今週のメインdeパツイチ2014
第36回新潟大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第36回 新潟大賞典 新潟・芝2000m  4歳上オープン(GIII) 2014年5月11日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ケイアイチョウサン ラジオNIKKEI 1着 能力的には通用も、とにかく展開が鍵で。
2 タマモベストプレイ 有馬記念 5着 手頃な条件に戻る。ここで久しぶりの勝利を。
2 3 スマートギア 中日新聞杯 1着 最近は入着どころか2桁着順連発の有様で... - -
4 カルドブレッサ 中山金杯 2着 前2走は展開嵌まらず。もう少しやれる筈。
3 5 マジェスティハーツ 神戸新聞杯 2着 元の走り戻った様子。ハンデも相手も手頃で。
6 シンゲン オールカマー 1着 5年前の勝ち馬だがもうその頃の走りなくて。 - -
4 7 ダノンヨーヨー 安田記念 4着 最近そこそこ差を詰めるようになるが一変は。 -
8 メイショウナルト オールカマー 2着 前2走の大敗が問題。一変に期待したいが... -
5 9 ナリタクリスタル 新潟記念 1着 最近は2桁着順も多く。もう上積みはないか。 - -
10 ユールシンギング セントライト 1着 復調しつつある。あとは展開さえ嵌まれば。 -
6 11 エクスペディション 新潟記念 2着 一叩きした効果見込めるが重賞ではちと辛く。 - -
12 アドマイヤタイシ 新潟大賞典 2着 重賞実績はあるが1年近くの休み明けでは。 - -
7 13 サクラアルディート AJC杯 2着 前2走が物足りず。一変に期待したいが... - -
14 レインスティック アイルランド 1着 多少持ち直すが重賞では出番なさそうで。 - -
8 15 トランスワープ 新潟記念 1着 去年の成績物足りず。一変あればいいが... - -
16 レッドレイヴン AJC杯 4着 前走完勝。今回相手手頃だし出番あっても。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第36回新潟大賞典の展望と予想とヨタ話

 春のGIで盛り上がる昨今ですが...
 ここはそんなのとは無縁?第36回新潟大賞典。

 で、この新潟大賞典。いつも通りの「ローカル場のハンデ重賞」。ただ、今年は低迷続く重賞勝ち馬が多数出走してきたこともあって何とも微妙な一戦に。 この手の馬が突然復活して大穴をあけるケースもなくはないんだが...さすがにそういうのは狙い辛いんでねぇ。もう来たら来たで諦めるしかないでしょう。

 という訳で、そんな微妙な一戦となった新潟大賞典の予想。頭数は揃っているしハンデ戦ということもあって何かと厄介な感じもするが... 近走不振続きだったり長期休養明けだったりする実績馬をまるっと除外できてしまうんで、予想は結構楽。 相手関係楽になって巻き返しありそうなタマモベストプレイ・ケイアイチョウサン・マジェスティハーツ・ユールシンギングといった3歳クラシック好走組と、 AJC杯で僅差の4着や前走の福島民報杯快勝評価できるレッドレイヴンですんなり決まってしまうんじゃないかと。

<第36回新潟大賞典予想>

◎タマモベストプレイ
○カルドブレッサ
▲ケイアイチョウサン
△レッドレイヴン
△マジェスティハーツ
△ユールシンギング

 あと、一発狙いで実績馬の一変に期待するなら...
 カルドブレッサ・ダノンヨーヨー・メイショウナルト辺りかな。

結果

1着ユールシンギング
2着マジェスティハーツ
3着レッドレイヴン
4着カルドブレッサ
5着ダノンヨーヨー

タイム:1分59秒2 3F:34.1秒
ユールシンギング 牡4歳
騎手:吉田隼人 厩舎:美浦・勢司厩舎
単勝:10番500円
複勝:10番160円、5番160円、16番140円
枠連:3-5 1130円 馬連:5-10 1050円
馬単:10-5 2290円
3連複:5-10-16 1300円
3連単:10-5-16 7500円
ワイド:5-10 410円
    10-16 380円 5-16 350円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。軸馬が来ないんではなぁ。
 ヒモ候補はきっちり上位確保しているんだが...

 まぁ、それはそれとして。新潟大賞典の結果。何かと荒れがちなローカル場のハンデ重賞ではあったが...人気薄の大駆けもなく人気所で順当に決着。 勝ったのはユールシンギング。道中は後方でじっと待機。1000m通過が1:01.1と緩めのペースだったこともあり、前を捕らえきれるかどうか微妙な位置取りではあったが... 出走馬中最速の上がり3ハロン33.1秒の末脚を使って他馬を圧倒。一足先に抜けたマジェスティハーツまでも捕らえ、先頭でゴールへ。

 という訳で、勝ったユールシンギング。中山記念→中日新聞杯と叩きつつ調子を上げ、ここで見事に復活。 まぁ、セントライト記念を快勝しているように、本調子に戻ればこれくらいはやれていい馬だけに、この勝利は順当な結果だったんじゃないかと。 あと、2着に敗れたマジェスティハーツも、この内容だったら悪くないんじゃないかと。今回はユールシンギングの瞬発力に屈した形となったが、 今回のような瞬発力勝負にならなければ逆転もあるでしょうし。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。