今週のメインdeパツイチ2014
第49回関屋記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第49回 関屋記念 新潟・芝1600m  3歳上オープン(GIII) 2014年8月18日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サトノギャラント キャピタルS 1着 新潟コースなら巻き返し可。この相手でも。 -
2 ミッキードリーム 中京記念 2着 去年は同じようなパターンで11着。信用は... - -
2 3 ラインブラッド 尾張S 1着 去年は6着も2桁着順続く現状では。 - -
4 ブレイズアトレイル 小倉大賞典 3着 重賞でも差のない競馬する。3着なら。 -
3 5 エクセラントカーヴ 京成杯AH 1着 今年の成績イマイチもこの条件なら多少は。 -
6 ティアップゴールド 長岡京S 1着 多少差を詰めるがこの相手ではさすがに。 - -
4 7 ダノンシャーク マイルCS 3着 ガチの時計勝負だと少し劣るが手堅さ評価。
8 サンレイレーザー マイラーズC 2着 今回相手揃う。展開の助けないと苦しいか。 - -
5 9 タガノブルグ NHKマイルC 2着 GI2着も多少嵌まった感あり。過信は禁物。 -
10 ショウナンアチーヴ NZトロフィー 1着 前走6着も差は僅か。斤量利あるし注意。
6 11 マジェスティハーツ 新潟大賞典 2着 ワンパンチ足りない。ここでは2着まで? -
12 ミトラ パラダイスS 1着 前走久々も快勝。だが今回相手手強くて。 - -
7 13 クラレント エプソムC 1着 前走の凡走気になり。斤量は楽になるが... - -
14 シャイニープリンス 富士S 3着 強敵揃いの富士Sで3着有。重賞でも注意。 -
8 15 エキストラエンド 京都金杯 1着 手頃な条件だが今回結構相手揃って... -
16 レオアクティブ 京成杯AH 1着 新潟に良績有。去年の3着ぐらいは。 -
17 シルクアーネスト 福島TVOP 1着 重賞の成績物足りず。今年も入着は... - -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2014年版
第49回関屋記念の展望と予想とヨタ話

 スプリントや2000と比べると地味なシリーズですが...
 出走馬はなかなか。サマーマイル第二戦・第49回関屋記念。

 という訳で、この関屋記念。前述しているように、サマーマイルシリーズの第二戦。中京記念→関屋記念→京成杯AHという3戦だけの構成なもんで、 サマーシリーズとしてはどうもパンチ不足なシリーズだったりするが...秋の大一番・マイルCSを見据えて有力馬がこれらのレースを使ってくることも多々あるもんで、 地味なシリーズとは裏腹に出走馬のレベルはなかなか。

 で、今年の関屋記念。一応、サマーマイルシリーズということもあって、第一戦の中京記念を使った馬ばかりになるのは、まぁ、仕方がないところ。 ただ、春の東京開催のあと一息入れていた有力馬がこの関屋記念で復帰し結果を出すことが多々あり、中京記念組ですんなり決まらないのがこの関屋記念だったりしますからねぇ。 特に今年はダノンシャーク・タガノブルグ・ショウナンアチーヴとマイルGIで好走している馬が揃っていたりしますし。今回はこの辺りから攻めるのが正解かもしれませんな。

 そんなこんなで、中心はダノンシャーク。速い時計での決着になりやすい新潟だとスピード不足が露呈し取りこぼす可能性あるが、 GIでもきっちり上位確保する手堅さは評価していいんじゃないでしょうか。時計が出るという点を除けば新潟コースもあっていそうだし。 あとは、3歳馬ということで斤量利あるタガノブルグ・ショウナンアチーヴ、前走の中京記念では差を詰め切れず7着という結果に終わったが、 東京での成績や前々走の谷川岳Sの内容を考えればこの新潟コースで巻き返しあって良さそうなサトノギャラント、詰め甘い感じするが手堅く差を詰める点は評価できるマジェスティハーツ辺りで勝負してみましょうかねぇ。

<第49回関屋記念予想>

◎ダノンシャーク
○シャイニープリンス
▲ショウナンアチーヴ
△サトノギャラント
△マジェスティハーツ
△タガノブルグ

 あと、準OPからの昇級戦となるがシャイニープリンスも怖い感じ。
 富士Sで3着(2着とはハナ差)していること考えれば、重賞でも...

結果

1着クラレント
2着ダノンシャーク
3着サトノギャラント
4着エクセラントカーヴ
5着ブレイズアトレイル

タイム:1分32秒5 3F:34.4秒
出走取消:16番
クラレント 牡5歳
騎手:田辺裕信 厩舎:栗東・橋口厩舎
単勝:13番1060円
複勝:13番310円、7番160円、1番300円
枠連:4-7 990円 馬連:7-13 1990円
馬単:13-7 4730円
3連複:1-7-13 7000円
3連単:13-7-1 39800円
ワイド:7-13 770円
    1-13 2100円 1-7 910円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。クラレントはなぁ。
 実績的には来ても不思議ではない馬なんだが...

 まぁ、それはそれとして。関屋記念の結果。天気が不安定だったこともあり、良まで馬場は回復せず稍重での開催に。 ただ、勝ち時計が1:32.5と結構な時計が出たことを考えれば、馬場状態はそこまで悪くはなかった様子。

 そんなこんなで、そこまで荒れる要素が揃わなかったこともあってか、終わってみれば実績馬が順当に上位を独占する結果に。 マイル近辺の重賞を4勝しているクラレントが1着、重賞勝ちだけではなくマイルGIでも好走しているダノンシャークが2着を確保。

 レース自体も、3番人気のエキストラエンドが大きく出遅れた以外はこれといった波乱はなし。直線では、好位から競馬したダノンシャークと、 中団待機から外を回って伸びてきたクラレントの叩き合い。直線入った段階ではダノンシャークが後続を突き放し押し切る勢いだったが、 追い出してからの伸びが今一つで後続を思ったほど突き放せず。で、結局、外から伸びてきたクラレントに並ばれ、最終的には1/2馬身先に出られてしまい終了。

 という訳で、勝ったのはクラレント。前走の負け方がちと気掛かりではあったが、まぁ、終わってみればこれですからね。 重賞4勝の能力を出し切って無難に勝った、そんな内容でしたな。ただねぇ、今回の勝利が秋のGIシリーズに繋がるかと言われると...ねぇ。 「勝てるのはGIIIまで」ってのは相変わらずな感じもするんで。とりあえず、もう一戦様子見するのが正解かな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。