今週のメインdeパツイチ2014
第50回CBC賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第50回 CBC賞 中京・芝1200m  3歳上オープン(GIII) 2014年7月6日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 リアルヴィーナス 葵S 1着 前々走が負けすぎ。重賞ではちと厳しいか。 - -
2 ワキノブレイブ 水無月S 1着 重賞でもそこそこ好走。ハンデも手頃だし。 -
2 3 ルナフォンターナ 鞍馬S 1着 前走相手揃うも無難に勝利。この勢いなら。
4 レオンビスティー サンライズS 1着 2桁着順続く。一変を望むのは酷かも。 - -
3 5 カイシュウコロンボ ディープC 3着 距離短縮は歓迎も平坦コース向きっぽく。 - -
6 サクラアドニス ディープC 1着 たまに大駆けある馬。展開嵌まれば。 -
4 7 ベルカント フィリーズ 1着 この距離歓迎も古馬相手にどこまでやれる? -
8 エピセアローム セントウルS 1着 55kgちと微妙だが短距離戦好走は評価。 -
5 9 スギノエンデバー 北九州記念 1着 嵌まればいい末脚使うが目標次っぽくて。 - -
10 ブルーデジャブ 京阪杯 6着 京阪杯を再評価。叩き2戦目で一変あれば。 -
6 11 トーホウアマポーラ うずしおS 1着 前走10着も差は少なく。巻き返しあっても。
12 マヤノリュウジン スプリンタS 3着 頭打ち。スプリンターズS3着時ぐらい走れば... - -
7 13 ティアップゴールド 長岡京S 1着 昇級して2戦がどれもサッパリでは... - -
14 マコトナワラタナ 阪神牝馬S 5着 格下だが準OPの走り評価できるだけに。
8 15 スイートジュエリー ジャニュアリ 3着 芝もOKの馬。ただ昇級後伸び悩んでいて... - -
16 ニンジャ 安土城S 3着 それなりの末脚使う。展開嵌まれば上位も。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第50回CBC賞の展望と予想とヨタ話

 他のサマーシリーズはまだ始まっていませんが...
 スプリントはもう2戦目に突入。第50回CBC賞。

 でもって、このCBC賞。前述しているように、サマースプリントシリーズの2戦目。 北海道で結果を出してシリーズ制覇、そしてスプリンターズSへ...という馬が多いこともあって、1戦目の函館SSからここに参戦してくる馬は稀。 ここに出てくる馬といえば、北九州記念やアイビスSD、セントウルSを視野に入れている馬がほとんどなんじゃないでしょうか。

 まぁ、それはともかく。今回のCBC賞。ハンデ戦ではあるが、手頃な条件ということもあって短距離路線の有力所が多数出走してくるのがこのCBC賞。 今年は実績馬が少なめだったりするが、ベルカントやリアルヴィーナスといった3歳勢や、OP・準OPを勝ち上がった活きのいい馬がいるだけに、 これはこれで期待してもいいんじゃないかと。

 で、そんなCBC賞の予想。傑出馬不在な上にハンデ戦ということあって、かなり難解な一戦。こういう場合はもう勢い重視で決めていってもいいんじゃないかと。 中心は1000万下から3連勝中のルナフォンターナ。ハンデ55kgと実績の割にはちと重めな感じはするが、重賞やOPで結果を出している馬を蹴散らした前走の鞍馬Sを考えれば、 これ位はなんとかなってしまうんじゃないかと。

 あとは、この相手ならもう少し上の着順あって良さそうなエピセアローム、格下だがいい末脚持っているだけにワンチャンスありそうなマコトナワラタナ、 前走重賞で10着に破れるものの0.4秒差なら巻き返しありそうなトーホウアマポーラ辺りで勝負。そこまで人気集めなさそうなのも馬券的には○だしさ。

<第50回CBC賞予想>

◎ルナフォンターナ
○ブルーデジャブ
▲エピセアローム
△マコトナワラタナ
△トーホウアマポーラ
△ベルカント

 ただ、今週も週末の天気が怪しいのがねぇ...

結果

1着トーホウアマポーラ
2着エピセアローム
3着ニンジャ
4着スギノエンデバー
5着ベルカント

タイム:1分08秒6 3F:34.4秒
トーホウアマポーラ 牝5歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・高橋亮厩舎
単勝:11番950円
複勝:11番290円、8番240円、16番750円
枠連:4-6 680円 馬連:8-11 2670円
馬単:11-8 5660円
3連複:8-11-16 22400円
3連単:11-8-16 116100円
ワイド:8-11 890円
    11-16 3650円 8-16 2580円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。そこそこの配当にはなったが...
 軸が来ないのはちょっとねぇ。8着ですか。

 まぁ、それはそれとして。CBC賞の結果。3・4番人気馬での決着と順当といえば順当な結果だったが...人気を集めたベルカント・ルナフォンターナがコケて馬券にも絡めなかった上に、 3着に10番人気のニンジャが入ったこともあって3連復・3連単は結構な配当に。

 レース自体は、他馬がそこまでハナを主張しなかったこともあってベルカントがスンナリ逃げる展開。ペースも前半3ハロン通過が34.2秒とそこまで速くはならず。 そんなこんなで、直線に入ってもベルカントが相変わらず先頭を確保していたが...さすがにこれまでと相手が違ったのか、後続馬を思うように突き放せず。 で、結局、残り100mを過ぎた辺りで後続馬に捕まり終了。

 で、これに代わって抜けてきたのが勝ったトーホウアマポーラ。先行集団をみる形でじっくり駒を進めたのが功を奏したか、 出走馬中最速の上がり33.7秒の末脚を繰り出し、先行勢を一刀両断。エピセアロームもこれに食い下がったが、最後は勢いの違いで突き放されてしまい、結局1/2馬身差の2着どまり。

 そんなこんなで、勝ったトーホウアマポーラ。阪神牝馬ステークスは10着とイマイチな結果だったが、タイム差は0.4秒とそこまで負けていなかっただけにねぇ。 距離短縮も相まって巻き返しこの結果に。ま、妥当といえば妥当な結果だったんじゃないでしょうか。2着のエピセアロームも実績考えればこれ位はやれていい馬。こちらも妥当なところ。 ただ、勝ち切れなくなってきているのはちょっと心配ですが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。