今週のメインdeパツイチ2014
第19回マーメイドステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第19回 マーメイドステークス 阪神・芝2000m  3歳上牝オープン(GIII) 2014年6月15日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ウエスタンレベッカ 愛知杯 5着 適度な条件に戻る。ここなら上位あっても。
2 2 フロアクラフト オークス 5着 一押し足りず。時計要す馬場なら怖いが。 -
3 3 サイモンガーランド 牝1000万下 1着 芝に実績無く。昇級戦大敗も問題で。 - -
4 サトノジュピター 鎌ケ谷特別 1着 前走より条件楽に。もう少しやれても。 -
4 5 ブリッジクライム 秋華賞 4着 末脚はかなりのものだが展開に左右され。 -
6 サンシャイン 愛知杯 2着 2桁着順連発。一変は望み薄っぽく。 - -
5 7 アイムヒアー 三年坂特別 1着 昇級して伸び悩む。50kgでも出番は... - -
8 カノン 難波S 4着 伸び悩む。展開の助けないと重賞では。 -
6 9 フーラブライド 中山牝馬S 1着 56kgだが牝馬重賞勝ち評価。ここなら。
10 メイショウキラリ オーストT 1着 調子上向くも格下。重賞では苦しいか。 - -
7 11 アイスフォーリス オークス 3着 GI好走馬。本来の走り戻ったなら怖い。 -
12 シャトーブランシュ ローズS 2着 GI好走後の成績物足りず。一変あれば... - -
8 13 ディアデラマドレ パールS 2着 53kgはちと重い感じするが能力は高くて。
14 コスモバルバラ 野島崎特別 1着 軽量は魅力も重賞では荷が重そうで。 - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第19回マーメイドステークスの展望と予想とヨタ話

 ここらで結果を出して秋に繋げたいところ。
 牝馬限定の重賞、第19回マーメイドステークス。

 という訳で、このマーメイドステークス。ここで結果を出してクイーンSやサマーシリーズといった夏場の重賞で活躍...なんて流れも期待できる一戦だったりするが、 実際のところ、能力や賞金的な意味で目処が立ったこともあるのかとっとと夏休みに入ってしまうケースがほとんど。まぁ、エリザンベス女王杯でそれなりに走ったりするんで、 それはそれで妥当な選択だったりするんですけど...

 まぁ、それはともかく。マーメイドステークスの予想を。上位人気馬がその人気通りに走って上位を確保したりするのだが... その一方で2桁人気馬も上位を確保したりするもんで、毎年かなり荒れるのがこのマーメイドステークス。ここはある程度荒れることを前提にして予想するのが正解でしょう。 その分、予想も難解なものになってしまいますが...

 で、中心はフーラブライド。愛知杯・中山牝馬Sを制すなど実績的には問題ないが、ハンデ56kgや前走のヴィクトリアマイル敗北が嫌われ人気を落としそうな雰囲気。 逆にここは狙い目だったりするんじゃないでしょうか。あとは末脚評価できるディアデラマドレ・ブリッジクライム、前2走の敗北で人気落としそうだが、 芝戻り&良績ある阪神で一変ありそうなウエスタンレベッカを。

<第19回マーメイドステークス予想>

◎フーラブライド
○ウエスタンレベッカ
▲ディアデラマドレ
△アイスフォーリス
△ブリッジクライム

 あと、ハンデ51kgの3頭も実績の割には軽量だし一発あっても。

結果

1着ディアデラマドレ
2着コスモバルバラ
3着フーラブライト
4着アイスフォーリス
5着サンシャイン

タイム:1分59秒4 3F:34.8秒
ディアデラマドレ 牝4歳
騎手:藤岡康太 厩舎:栗東・角居厩舎
単勝:13番330円
複勝:13番150円、14番1290円、9番180円
枠連:8-8 9800円 馬連:13-14 12920円
馬単:13-14 17650円
3連複:9-13-14 18630円
3連単:13-14-9 127050円
ワイド:13-14 3560円
    9-13 380円 9-14 5020円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。なかなか厳しい結果ですなぁ。
 人気所はいいとしても、コスモバルバラはちょっと...

 そんなこんなでマーメイドステークスの結果。何というか、マーメイドステークスらしい荒れっぷりでしたな。 1番人気のディアデラマドレが勝ち、2番人気のフーラブライトが3着を確保するものの、2着に13番人気のコスモバルバラが残ったもんだから、 馬連は万馬券、3連単は12万馬券の決着に。

 レースはというと、軽量のアイムヒアー・コスモバルバラが後続を離して逃げるものの、前半1000m通過は1:00.3とペースは緩め。 そんな中、1番人気のディアデラマドレ、2番人気のフーラブライトは中団よりやや後ろからの競馬。直線に入ってもこういうペースだったもんで、 前で競馬したコスモバルバラが粘っていたが、残り200mからの一伸びでディアデラマドレがコスモバルバラを交わして先頭、そしてそのままこれを引き離し最終的には1・1/2馬身の差をつけ完勝。

 という訳で、勝ったのはディアデラマドレ。展開や馬場状態に恵まれず出世が遅れたが、条件戦の勝ちっぷりを考慮すれば、まぁ、これくらいはやれていい馬。 ただ、今回よりも相手が揃うと...どうなんでしょうかねぇ。条件がいい塩梅に嵌まれば通用してもいいんだろうけど、自力ではちと厳しいのかも。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。