今週のメインdeパツイチ2014
第63回ラジオNIKKEI賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第63回 ラジオNIKKEI賞 福島・芝1800m  3歳オープン(GIII) 2014年7月6日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 カウニスクッカ スイートピー 4着 51kgは魅力。うまく流れに乗れれば。 -
2 オウケンブラック 500万下 1着 ややパンチ不足も上がり要せば多少は。 - -
2 3 ウインフェニックス NZトロフィー 5着 この条件ならほどほどには走る。3着なら。 -
4 クラリティシチー スプリングS 3着 重賞好走評価。ここなら通用していい筈。 -
3 5 ベストドリーム 500万下 1着 ほどほどには走るも重賞は荷が重い。 - -
6 トシザキミ 500万下 1着 同型の出方が鍵。展開嵌まれば怖いが... - -
4 7 ショウナンワダチ NZトロフィー 2着 GIでもそれなりに好走。ここなら上位に。 -
8 ブレイヴリー 500万下 1着 京都新聞杯9着が問題。パンチ不足? - -
5 9 ウインマーレライ ホープフルS 5着 着順今一つも差は詰めている。嵌まれば。 -
10 ハドソンヤード 500万下 1着 前走は展開嵌まった感有。重賞だと? - -
6 11 ラリングクライ 500万下 1着 出世遅れたが能力高い。まだ上目指せる。
12 ミヤビジャスパー NIKKEI杯2歳S 4着 堅実駆け評価。ここも勝ち負けに。
7 13 ピオネロ 京成杯 4着 重賞好走評価も展開が鍵。前崩れなら。 -
14 イダス 500万下 1着 行き切っても粘れず。今回同型もいるし... - -
8 15 ラディウス 500万下 1着 前走イマイチ。3歳馬相手でも重賞では。 - -
16 メドウヒルズ 500万下 1着 強敵相手に完勝した前走評価。重賞でも。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第63回ラジオNIKKEI賞の展望と予想とヨタ話

 ここで結果を残して秋に繋げたいところだが...
 そううまく事が運ぶ?第63回ラジオNIKKEI賞。

 で、このラジオNIKKEI賞。「残念ダービー」と言われた時期もあったが、最近はデビューが遅くダービーに間に合わなかったり、 トライアルで結果を出せず本番に出走できなかった馬が主力に。ここで結果を出せば秋のGIもみえてくるだけに、何とか次に繋がる競馬が出来ればいいのだが... 最近はここで結果を出しても秋のGIに繋がらないケースも多々あるだけにねぇ。さて、今年はどうなることやら。

 まぁ、それはさておき。今回のラジオNIKKEI賞。前述した「ダービーに間に合わなかった」「ダービーに出走できなかった」馬が出走馬の大半を占めるという相変わらずの一戦。 となれば、ここは無難にこの手の馬の中で「真っ当に結果を出している馬」をピックアップしていけばいいんじゃないでしょうか。このラジオNIKKEI賞、 手堅く決まるときは大体こんな感じの決着になったいたするし。

 でもって、中心はミヤビジャスパー。ラジオNIKKEI杯2歳S4着だとか、京都新聞杯5着だとか、若駒S2着だとか、 肝心なところで結果を出せなかったもんでクラシック参戦は叶わなかったが、ラジオNIKKEI杯2歳Sでワンアンドオンリー、若駒Sでトゥザワールドに迫ったのは素直に評価していいんじゃないでしょうか。

 あとは、未勝利・500万下を快勝しまだ底を見せていない魅力あるラリングクライ・メドウヒルズ、 重賞好走だけではなくGIでもそれほど差のない競馬をしたクラリティシチー・ショウナンワダチ、福島で展開が鍵だがいい末脚持っているピオネロを。

<第63回ラジオNIKKEI賞予想>

◎ミヤビジャスパー
○カウニスクッカ
▲ラリングクライ
△クラリティシチー
△メドウヒルズ
△ショウナンワダチ

 ただ、こっちも天気が心配。結構影響出そうな気が...

結果

1着ウインマーレライ
2着クラリティシチー
3着ウインフェニックス
4着オウケンブラック
5着ラディウス

タイム:1分45秒9 3F:35.4秒
ウインマーレライ 牡3歳
騎手:松岡正海 厩舎:美浦・高木厩舎
単勝:9番980円
複勝:9番280円、4番140円、3番310円
枠連:2-5 1170円 馬連:4-9 1820円
馬単:9-4 4280円
3連複:3-4-9 6020円
3連単:9-4-3 34060円
ワイド:4-9 810円
    3-9 1320円 3-4 740円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印は一応打っているのだが...
 どれも薄めだし、肝心の軸が来ないのではなぁ。

 まぁ、それはそれとして。ラジオNIKKEI賞の結果。それなりに行く馬が揃っていたが、トシザキミがダッシュを効かせてハナを奪いにいったもんで、 隊列は「トシザキミの単騎逃げ」という形ですんなり確定。そんな中、勝ったウインマーレライは好位からの競馬。逃げたトシザキミが早々に失速し、 それに代わってカウニスクッカが先頭に立ったが、これをぴったりマークするような形で進出。で、直線ではそのカウニスクッカの内を突いて抜け出し、 馬場の中程から伸びてきたウインフェニックス、外から伸びてきたクラリティシチーらを退け、押し切り勝ち。

 しかし...どうなんでしょうかねぇ。この結果。今回の上位馬「相手関係が楽になった分結果を出せた」感が否めないのがねぇ。 今回の好走をきっかけに馬が一変、そのまま一気に飛躍...という形になればいいのだが、まぁ、この辺りはもう少し様子見してみないと...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。