -
6 11 レッドアリオン ニューイヤー 1着 前走が負けすぎ。一変あればいいが。 -
12 エキストラエンド 京都金杯 1着 重賞勝ちの舞台。相手揃うがここも勝ち負け。
7 13 ラトルスネーク 阪神カップ 5着 重賞好走評価。末脚生きる展開になれば。
14 アクションスター 京成杯 2着 末脚はそれなり。ただ今回相手が揃って... -
8 15 コアレスドラード 修学院S 1着 2桁着順連発。一変は望めそうになくて。 - -
16 サワノパンサー 洛陽S 2着 京都は歓迎も重賞はさすがにムリっぽく。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第45回マイラーズカップの展望と予想とヨタ話

 春のマイル路線もぼちぼち佳境に。
 安田記念へのステップ、第45回マイラーズカップ。

 という訳で、このマイラーズカップ。ヴィクトリアマイルへのステップにもなったりするが、基本的には前述しているように安田記念に向けての一戦。 ただ、条件的には京王杯スプリングカップの方が手頃ということもあって、そこまでメンバーは揃わなかったりしますけどね。

 と、まぁ、そんな感じでステップレースとしては微妙な一戦だったりするこのマイラーズカップですが...今年は見逃せない一戦に。 去年秋辺りから頭角を現してきたエキストラエンド・オースミナイン・フィエロ・ラトルスネークといった新興勢力が多数出走している上に、 前走の白富士Sで戦列に復帰した皐月賞2着馬ワールドエースもいたりしますからねぇ。今後のGIを占う上で大事な一戦になる可能性は高いんじゃないでしょうか。

 でもって、そんな今回のマイラーズカップ。実績的にはワールドエースがダントツなのだが、叩き2戦目でどこまで変わるか読めない上に、初のマイルというのがちと気掛かり。 ここは連勝中で勢いあるフィエロで優先させてみましょうか。今回初重賞だが、前走の六甲Sで重賞好走あるラトルスネーク相手に完勝していることを考えれば、ここもすんなり突破できていい筈。 で、あとはワールドエース、そしてマイル重賞で結果を出しているオースミナイン・エキストラエンドを。

<第45回マイラーズカップ予想>

◎フィエロ
○カオスモス
▲ワールドエース
△オースミナイン
△エキストラエンド
△ラトルスネーク

 あと、カオスモスも注意。前走はロスの多い大外枠を克服しての2着。
 うまく流れに乗れれば、今回も上位あっていいんじゃないでしょうか。

結果

1着ワールドエース
2着フィエロ
3着エキストラエンド
4着レッドアリオン
5着オースミナイン

タイム:1分31秒4(R) 3F:33.6秒
ワールドエース 牡5歳
騎手:A.シュタルケ 厩舎:栗東・池江厩舎
単勝:4番640円
複勝:4番200円、5番120円、12番140円
枠連:2-3 590円 馬連:4-5 860円
馬単:4-5 2090円
3連複:4-5-12 1310円
3連単:4-5-12 7930円
ワイド:4-5 390円
    4-12 570円 5-12 230円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。印の順序が少し違っているが...
 まぁ、この組み合わせでこの配当なら上々でしょう。

 でもって、マイラーズカップの結果。拍子抜けするぐらいあっさり復活してしまいましたな。ワールドエース。 レコードで決着するような馬場状態にも関わらず前半3ハロン通過が34.9秒と緩めのペースだったこともあってか、今回は好位からの競馬。 で、4コーナー付近から前を料理にしかかり、残り200mを過ぎた辺りで先頭へ。人気のフィエロがこれを追いかける形で迫ってきてはいたが、 最終的には脚色が一緒になってしまい、結局、ワールドエースがそのまま押し切って勝利。

 という訳で、勝ったワールドエース。ブランクが長かったこともあって、どこまで変わるか読み切れない感じではあったが...結果はこれですからね。 きっちり一変して勝利。さらにレコードのおまけまでついてくる始末。これはもう完全復活したといってしまってもいいんじゃないでしょうか。

 あと、勝ったワールドエースのお陰でかなり影が薄くなってしまっているが、2着のフィエロ、3着のエキストラエンドもこれだけやれれば十分でしょう。 さすがにワールドエースには敵わなそうな感じだが、他の馬が相手だったらいい勝負できるんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。