今週のメインdeパツイチ2014
第14回アイビスサマーダッシュ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第14回 アイビスサマーダッシュ 新潟・芝1000m  3歳上オープン(GIII) 2014年8月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ブルーデジャブ 京阪杯 6着 末脚は相変わらず。条件さえ揃えば一発も。 -
2 2 セイコーライコウ 函館SS 4着 前々走の快勝評価。この条件&相手なら。
3 3 フォーエバーマーク キーンランド 1着 この条件なら十分やれる筈。去年2着並みは。 -
4 4 ローブドヴルール 駿風S 3着 それなりに差は詰めるが重賞では辛い。 - -
5 バーバラ 北九州記念 3着 重賞好走素直に評価。ここでもそれなり。 -
5 6 デュアルスウォード アイビスSD 5着 去年は5着。展開嵌まればそれなりには。 -
7 パドトロワ 函館SS 1着 スランプ脱せず。一変は望めそうになく。 - -
6 8 アンゲネーム 韋駄天S 5着 新潟直線1000mに良績あり。ただ重賞だと? -
9 リトルゲルダ シルクロード 3着 去年は3着。地味だがそれなりには走る。
7 10 アースソニック 京阪杯 1着 近走着順今一つも差は詰める。多少は。 -
11 フクノドリーム エーデル賞 1着 51kg魅力だが前走が精一杯の感あるだけに。 - -
8 12 アンバルブライベン バーデンC 3着 大駆けある馬。嵌まれば重賞でも上位に。 -
13 シャイニーホーク オーロC 4着 2桁着順続く。重賞ではさすがにキツい。 - -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第14回アイビスサマーダッシュの展望と予想とヨタ話

 今年は新潟でスプリンターズSが開催!
 その前哨戦となるか?第14回アイビスSD。

 という訳で、このアイビスサマーダッシュ。いつもだとサマースプリントシリーズの折り返し地点となる重賞ということで、そっち方面ばかり注目を集めてしまうのがこのアイビスSDだったりするのだが... 今年はスプリンターズSが新潟で開催されることもあって、そのスプリンターズSへのステップとしても注目を集めることに。

 で、そんな今年のアイビスSD。スプリンターズSを見据えた一戦になったこともあってか、例年ならキーンランドCに向かうような函館SS組がこのアイビスSDに多数参戦。 まぁ、セイコーライコウにしてもフォーエバーマークにしてもアースソニックにしても、函館SSの前に新潟の韋駄天Sを使っていることを考えれば、これは既定路線だったのかもしれませんが。

 ま、それはそれとしてアイビスSDの予想を。前述しているように、ここ狙いで使ってきた感のあるセイコーライコウ・フォーエバーマーク・アースソニック辺りで勝負するのが妥当なところでしょう。 前走の函館SSだってまずまずの結果残しているだしさ。あとはこれらの馬にバーデンバーデンC組のバーバラ・アンバルブライベン辺りを絡めておけば、それなりに様にはなるんじゃないかと。 ベタといえばベタな予想ですが...

<第14回アイビスサマーダッシュ予想>

◎セイコーライコウ
○ブルーデジャブ
▲フォーエバーマーク
△バーバラ
△リトルゲルダ
△アースソニック

 差しが効く展開ならばブルーデジャブの一発も怖いところだが...

結果

1着セイコーライコウ
2着フクノドリーム
3着アースソニック
4着リトルゲルダ
5着アンゲネーム

タイム:54秒3 3F:32.6秒
競走除外:13番
セイコーライコウ 牡7歳
騎手:柴田善臣 厩舎:美浦・鈴木康厩舎
単勝:2番350円
複勝:2番160円、11番240円、10番180円
枠連:2-7 760円 馬連:2-11 2320円
馬単:2-11 3840円
3連複:2-10-11 4000円
3連単:2-11-10 21450円
ワイド:2-11 1000円
    2-10 530円 10-11 740円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。フクノドリームはなぁ...
 そこ以外の狙いは悪くなかったんだが。

 まぁ、それはともかく。アイビスサマーダッシュの結果。開幕してまだ日が浅いが、各馬外へ外へと向かうのは相変わらず。 内枠を引いた人気のセイコーライコウ・フォーエバーマークもこの流れに乗って、かなり外目の位置をキープすることに。

 そんなこんなで、直線競馬でありがちな外ラチ沿いに馬群が密集する展開となったのだが...馬場の内と外でそこまで馬場状態に差がないこともあって、 外ラチ沿いの馬が一気に伸びるというお約束の展開にはならず。結局、内枠を引いたこともあってそこまで外に持ち出すことができなかったセイコーライコウが最後の一伸びで馬群から離脱、 そして外から伸びてきたフクノドリーム・アースソニックを封じ先頭でゴールへ。

 でもって、勝ったセイコーライコウ。やはり前々走の韋駄天S快勝は伊達じゃなかったようで。 今回重賞だったし相手もかなり揃っていたが、終わってみれば完勝といっていい内容。これだけやれるのであればスプリンターズSでもいい勝負できるんじゃないでしょうかねぇ。 直線競馬専門の馬でもないんだしさ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。