今週のメインdeパツイチ2014
第21回平安ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第21回 平安ステークス 京都・ダ1900m  4歳上オープン(GIII) 2014年5月24日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 クリールパッション 川崎記念 5着 多少の末脚は使うが最近は入着が精一杯で。 - -
2 ラガートモヒーロ 上賀茂S 1着 詰めの甘さ解消した様子。流れに乗れれば。
2 3 ナムラビクター アンタレスS 1着 やはり能力ある。ここでも勝ち負けに。 -
4 ファイヤー ダイヤモンド 6着 1900mでも距離不足の感有。ここでは。 - -
3 5 クリノヒマラヤオー アルデバラン 4着 昇級戦で差のある4着。重賞では苦しいか。 - -
6 ソロル マーチS 1着 中山以外では成績不安定。嵌まればいいが。
4 7 メイショウコロンボ 春光S 1着 行き切れれば重賞でも。あとは枠順次第。
8 グランドシチー マーチS 1着 末脚は健在。ただ京都では不発気味で... -
5 9 トウショウフリーク 川崎記念 3着 実績評価もこのレースの成績芳しくないのが... - -
10 クリノスターオー マーチS 5着 前走が負けすぎ。一度様子見した方が... - -
6 11 ナイスミーチュー シリウスS 1着 去年の2着馬。ただ前2走が負けすぎで... - -
12 ドコフクカゼ マーチS 3着 クセ強い。嵌まれば上位争い可能だが。 -
7 13 ジェベルムーサ マーチS 2着 能力は重賞でも通用。あとは仕掛け所次第。
14 グランプリブラッド 梅田S 1着 ダで走り一変。ただ重賞となるとさすがに。 - -
8 15 ヒルノマドリード 摩耶S 1着 京都で大敗続く。この条件合わない? - -
16 ワイルドフラッパー エンプレス杯 1着 ダ牝馬路線の新女王となるが牡馬相手だと? -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第21回平安ステークスの展望と予想とヨタ話

 ここで結果を出して帝王賞に繋げたいが...
 そううまくいく?第21回平安ステークス。

 という訳で、この平安ステークス。時期的にも条件的にも前述しているように帝王賞に向けての一戦といっていいレース。 ただ、GIで結果を出している一線級の馬が多数出走し、それらの馬で出走枠が埋まってしまうもんだから、ここで結果を出しても帝王賞に出走できるかどうか微妙だったりしますけどね。

 ま、それはそれとして。平安ステークスの予想。去年のニホンピロアワーズのように帝王賞を意識してここを使ってくるGI好走馬も結構いたりするが、今年はこの手の馬が不在。 そんなこんなで、ここを足掛かりにしてGI戦線に加わりたい新興勢力にとっては絶好のチャンスとなった今回の平安ステークスなのだが...予想する側からみると、 抜けた馬がいない上にそれぞれの能力比較が難しいこういうメンバー構成は何かと厄介。とりあえず、アンタレスSを勝ち重賞でもやれることを改めて証明する形となったナムラビクターとか、 勝てるかどうかは展開次第だが掲示板を外さない堅実な走り評価できるジェベルムーサは十分勝ち負けになると思うんだが...

<第21回平安ステークス予想>

◎ナムラビクター
○ドコフクカゼ
▲ジェベルムーサ
△メイショウコロンボ
△ソロル
△ラガートモヒーロ

 あと、準OP勝ちのメイショウコロンボ・ラガートモヒーロにも注意。
 いい塩梅に展開が嵌まれば重賞でも勝負できるんじゃないかと。

結果

1着クリノスターオー
2着ソロル
3着ワイルドフラッパー
4着ジェベルムーサ
5着ナムラビクター

タイム:1分56秒6 3F:36.5秒
クリノスターオー 牡4歳
騎手:幸英明 厩舎:栗東・高橋義厩舎
単勝:10番7490円
複勝:10番1680円、6番670円、16番420円
枠連:3-5 4290円 馬連:6-10 50430円
馬単:10-6 122830円
3連複:6-10-16 155660円
3連単:10-6-16 1468650円
ワイド:6-10 10940円
    10-16 7460円 6-16 2740円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。クリノスターオーはなぁ。
 2着以下は「こんなもんかな」という感じなんだけど...

 そんなこんなで、平安ステークスの結果。人気を分け合ったナムラビクター・ジェベルムーサ、3〜4コーナー付近から連れて上がり、 直線ではこの2頭の一騎打ちに...なるかと思いきや、この2頭両方とも伸びを欠いてしまう始末。 結局、好位の内で競馬していたクリノスターオーが馬群から抜け出し先頭に立つと、もうそのまんま。同じような位置にいたワイルドフラッパーや、 後方待機から直線一気で突っ込んできたソロルを封じ先頭のままゴールへ。

 しかしなぁ、こうもガラリと一変してしまうとはねぇ。クリノスターオー。前走の大敗は自分の競馬ができなかったということで度外視してしまってもよかったのだが、 その前のアルデバランS・マーチSがいかにも「クラスの壁」にブチ当たったかのような内容だっただけにねぇ。もう少し様子見必要かな...なんて考えていたら、この結果ですからね。 まぁ、1000万下でこのレースにも出ているメイショウコロンボ、ゴールデンブライドルトロフィーでこの後アッサリ準OPを勝ってしまうアメリカンウィナー・トミケンアルドールを破っていることを考えると、 能力的にはこれ位はやれていい馬だったんでしょうけどねぇ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。