今週のメインdeパツイチ2014
第81回日本ダービー(東京優駿)出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第81回 日本ダービー(東京優駿) 東京・芝2400m  3歳牡牝オープン(GI) 2014年6月1日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サウンズオブアース 京都新聞杯 2着 ワンパンチ足りない。多少時計要さないと。 - -
2 ワンアンドオンリー NIKKEI杯2歳S 1着 着実に差を詰めてくる馬。ここもで上位に。 -
2 3 マイネルフロスト 毎日杯 1着 前走で決着済っぽく。GIでは苦しいか。 - -
4 アドマイヤデウス 若葉S 1着 前走思ったほど伸びず。GIでは辛いのか? -
3 5 トゥザワールド 皐月賞 2着 実績認めるが東京コース替わりが気掛かりで。 -
6 ショウナンラグーン 青葉賞 1着 前走の内容悪くないが妙に詰め甘い馬で... - -
4 7 ウインフルブルーム 皐月賞 3着 粘り評価。同型少なめだし今回も注意必要。
8 スズカデヴィアス すみれS 1着 前2走が今一つ。GIでは苦しいようで。 -
5 9 アズマシャトル NIKKEI杯2歳S 2着 前走が負けすぎ。一変期待したいが... - -
10 ベルキャニオン プリンシパル 1着 共同通信杯を再評価。東京なら出番ある筈。
6 11 ハギノハイブリッド 京都新聞杯 1着 長めの距離で結果出しているのは評価でき。 - -
12 エキマエ 兵庫CS 1着 目標は次のJDダービー?さすがに芝では... - -
7 13 イスラボニータ 皐月賞 1着 良績ある東京歓迎。距離克服できれば、
14 タガノグランパ ファルコンS 1着 皐月賞ブービーで決着済。ここでは。 - -
15 サトノルパン ファルコンS 2着 現状では短めの距離の方がベストっぽく。 - -
8 16 レッドリヴェール 阪神JF 1着 ハープスターと互角の戦いした馬。侮れず。
17 トーセンスターダム きさらぎ賞 1着 皐月賞が案外。巻き返しに期待したいが... - -
18 ワールドインパクト 青葉賞 2着 一押し足りないが堅実駆けは評価でき。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第81回日本ダービー(東京優駿)の展望と予想とヨタ話

 先週のオークスでは圧倒的人気のハープスターが敗北。
 さて、こっちはどう?第81回日本ダービー(東京優駿)

 という訳で、今週は牡馬の出番。3歳牡馬クラシック二冠目・日本ダービー。前述しているように、 先週のオークスは圧倒的人気のハープスターが落鉄の影響もあってか2着に敗れ、「競馬に絶対はない」という言葉を改めて認識する結果となったが...さて、今週はどうなるんでしょうかねぇ。 皐月賞を完勝したイスラボニータがここも順当に勝ち二冠達成するのか、それともオークス同様他馬の逆転があるのか、気になるところ。

 まぁ、それはそれとして。とりあえず、日本ダービーの予想を。一冠目の皐月賞はイスラボニータの完勝という形で終わったが、中山→東京というコース替わりや、距離延長、 各種ダービートライアルで結果を出した新興勢力の台頭、皐月賞組の巻き返しなどがあったりするんでねぇ。イスラボニータ、そう易々と二冠達成はさせてもらえないんじゃないかと。

 しかし、その一方でこれといった不安材料が「距離」ぐらいしか見当たらないのも事実。他馬の大駆けに屈するようなことがなければ、イスラボニータがすんなり勝ってしまうこともあるんじゃないでしょうか。 あとは、その「他馬の大駆け」がどの程度あるか...でしょうな。実績的には、皐月賞でも有力視されていたトゥザワールド・トーセンスターダムなのだが、 東京未経験な上に極端に速い上がり叩き出せる末脚を持ち合わせていないのが問題。ダービーTR組は...内容自体は悪くないのだが、レースのレベルを考えるとGIで通用するかどうか微妙なところ。 共同通信杯でイスラボニータに迫ったベルキャニオンが通用するかどうか、ぐらいでしょう。あと、牝馬のレッドリヴェール。ハープスターと互角の戦いをしてきたのは評価するが、 やはり牝馬というのは気になるところ。いい末脚持っているだけに、展開嵌まればチャンスはあるかもしれんが...

<第81回日本ダービー(東京優駿)予想>

◎イスラボニータ
○ベルキャニオン
▲レッドリヴェール
△トゥザワールド
△ワンアンドオンリー

 ウインフルブルームの逃げに期待するのもアリだったが...
 出走取消ではどうにもなりませんがな。

結果

1着ワンアンドオンリー
2着イスラボニータ
3着マイネルフロスト
4着タガノグランパ
5着トゥザワールド

タイム:2分24秒6 3F:34.4秒
出走取消:7番
ワンアンドオンリー 牡3歳
騎手:横山典弘 厩舎:栗東・橋口厩舎
単勝:2番560円
複勝:2番200円、13番140円、3番1220円
枠連:1-7 800円 馬連:2-13 850円
馬単:2-13 1860円
3連複:2-3-13 27470円
3連単:2-13-3 103300円
ワイド:2-13 420円
    2-3 5210円 3-13 3580円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。そこそこいい配当になりましたな。
 3着まで拾えれば上々だったんだが、これはさすがになぁ。

 でもって、日本ダービーの結果。先手を取ると目されていたウインフルブルームが出走回避したり、道中アクシデントが発生したりしたもんで、かなり混沌としたレースになってしまいました。 誰も行かないと踏んだのかエキマエが思い切って逃げ、これをトーセスターダムやイスラボニータ、ワンアンドオンリーといった人気所が追いかける展開。 前半1000m通過が0:59.6とペースはそこまで速くならなかったこともあり、あとは直線で前述の人気馬同士の叩き合いに...なるかと思われたが、勝負所で快調に逃げていたエキマエが故障し後退したり、 直線でトーセスターダムが内に切れ込みラチに激突して後退してしまうなど、アクシデントが続発。

 ただ、イスラボニータ・ワンアンドオンリーにはあまり影響はなかったようで。直線では、好位追走から万全の態勢で追い出したイスラボニータ、枠順なりに内を確保しイスラボニータを見る形で駒を進めたワンアンドオンリーの叩き合いに。 一足先に先頭に立ったのはイスラボニータだったが...やはりこういう展開だとマークしていた方が有利だったようで。ワンアンドオンリー、最後の一伸びでイスラボニータを振り切り3/4馬身の差をつけ先頭でゴールへ。

 しかしなぁ。終わってみれば今の東京らしい「内側有利」な結果でしたな。ワンアンドオンリーやマイネルフロストは枠順なり出て内を確保、 そしてイスラボニータも前のポジションを確保する際に内に詰めていき、この結果に。逆に、いいポジションを確保できず外を回ることになったトゥザワールドは直線で伸びきれず5着という結果に。 今回はこの辺りの差がそのままこの着順になった、そんなところでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。