今週のメインdeパツイチ2014
第149回天皇賞(春)出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第149回 天皇賞(春) 京都・芝3200m  4歳上オープン(GI) 2014年5月4日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アスカクリチャン AR共和国杯 1着 一叩きして変わる余地あるがこの相手では... - -
2 アドマイヤフライト 日経新春杯 2着 前走負けすぎ。良績ある京都に戻るが一変は? - -
2 3 サトノノブレス 菊花賞 2着 もう少し絞れた方がいい?もう一変あれば。 -
4 サイレントメロディ マーチS 1着 血統的にはこなしていい。大化けの可能性も。 -
3 5 レッドカドー 香港ヴァーズ 1着 去年の3着馬。ただ秋以降の成績が物足りなく。 -
6 ホッコーブレーヴ 日経賞 2着 展開嵌まればGIでもそれなりに。軽視は禁物。 -
4 7 フェノーメノ 天皇賞春 1着 前走休み明けにしては悪くなく。一変あれば。 -
8 ゴールドシップ 有馬記念 1着 立ち直ったが、去年の一件があるだけに過信は... -
5 9 タニノエポレット ダイヤモンド 3着 ここ数戦の走り評価も今回相手一気に強化され。 - -
10 フェイムゲーム ダイヤモンド 1着 出遅れ挽回して勝った前走一応評価も今回GIで。 - -
6 11 ラストインパクト 小倉大賞典 1着 前走は流れに乗れず。もう少しはやれる筈。
12 ウインバリアシオン 日経賞 1着 休み明けの日経賞快勝。相手揃うがここも。 -
7 13 オーシャンブルー 有馬記念 2着 たまに快走あるがさすがにこの相手では。 - -
14 キズナ 日本ダービー 1着 帰国緒戦も難なく勝利。当然上位争い。 -
15 アドマイヤラクティ ジャパンC 4着 去年は4着。展開嵌まればチャンス有。 -
8 16 ジャガーメイル 天皇賞春 1着 前走思いの外健闘。10歳馬だがまだやれる? -
17 ヒットザターゲット 京都大賞典 1着 GIの成績物足りず。GIは荷が重いようで... - -
18 デスペラード 京都記念 1着 長距離戦得意だが去年の9着が気掛かりで。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第149回天皇賞(春)の展望と予想とヨタ話

 オルフェーヴルが抜けた後に行われる初の古馬GI。
 古馬の頂点に立つのはどの馬?第149回天皇賞(春)

 という訳で、この天皇賞春。こういう距離の一戦ということもあるのか、古馬の有力所がここを避けて他のレースに向かうことも多く、 思ったほどメンバーが揃わなかったりすることも多々あるのがこの天皇賞春だが...今年はゴールドシップ・フェノーメノ・キズナといったGI馬に、 強敵揃いのGIで2着確保しているウインバリアシオン・サトノノブレス・オーシャンブルーといった古馬路線の有力馬が揃っていますからねぇ。 ジャスタウェイ・ジェンティルドンナ・エピファネイア抜きでこう言っちゃうのもちょっとアレな気もするが、 まぁ、「頂上決戦」といってしまってもいい一戦だったりするんじゃないでしょうか。

 で、そんな今年の天皇賞春。阪神大賞典ではゴールドシップが、日経賞ではウインバリアシオンが、大阪杯ではキズナがそれぞれ強い勝ち方しているだけに、 これら3頭の「三強対決」といった構図に持ち込むこともできるのだが...前述しているように、他にも強力な馬が揃っており、そう簡単に結論付けることができないのが今回の天皇賞春。 まぁ、内容が内容なだけに最有力馬であることには違いはないんですけどね。

 そんなこんなで、何かと予想が難しい今回の天皇賞春ですが...ここはウインバリアシオンで勝負してみましょうか。 前走の日経賞は有利な展開ではなかったが、そういう流れにも関わらず一捲りで難なく先頭に立ちそのまま後続をちぎってしまったのは素直に評価していいんじゃないでしょうか。 あとはキズナ。凱旋門賞以来の出走となった大阪杯では最後方からの競馬も直線一気で難なく勝利。こちらも相変わらず好調だし十分勝ち負けになる筈。 ゴールドシップは前走の阪神大賞典を完勝しているが...去年の5着のように急に崩れることあるのがねぇ。馬券的な妙味を考えると、 フェノーメノ・ラストインパクトの巻き返しに期待するのが正解かもしれませんな。

<第149回天皇賞(春)予想>

◎ウインバリアシオン
○サトノノブレス
▲キズナ
△ラストインパクト
△ゴールドシップ
△フェノーメノ

 あと、逃げ馬の激走が多々ある一戦なだけに、展開にも注意。
 楽に競馬できれば前残りありそうなサトノノブレスとかさ。

結果

1着フェノーメノ
2着ウインバリアシオン
3着ホッコーブレーヴ
4着キズナ
5着タニノエポレット

タイム:3分15秒1 3F:34.8秒
フェノーメノ 牡5歳
騎手:蝦名正義 厩舎:美浦・戸田厩舎
単勝:7番1150円
複勝:7番310円、12番310円、6番1470円
枠連:4-6 780円 馬連:7-12 2080円
馬単:7-12 5670円
3連複:6-7-12 38790円
3連単:7-12-6 211180円
ワイド:7-12 740円
    6-7 70050円 6-12 3230円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。結構いい配当になりましたな。
 ただ、印が逆順になっているのが少しアレですけど。

 でもって、天皇賞春の結果。順当に決まりそうで決まらない感じのレースでしたな。抜けた人気となったキズナ、 そしてそれに続く形で人気になったゴールドシップ・ウインバリアシオンは揃って後方からの競馬。(ゴールドシップは出遅れが原因ですけど) で、セオリー通り3〜4コーナーの坂の下り辺りからスパートして前を伺うことになったのだが...結局、どの馬も間に合わず。 残り200mを過ぎた辺りで先頭に立ったフェノーメノがウインバリアシオンやホッコーブレーヴ、キズナらの追撃を退けそのままゴールへ。

 まぁ、そんなこんながあったが、勝ったのはフェノーメノ。前走の日経賞は長期休養明けということもあって5着に敗れることとなったが、 一叩きして本来の調子が戻ったようで。去年の天皇賞春を快勝した走りを今年も披露し天皇賞春連覇という快挙を成し遂げることに。

 ...で、だ。問題は負けた人気馬。ウインバリアシオンは僅差の2着だし大目に見てもいいが、キズナ・ゴールドシップはちょっとなぁ。 ウインバリアシオンを見る形で競馬したんだし、直線でもう一伸びあってもいい筈だったんだが...これがなかったのはイタいですな。 さらにゴールドシップはゲートで暴れて出遅れてしまう始末。この辺りの課題をきちんとクリアしないと、この先、ちと厳しくなるんじゃないかと...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。