今週のメインdeパツイチ2014
第19回クラスターカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第19回 クラスターカップ 盛岡・ダ1200m  3歳上オープン(JpnIII) 2014年8月13日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 タイセイレジェンド JBCスプ 1着 実績ダントツも久々&60kgではさすがに。 -
2 2 エスカーダ OROスプ 2着 中央所属時の成績物足りず。交流重賞では。 - -
3 3 コウギョウダグラス シーサイドC 2着 展開嵌まれば突っ込んでくる馬。3着なら。 -
4 アドマイヤサガス 北海道SC 1着 強敵下した前走評価。重賞連勝あっていい。
4 5 トウホクビジン シアンモア記 1着 ここ数年交流重賞で結果出せず。厳しい。 - -
6 ランドオウジ すずらん賞 1着 地元の成績は評価ももうワンパンチないと。 - -
5 7 ハイタッチ 金沢スプC 3着 地元の一線級相手に敵わず。ここでは。 - -
8 ヤサカファイン ウインターSP 3着 2桁着順続く。一変は望み薄っぽくて。 - -
6 9 サマリーズ マリーンC 4着 52kgは魅力だが前走がちと負けすぎで。 - -
10 ジャイアントスター ウイナーC 1着 この距離&51kgは歓迎も相手が強くて... -
7 11 ヒシジェントリー スターライト 1着 伸び悩む。交流重賞ではさすがに辛いか。 - -
12 アイディンパワー 東京スプC 4着 前3走が今一つ。いい頃の勢いはないか。 -
8 13 スイートジュエリー ジャニュアリ 3着 ダート戻り&52kgなら巻き返しあっていい筈。
14 シルクフォーチュン フェブラリS 2着 末脚は相変わらず。うまく流れに乗れれば。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第19回クラスターカップの展望と予想とヨタ話

 今年はど真ん中に中央開催があるもんで影薄めだが...
 お盆の交流重賞シリーズ一発目・第19回クラスターカップ。

 そんなこんなで、このクラスターカップ。前述しているように、お盆の交流重賞シリーズのうちの一つなのだが...今年は16,17日に中央開催があるもんで、どうもその影に隠れがち。 出走馬自体はタイセイレジェンド・シルクフォーチュン・アドマイヤサガスとダート短距離路線の有力所が揃っていたりするんですけどねぇ。

 まぁ、それはそれとして。今回のクラスターカップ。実績馬が揃っているだけに、これらの馬で無難に決着...といきたいところだが、 タイセイレジェンドは久々&60kg、シルクフォーチュンは展開と、かなり不利な条件揃っているだけにねぇ。ここは斤量は55kgと軽めな上に、 前走の北海道SCでスノードラゴンを破っているアドマイヤサガスの一強だったりするんじゃないでしょうか。

 で、あとはアドマイヤサガスの相手探し。こういうコース形態を見越して早め早めに動くのであればシルクフォーチュンもアリなのだが、 とりあえず、52kg&ダート替わりで巻き返しありそうなスイートジュエリーを優先させるのが妥当なところでしょう。 で、そのあとにシルクフォーチュン、タイセイレジェンドといった感じでしょうか。

<第19回クラスターカップ予想>

◎アドマイヤサガス
○シルクフォーチュン
▲スイートジュエリー
△タイセイレジェンド

 地方勢にもチャンスはありそうだが...あって3着までかな。

結果

1着サマリーズ
2着スイートジュエリー
3着シルクフォーチュン
4着アドマイヤサガス
5着アイディンパワー

タイム:1分09秒7 3F:34.9秒
サマリーズ 牝4歳
騎手:藤岡佑介 厩舎:栗東・藤岡厩舎
単勝:9番690円
複勝:9番170円、13番160円、14番140円
枠連:6-8 700円 馬連:9-13 1100円
馬単:9-13 2670円
3連複:9-13-14 1520円
3連単:9-13-14 8620円
ワイド:9-13 410円
    9-14 340円 13-14 320円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。うーん、微妙なところだなぁ...
 △→○→◎と印は逆順だし、配当もそこまで高くないし。
 まぁ、それはそれとして。クラスターカップの結果。勝ち時計が1:09.7と、ダートにしてはかなり時計の出る馬場だったこともあって、 終わってみれば、ある程度スピードの裏付けがある馬が上位を独占する結果に。三宮S(ダ1200m)で1分10秒台を出したサマリーズが勝ち、 ダートの好時計だけではなく芝の1200mでも1分7秒台の時計も持っているスイートジュエリーが2着、芝でもそれなりに結果出しているシルクフォーチュンが3着を確保することに。

 レース自体は、60kg背負ったタイセイレジェンドが逃げ、それを勝ったサマリーズが追いかける展開。2着確保することになるスイートジュエリーや1番人気のアドマイヤサガスはその後ろ。 で、大きな動きもなくこの隊列のまま直線を迎え、2番手を追走していたサマリーズが馬群から抜け出し1着、やや外目に持ち出したスイートジュエリーが2着を確保するというありがちな流れで決着することに。

 そんなこんなで、勝ったのはサマリーズ。今回は斤量や馬場状態に恵まれた感は否めないが、スランプから本格的に脱したのは評価していいんじゃないでしょうか。 内容が内容だっただけに相手強化されると厳しいかもしれんが、今の調子が維持できるのであればそれなりに活躍は望めるんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。